2004.10 〜 
Vol 6

041   ゴールデンウィーク企画 
             

        親子自然体験ツアー 5/3〜5
 
  【開催日】 2006年5月3日〜5月5日

  【滞在先】 有機農場「くりもと地球村」
 manaレインボーの松尾直子です。もうすぐ連休ですが、お出かけの予定はもう立てられました?
子どもと一緒に自然の中でゆったり伸び伸びしたいなぁというのであれば、一緒に千葉のくりもと地球村に行きませんか? 私は5/3-5に行きま〜す!
くりもと地球村は、15年間農薬を一滴も使っていないので、安心でおいしい野菜の宝庫。
 子どもと一緒に畑で旬の野菜をとって、とれたての野菜料理に舌鼓。
ポカポカ陽気の中、広い草原で異年齢の子供や大人が混じって思いっきり遊ぶのも楽しいですよ。(そういう機会も今はあまり無いですよね。)
040   春休み企画  親子自然体験ツアー

  【開催日】 2006年3月30日〜4月2日
  【滞在先】 有機農場「くりもと地球村」

  お元気ですか?松尾直子です。
  もうすぐ楽しい春休み!
  そこで、春休みに千葉県栗源の自然の中で一緒に遊びませんか?

039   『親子のワクワク朗読会』     
  日時: 2006年 1月 9日(月)  
  場所:
アートフォーラムあざみ野にて

 ステキな絵と音とお話で、まるごと楽しむ朗読ライブ。新年のひと時を、笑ったり驚いたり、ほんわかしたり、みんなで一緒に楽しみました!
【内容】「てぶくろをかいに」など、4、5才児〜小学校低学年向けの色々な絵本&紙芝居
038
   
“感情”このパワフルエネルギーを使いこなす術!
  日時: 2005年 12月 20日(火)  
  場所:
アートフォーラムあざみ野にて

 大事な我が子なのに、つい感情が爆発!・・・後で自己嫌悪・・・ナ〜ンテ、母親なら誰しも経験がありませんか?実は、普段抑えている自分の感情が一番噴き出しやすいのが、対我が子なのです。 でも、よ〜く見てみると、同じイライラや怒りにも自分なりのパターンが・・・
その根っこに気付いて自分で受けとめてあげると、怒りエネルギーも随分変わりそう。
037    第2回 大人も子供も楽しく manaベル会

  日時: 2005年 5月 22日(日)  
  場所: 都筑公会堂 第1会議室&リハーサル室 

  前回は50人弱の参加者で大賑わい、大人も子供もそれぞれ楽しめたようで、
 大好評でした。
 他の方の子育ての思い、自分の悩みを皆で考えたり、他ではなかなか
 出来ない体験とみなさんに喜んでもらえました。
 今回も有意義な楽しい子育てのために知恵や思いを交換しました。
036   大人も子供も楽しく manaベル会

  日時: 2005年 4月 3日(日)  
  場所: 都筑公会堂 第1会議室&第2会議室 

  親も子もそれぞれが楽しみながら学べる場
  manaレインボースクール が生まれました!
035 2月11日  
                      ワークショップ案、すぐにも出来ること、イベント企画 

日時:2005年2月10日(金)

2月11日にブログの方の参加者でミーティングをしました。
MLにもミーティングのお知らせを流そうと思っていたのですが、娘がインフルエンザにかかってしまい、直前までミーティングが出来るかどうかわからなかったので、流さずにいたら、結局、何とか出来ました。
 事後報告になってしまいましたが、ミーティングの内容をお知らせします。
034 TPLUSWG主催 2004年第6回 勉強会
   「多様な教育が一人ひとりの子供を育てる―オランダからの風―」リステルズ直子氏講演 


 日時:2004年10月6日(土)

 場所:渋谷区東京ウィメンズ・プラザ
  オランダでは、公立私立の学校を問わず「子ども達一人ひとり」に合わせた多様な教育が実践され、それらを支える各種の制度も充実しています。その実情をご自身の子どもの通学体験も盛り込みながら、リヒテルズさんの講演が行われました。
040 

