2017_09_24

超ベリーショート

超ベリーショートにしたいと最近思っています。坊主ですね。

実は時折、やってきました。最近ですと昨年の春とか。無性に坊主にしたくなるときがあるのです。けれど、急にやりますと「なにかあったんじゃないか」と思われるのが嫌で慎重になるのです。それに、冬場は寒い。これはやった方はお分かりでしょうが、寒風が直接皮膚にあたりますので、冬場は健康によくありません。
でも、最近無性に短い髪への衝動にかられます。


いいですよね。これはリスペクトするミュージシャン、ブライアン・イーノ。彼の髪型が理想なんですけれどね。松村邦弘も侮れません。

 


2017_09_23

モルゴーア・クァルテット

この凄腕の弦楽四重奏団。なんとプログレッシブ・ロックの名曲をアレンジして演奏してくれています。

「原子心母」。ピンクフロイドの名曲。原曲よりも遥かによい出来栄え。私の青春はこの曲とともに始まりました。田舎の中坊がこれを一人聴いていたわけです。ここまでアレンジされるとピンクフロイドも満足でしょう。下が原曲。
いつ聴いてもニック・スイメンのドラムはヘタクソ。


「レッド」。キングクリムゾンの名曲。あのアバンギャルドな曲がこれほどソフィストケイトされるなんて。これも原曲を下に載せておきます。この四重奏団がいかに凄腕なのかよく分かります。

第1ヴァイオリンの荒井英治氏は、2016年まで東京フィルハーモニー交響楽団ソロ・コンサートマスターを務め、現在は日本センチュリー交響楽団首席客員コンサートマスター。東京音楽大学教授。プログレッシブ・ロックの大ファンであることを公言。1957年生まれですから同年代性を感じます。

 


Contents

      

リンク

メール

 

Plofile まつを

長崎市で通勤生活に身を窶しています。人生を楽しむ。仕事を楽しむ。人に役立つことを楽しむ。座右の銘は荘子の「逍遙遊」。
「よくこんな事をする時間がありますね」とおたずねになる方がいらっしゃいます。こう考えていただければ幸いです。パチンコ好きは「今日は疲れたから、パチンコはやめ」とは思わないもの。寸暇を惜しんでパチンコ玉を回します。テレビ好きも、疲れているときこそテレビをつけるもの。ここにアップしたものは、私が疲れたときテレビのスイッチを押すように作っていったコンテンツです。↓は私の作品たち。