フリースクールプラン
 
人・社会・自然のつながりの中で、自分らしく生きる力を、楽しい体験から育む学校



 


        *基本方針・学習内容*  松尾 直子

人は、人・社会・命のつながりの中で生かされています。ところが、今、様々なつながりが途切れた為に多くの問題が社会に生じ、子供達がそれを拡大鏡のように子供達の問題として映し出してくれているような気がします。そこで、家族・仲間とのつながり、社会とのつながり、自然とのつながり、学んだことと生き方とのつながりを結び直し、つながりの中で自分なりの個性や力を伸ばしていく、豊かに楽しく生きる場、新しい教育の場を提案します。

学びの指針 : 学びと生き方がつながり、自分らしく創造的に生きる力(自信)を育む



〜学習内容〜

体験重視の楽しい基礎学習プロジェクト学習を行なう。

基礎学習で得た知識・技術や発想を元に、自分の興味に基づくプロジェクトを発案したり、

プロジェクト学習で必要な知識や情報を基礎学習で学んだり、二つをできるだけ連動しながら行なう

《基礎学習》


コミュニケーション

コウ・カウンセリングコミュニケーションゲームイメージワークロールプレイング等を通して自分の気持ちや他の人の気持ちを体感、表現、交換し合い、人とのつながりを楽しく感じる

言葉

言葉と心・体とのつながりを母音・言葉遊びから体感する  名作にふれる
国語・英語の理解力・表現力(聴く・話す・読む・書く)を養う

数+形

現象界の仕組みを表す数・形の原理を、日常の中に発見しながら楽しく学び、その原理を応用して自分で物や仕組みを作り、自分の生活を豊かにする応用力をつける

アート

触れる、聴く、奏でる、見る、描く、嗅ぐ、創り出す・・・右脳イメージ力も活かした多様なアートワークショップで自己表現し、日常に楽しくアートを活かす術を身につける

命・自然

くりもと地球村(1万8千坪の自然農園)の協力のもと、農作物を作り、調理して食べる農業体験を行ない、地球の生態系、命のつながりを楽しく感じ、理論的にも学ぶ海、山での自然体験、ネイチャーゲーム、動物の飼育(ヤギ、鶏、カモ、犬、猫)など、命との触れ合いを楽しむ  ダンス、スポーツなども

社会

社会見学・体験学習を豊富に取り入れ、自分の目と体で実社会の仕組を知り、自分なりの社会へのビジョンを持つ

《プロジェクト学習》

米国のチャータースクール等で10年以上実践され、大きな成果が実証済みの学習法

 子供の興味、自主性を最も大切にした体験型学習法。衣食住等の生活に関わることの中で、子供の興味に基づいて何かを作り出す学習計画(プロジェクト)を子供と一緒にたてる。その実践を通して、テーマにつながる教科横断的な学び自分で決める力、失敗から学びながら責任を持ってやり遂げる力、情報活用力、協力者との協調性とコミュニケーション力を育む。自分の発想や学びから生活を豊かにする喜びの体験・達成感は、自ら学び続ける姿勢や自分らしい人生を切り拓いていく力を培うだろう。 

step1

自分の興味のあることをテーマに情報を集め、目標を定め、学習計画を立てる

Step2

計画を実施しながら、必要な知識・技能を学び、そのテーマに関する関係者や地域社会、同じグループの子供たち等とコミュニケーションをとりながら計画を進める

Step3 結果を発表し、成果を分かち合う
 例)イチゴを植え、育て、収穫し、食べる感動を皆と分かち合う。その過程で、農家を見学して話を聞き(社会)、大地や植物に触れながら命の仕組みを知り(理科)、畑を作る中で算数を使い、観察日記や情報収集・発表をする中で国語力を養い、イチゴの歌や絵を描いたり、イメージワークも織り込み感性を高め、教科横断的に様々な力をつけていく。  個人の興味や個性・得意なことに応じて役割分担し協力し合う中で、互いの違いを活かし合いながら皆で作り出す喜びと豊かさを体験する。
学びの指針 : つながりを大切に    《手法・活動》 

本来の自分とのつながり 

   自尊心を持って


   自分らしく輝く

子供の興味や個性を大事にしたプロジェクト学習

心・コミュニケーションクラスやアートクラスなどを通して、自分の思いを表し大切にする

論理力だけでなくイメージ力も活用する全脳教育で、左脳と右脳、理性と感性、発信力と受信力をバランスよく育む

 人とのつながり 

 愛と信頼、協力精神を育み
  
  民主的・共生的な生き方を
            身につける
 

定期的に集会を開き、それぞれの思いを安心して分かち合える場を確保し、皆で話し合って決める民主的な自治体制をとる

縦割りで、助け合い教え合い等の子供同士の関わりを促す

親子関係を大切にし、親向けにより良い親子関係講座カウンセリング等を提供

 命のつながり 
  

  地球と共生する感性を生む
 

くりもと地球村(1万8千坪の自然農園)、周囲の豊かな自然環境を活かし、感動を持った自然からの体験的な学びを生み出す

 社会とのつながり 
  
  グローバルな視野を持って

  自分らしい生き方を見いだす

人材バンクネットワークをつくり、生きたモデルとなる多様な分野の大人から、専門分野の知識・技術を学び、その分野の面白さ・生き様を感じ、個性を活かした進路を見出す

インターネット、自主新聞、放送局、発表会、創作劇を通した活動発表や情報収集など、活発に情報の受信・発信をする

成田空港近辺という地の利を活かし、海外訪問客や海外研修生(栗源に多い)との交流、異文化理解ゲームなどで、国際交流を積極的に行い、国際的視野を養う

親も希望があれば参加し、自分なりのものを分かち合い、学び合う

週末・夏休みに、多様な一般向けワークショップを開催する

《関わりの指針》

みんなちがって、みんないい!

 自分や他者の中の弱さを排除しようとすると、つながりが切れてしまい、
 
 様々な問題となって噴出します。


    ) いじめ、不登校、切れる、犯罪など 

 互いの強さや力を与え活かし合い、互いの弱さを受け取り補い合いながら
 
 関わって、 共に豊かになろう