   春休み企画  親子自然体験ツアー

  【開催日】 2006年3月30日〜4月2日
  【滞在先】 有機農場「くりもと地球村  
 

  親子自然体験ツアーは、楽しく終了しました。

  春の野草が咲く畑で、にんじんやキャベツ、菜の花などをたくさん採って、
  おいしい旬の野菜料理に舌鼓。
   生まれたばかりのかわいい子犬は子供達に大人気!
  昔ながらの、あんたがたどこさや、あぶくたった煮え立ったなどで、
  みんなでキャッキャッと遊んだり、
  温泉に入ったり、親子朗読会や、親子関係ミニ講座などなど、
  年齢の違う子供たちが兄弟のように仲良く遊び、さながら大家族のようでした。
  みんな楽しんで帰っていきましたよ。

  (詳細のリポートは、後日です)

037 

    第2回 大人も子供も楽しく manaベル会 報告

  日時: 2005年 5月 22日(日)  
     9:30AM〜受付開始 10:00〜11:45AM

  場所: 都筑公会堂 第2会議室&リハーサル室 


  松尾なおこです。

  5/22、「第2回大人も子供も楽しくmanaぶ会」のご報告です。
  当日は、約50人の親子が集まり、皆で楽しく盛り上がりました。
  まずは全員でゲームでリラックスした後、親子別々の部屋に分かれ、
  それぞれWSを行ないました。

  子供向けWSでは、様々な楽器で遊んだり、音やリズムとイメージ遊び、
  わらべ歌、折り紙、子供達のリクエストに応えた色々な遊びなど、
  3〜7歳の子供達22人が、年齢の枠を超えて楽しく遊びました。
  「とっても楽しかった」「また来たい」というような声が子供達から聞かれました。

  親向けのWSでは、“子供の可能性引き出す秘訣!”というテーマで行ないました。
  参加者それぞれの方の思いを紙に書き、グループに分かれてシェアリング、
  話し合い、そして、グループごとに発表しました。
  「普段の会話では出来ない突っ込んだ話が出来て、とてもありがたい」
  「目からうろこ状態で、とてもリフレッシュできた」
  「皆さんの実践例をもっと聞きたい」
  「時間があっという間に過ぎ、短くて残念」
  などの声が聞かれました。

  今後は、もっと時間が取れるように工夫しますね(会場の都合で難しいのです)。
  今、会場探しで苦労しています。
  こんな会場があるという情報があったら、ぜひお知らせくださいませ。

  今後も、子育て&自分育てに関する色々な思いを交換し合って、
  それぞれの違いを活かしあいながら、みんなが主役となって学び合える場を
  もっともっとつくっていきたいと思います。

  今後のWSのテーマで、こんなことをやってみたいというご意見ありましたら、
  どうぞ遠慮なくお出してくださいね。
  みんなでつくっていきたいので、ヨロシクお願いしま〜す。

036 

    大人も子供も楽しく manaベル会 報告

  日時: 2005年 4月 3日(日)  1:30PM 受付開始  2:00〜4:30PM
  場所: 都筑公会堂 第1会議室&第2会議室 

  親も子もそれぞれが楽しみながら学べる場
  manaレインボースクール が生まれました!


 松尾なおこです

 4月3日に行なった、manaレインボースクール 〜第1回 大人も子供も楽しくmanaべる会〜のご報告です。

 参加者は、スタッフ含めて総勢50人弱となり、とってもにぎやかに盛り上がりました。
今回の当日スタッフは、音遊び人やすさん、イトマキさん、木元さん、サマンサ、HIDEさん、私の6人でした。

 内容は、manaレインボースクールの活動説明の後、親子みんなで自己紹介も兼ねた楽しいゲーム。家族の枠を超えて大人も子供も混ざり合い、お話したり遊んだり、皆ですっかりリラックス。
 
