鍋です。

わが家の場合、キッチンは常にリビングから見えています。もっと具体的に言いますと、リビングの中で最も多くのモノが集まっているところがキッチンです。ここが煩雑ですとリビング全体が煩雑になります。ですから、それぞれのモノの色彩や素材感やテイストを合わせ、キッチン全体としてまとまりがあればいいなと思っています。

鍋を選ぶときの条件は次のようなものでした。
キッチン全体として溶け合うこと。キッチンはステンレスですから、まず色彩のある鍋を候補から除きました。
スタッキングできること。わが家の収納が限られているためです。
扱いやすいこと。鍋つかみが必要な鍋などを除きました。
洗いやすいこと。取っ手の取り付け部分が洗いにくく、油分がこびりつきやすいものを除きました。また鏡面のように輝いている製品もブラシで強く洗うことができないでしょう。
もちろんおいしく料理ができること。
こんな風に進んでいきますと、残る製品は限られます。