テトラバランス人間力学

  新ホームページができました! 最新情報は以下の新HPをご覧下さい。  
http://www.manarainbow.com/index.php?go=ov0fw7


                                                   松尾 直子
複雑な人間関係にも、見えない力学法則が働いています。

私なりに見出したこの力学法則を、「人間関係力学」と名付けて各所や大学で教え、多くの方に受講いただきましたが、皆さんから、「あらゆる人間関係が解け、

目からウロコが落ちた」 「長年の確執がとけて変わった」 「自分を活かす方向がつかめた」 「生きるのが楽しくなった」等々の嬉しい声を、年齢、性別、職業を

問わずたくさん頂いてきました。


この力学法則を活用すると、自分や周りの人の生き方の傾向や、引き寄せがちな人間関係での問題、その仕組みと意味、苦手な相手とのより豊かな関わり方

のポイントが見えてきます。さらに、自分や相手の得意な力、隠れた力とそのより有効な活かし方、互いの力を活かし合う豊かな関わり方も見えてきます。


私は現象界の仕組みを解く幾何学が大好きなのですが、脳や心の仕組み、人の生き方や人間関係にも、現象界と同じ力学法則が作用しているのに気づきまし

た。世界を眺めると、あらゆる現象は両極のバランスの中で生成発展しています。闇と光(陰陽)の間から様々な色(現象)も生まれ、プラス極とマイナス極が

あって地軸ができ地球も回り、男と女から子が生まれ、生は死に支えられ生々流転しています。 善と悪、喜びと悲しみ・・・ 正反対の両極は実は一対で、

一方があってこそ、他方の意味や価値が生まれます。片方は片方に支えられ、両方がないと現象は続かないので、物事は両極のバランスをとるように起きて

いきます。 そして、この両極のバランス作用は、私達一人一人にも、人間関係にも働いているのです。



 テトラバランス人間力学相関図 4つの根源力 ●   さらに詳しくは・・・ ブログ記事 「人間関係の秘密の法則」へ


下の図をご覧ください。これは、人の生き方や人間関係での両極のバランスを、私なりの経験や学びから簡潔にまとめた相関図です。

真ん中に十字になっている縦軸と横軸の先は、人が生きる上で必要な4つの両極の価値(志向性)である、自分、周り、心、形(物質)を表します。

図の左右は、私達一人一人の中にある両極の力、「能動」と「受容」を表します。私達は呼吸するように、「発する」と「受け取る」の対称的な2つの力を使って

世界と関わり生きています。発する力を「能動」、受け取る力を「受容」と名付けました。 「能動」 は、言葉で論理を司る左脳を主に活かし、世界を自分なりに

分析的に捉え、考え、目的を立て、自分の力で発信・行動していく男性性の力を表します。「受容」 は、感性・イメージを司る右脳を主に活かして、理屈を超え

世界を直観・感性・感情で捉え、心で感じ、違いを受け入れつながりを生み出す女性性の力を表します。

さらに、2つの力の出し方も、「外向」と「内向」の2つの方向性に分かれます。図の上半分は 「外向」で、自分を外側に向けて出し、発展的に広がっていく流れ、

下半分の 「内向」は、周りに合わせて自分を内向させ、保守的に守る流れです。


各位置に表れる特徴的な力と生き方の傾向を、4つの型で表しました。  右上は自分の心を大事にする 「感性楽天型」

右下は周りの心を大事にする 「感情共感型」、 左上は自分の力で形を生み出す 「冒険行動型」、 左下は周りの形を整える 「実務管理型」です。




自分、周り、心、形(物質)を、どんなバランスで大事にしているかで、その人の図の中での位置が変わり、感じ方や考え方、優先順位、価値観、求めるもの、

得意な力と苦手面、物事の進め方、コミュニケーションの仕方や人間関係で陥りがちな問題も変わります。


自分の思いを優先する人は上の方に、周りに合わせがちな人は下の方に、目に見える物や結果を大事にする人は左の方に、心で感じる事を大事にする人は、

より右の方になるでしょう。 1つの型にばかりにいる人、2つの型にいがちな人、3つの型にいがちな人もいるでしょう。 4つの価値をどれも大事にし、状況と

必要に応じて臨機応変に4つの型を行き来する人もいるでしょう。


各型の特徴は、相関図の中にまとめてありますが、各型が斜めの線で分けられ、青い菱形で囲まれているのをご覧下さい。

菱形の内側ではその型の力が良い形で現れ、これが各型の力となります。一方、菱形の外側では、同じ傾向がまずい形で表れます。