 おやつで腹ごしらえした後は、親子別々の部屋に分かれて、それぞれワークショップを行ないました。

 親向けには、“よりよい親子関係講座”のポイントを交えながら、皆さんの子育て観や思いを出し合っていきました。お父さんの参加も多く、様々な意見が出、普段聴けない子育て仲間の思いや意見に、皆さん「皆で子育てを考えたり学ぶ場があまり無いので、もっと参加したい」という感想が多かったです。

 子供向けには、太鼓や笛にあわせて、色んな動物になってみたり、楽器の音を聴いてお返事を自由に絵で描いてみたり、感性をイメージ豊かに五感で表現する楽しい遊びを行ないました。2歳から7歳の子供達、み〜んな元気一杯に伸び伸びと楽しんでいました。

 参加された皆さん、今後も参加したいとのことで全員登録して下さったので、このつながりを大事にしつつ、今後も定期的にワークショップをやっていきまーす!


 次回は、5月22日(日)午前中、同じく都筑公会堂で行なうので、他の皆さんも、よかったら、是非是非遊びに来てくださいね。

035 

    2月11日   報告 

          ワークショップ案、すぐにも出来ること、イベント企画 

     日時:2004年10月6日(土)
     参加者:イトマキ、やす、川崎、なおこ、すず

 まずは、前回(1月10日)のミーティングででた沢山のワークショップ案をまとめて、みんなに配って、話し合いました。
 これは、ファイルで追って、MLにアップロードしておきます。
 下線がひいてあるのが、すぐにも出来るというものです。

 *今後のプログラムの核となるものとして・・・
   親とつながるのは大事(子供の参加も親が決める)なので、
   親向けに親子関係講座などをしながら、
   同時に子供向けの各種ワークショップを行ない、

 *親も子も楽しく参加できるようにする。

 *学びの柱として、プロジェクト学習をする
   その前段階として、多様なワークショップからなる豊かな選択肢を用意し、
   参加者の興味や個性を活かせるようにする。
   内容的にも、インプロ・ごっこ遊び的な要素を取り入れ、
   参加者の内面を引き出す工夫をする。

 *年間プログラムを作り、パンフレット、イベントチラシの作成
   ・・・・・サンケイリビング誌でPR、 HP、ML、ブログも活用

 *継続的なプログラムとする為にも、会員制にする
   入会金と交換に、ワークショップの割引チケットを渡す
   カードを発行し、参加ごとにスタンプを押し、参加プログラムがわかるようにする。
   スタンプが溜まると特典も。
 
 *個人の持てるものを引き出しあって、与え合って、互いに豊かになるシステムづくり
   ワークショップリーダーとなったり、物々交換、ベビーシッター、介護、家事補助、等
   生活のあらゆる分野で出来ることを交換し合う、広く開かれた新たな互助システムの創設

 *地域通貨マナをつくる 
   〜マネーからマナ(学びあい)へ〜 ・・・学校づくりにつなげていく
 
 *First Step
   立ち上げ段階でのPRとして、(マナレインボースクールと銘打って、)
   より良い親子関係講座の卒業生などを対象に、親向けには、親子関係のワークショップを
   子供向けには、各種ワークショップ(リズムで感じて音遊び、イメージお絵かき、ごっこ遊びetc.)を行   なう。

  日時:4月3日(月・振替休日) 2〜4:00PM 
  場所:都筑公会堂 第1&第2会議室 (港北ニュータウン内)

 *今後も、マナピー祭りなどとして、皆に一同に会してもらい、
   様々なプログラムを体験、デモンストレーション。 
   出展参加も募る。パンフレットの配布。
   参加者にアンケート、参加希望者の名簿も作り、入会受付も。

 4月3日のイベントの案内はチラシを、追ってファイルでMLにアップロードしますね。

 4月3日、他にも協力してくださる方募集中です。
 それに、子供達や親と一緒にこんなこともしたいという方は、是非、お知らせください。

 それから、今後、様々なワークショップを定期的に展開していく予定です。
 大人向け、親子向け、子供向けなど、色々な面白いワークショップを一緒にやっていきませんか?
 ご協力、どうぞ宜しくお願いしま〜す。

