益子焼手づくり工房   室田嘉一郎作陶展より



角   瓶


黒釉柿流掛(10xh25cm)

益子焼の黒釉の調合は柿釉が半分、後の半分は並白釉と糠白釉で出来ています、柿釉は益子町の芦沼で採れる芦沼石を磨り潰したものです。
産地自前の原料で釉薬を調合しており、粘土も地場の物を使っております。
手法も伝統の流し掛け、これぞ「The益子」

黒釉柿流掛 角瓶



「室田窯」Homeへ戻る室田嘉一郎作陶展 2017年作陶展のご案内「角瓶」