   (Report by Naoko Matsuo)
034

  TPLUSWG主催 2004年第6回 勉強会
   
 「多様な教育が一人ひとりの子供を育てる―オランダからの風―」

  リステルズ直子氏講演


   日時:2004年10月6日(土)

   場所:渋谷区東京ウィメンズ・プラザ

 6日にT-PLUS主催の「多様な教育が一人ひとりの子供を育てる―オランダからの風―」リステルズ直子氏講演にいってきました。80人を超す参加で会場いっぱいの盛況でした。

主催者代表の安田彩子さんの挨拶の中で、「夢の花咲く大地の学校をつくる会」が後援者として紹介されました。

オランダの教育事情ははじめて聞く話で、目を見開かされるおもいでした。
教育の自由の考え方。権利として勝ち取ってきたオランダの国民の有様に感心しました。

憲法に教育の3つの自由(権利)が規定されそれが制度として確立している。

●学校を創る自由 = 90年に及ぶ教育闘争の結果、私立でも義務教育の学費は無償。
             200名程度の生徒を確保すれば、公で校舎を確保してくれる。人数に
             応じて運営費が国から支給される。

●学校を選択する自由 = 学区が無く、スーパーマーケットへ行くほどの距離に4〜5校の学
               校がある。親が受けさせたい教育を行っている学校を選択できる。

●教育の内容の自由 = 何をどう教えるかは教師の裁量にまかされる。

 これらが経済的な裏づけを持って保障されている。本当にすばらしい。
シュタイナー、ダルトンプラン、イエナプラン、フレネなどのオルタナティブスクールがどこにでもある(全体の10%ほど)。
 子どもがどんな教育を受けるかについての選択肢が多く、その学校の規模も小学校で200人程度(小学校は4歳から12歳までの8グループ)で、すべての子どもに目が行き届き、その上さまざまなフォローのシステムが考えられている。

 日本との違いに驚くことしきり。
 
 こんな制度があれば、「夢の花咲く大地の学校」がすぐにでもできて、しかも親が大きな経済的負担を負わなくてもいい。子どもたちはもっと幸せな時をすごせるのにと思いつつ聞いていました。
 しかし、オランダでもこうなるまでに90年に及ぶ教育をめぐっての闘争で勝ち取られたものだとか。
 現状に嘆くことなく、ちょっとでも知らせ広げることから日本の教育を変えていかなくては・・・・・
 同様の講演会が今後、名古屋と東京で開かれます。

NPO法人愛知市民教育ネット主催講演会:ASK−NET教育フォーラム Vol.2 
   「『市民参加の教育作り』の先進国オランダに学ぶ」
     日時:11月12日(金) 18:30-20:30
     場所:名古屋ボランティアNPOセンター(名古屋市中区栄1-23-13伏見ライフプラザ12階)
     参加費:2000円 (会員1500円)
     定員:35人
     参加申し込み・問い合わせ:愛知市民教育ネットTel:052-881-4349 
                  Fax:052-881-5567   e-mail: info@ask-net.jp
   詳細:http://www.ask-net.org/

・多様な教育の実現に関心を持つ市民有志グループ主催:
                  「教育の多様性を実現した国オランダに学ぶ」
      日時:11月13日(土) 15:00-17:30
      場所:東京都中央区月島区民館(東京都中央区月島2-8-1)
      参加費:1500円
      定員:100人
      参加申し込み:氏名・住所・電話番号明記の上 
             r11m13d@hotmail.com  FAX:045-547-6615まで
      問い合わせ:tel :090-6124-3502 (佐藤)
      詳細:http://www.forum3.com/event/holland/

  リステルズ直子さんのHP
  http://home.planet.nl/~naokonet/

   「オランダの教育―――多様性が一人ひとりの子供を育てる」
                  (リステルズ直子著、平凡社刊)もお勧めです。
 (Report by N.Kitajima)