他の力とバランスよくつながると菱形の内側で有効な力となって表れますが、他の力とつながらないと、菱形の外側に行き問題になりがちなのです。


4つ力は人間社会で生きる上で必要不可欠なので、4つの力を臨機応変にバランスよく活かせる人は、周りと調和して伸び伸びと力を発揮でき、どんな人とも

柔軟に関われますが、活かしていない力があると、物事の行き詰まりや人間関係での摩擦など、何らかの問題となって表れてきます。


各力をうまく活かすコツは、他の力とつながり、バランスをとることです。 現象は両極のバランスの中でこそ発展継続するので、4つそれぞれの力も、

他の力とバランス良くつながり活かし合えてこそ、その良さを本当に発揮できるのです。



● 立体的視点 テトラでバランスチェック! ●


バランスの大切さは、立体的視点で捉えるとよくわかります。平面的に捉えると、比較、競争を生み、摩擦や争いにもなりがちですが、立体的視点で見ると、

各極がつながるバランスの大切さが見えてきます。

そこで、現象界の基本構造である テトラ(正四面体) を使って、人の心や生き方の仕組みを立体的に捉えてみました。





本当はテトラは2つあり、地のテトラ(ピンク)と天のテトラ
(水色)が合わさって、下図のような星型二重正四面体
(スターテトラヒドロン)となっています。
4つの根源力、さらに真理と大きな愛の力が開くと、男性
性(左脳)と女性性(右脳)、天と地がつながって、6つの
力が花のように開き、全体のつながりの中でバランスよく
活かされます。
正三角形が4つ合わさった正四面体は、現象界の基本構造で、テトラヒドロンと呼ばれます。

ここでは簡単に 「テトラ」 と呼びましょう。


テトラの各頂点に、自分、周り、心、形(物質)の基本的な4つ価値(志向性)を置き、

人の意識を捉えると、各頂点を繋ぐ辺に4つの力(球)が生まれます。


  (自分×心) 感性楽天力 … 自分の感性や欲求を満たして、今を楽しむ

  (周り×心) 感情共感力 … 周りの人と気持ちで交流し、深くつながる

  (自分×形) 冒険行動力 … 自分の力で目的を達成し成果を出そうと頑張る

  (周り×形) 実務管理力 … 周りの状態を緻密な方法で計画的にコントロールする


   ※テトラの残る2辺は、形と心を繋ぐ真理と、自分と周りを繋ぐ大きな愛の力でしょう。

    (心×形) 真理 ・・・ 世界の仕組みを理解する

    (自分×周り) 大きな愛 ・・・ 万物への無条件の愛


自分がどんなバランスで4つの価値を大事にしているかで、テトラの形が変わります。

4つを皆大事にしていると、4点がバランスよくつながり、綺麗な正四面体のテトラになり、

各辺に4つの力が生まれ、互いに絡み合いながら全体の中でバランスよく活かし合えます。


大事にしていない点(価値)があると、形にならない辺、出せない力が出てきてテトラが歪み、

4つの力もうまく絡み合わず、各力の良さがうまく活かせなくなります。


上の相関図は、意識のテトラ構造を平面にしたもので、青い菱形の部分がテトラになります。

各力がバランスよくつながり合うと、4つの型の特徴がテトラの内側で有効な力となり、

バランスが崩れると、せっかくの力もテトラの外のまずい形になって表れます。

人それぞれ生育環境や個性、役割や立場の違い等により、4つの価値(自分、周り、心、形)をどんなバランスで大事にし、各型の力をどんな風に使っているか

異なり、テトラの形も相関図の中での位置も変わります。


あなたは相関図でどの位置にいがちでしょうか? 何を大事に感じ、どんな力を使い、どんな生き方をしているでしょうか? 活かしていない力はありますか?

テトラ感覚でも、ご自分の意識のバランスをとらえみてください。テトラの形はどうでしょう? 4つの価値をどんなバランスで大事にしていますか?

ひずみはないか、あるならば、どの点(価値)、どの辺(力)にひずみがあるのか、それによってどんな問題が生じているでしょうか?

どこを活かしたら、バランスがとれるでしょうか?


自分の中に片寄りがあると、逆側に揺り戻されバランスを取らざるを得ないような、問題が起きてきます。

遊んで課題や授業をサボってばかりいた感性楽天型に片寄った学生が、落第して初めてコツコツ地道に計画的に進める実務管理力の大切さに目覚めたり、

感情共感型に片寄って、周りに合わせて自分の思いを飲み込み無理していると、心が苦しくなり自分の中で溜まった思いが爆発し鬱になってしまったり・・・

問題とは、片寄ったバランスを調整し、未活用の力をもっと活かしなさいというサインなのでしょう。


人間関係でも、自分のエネルギーの片寄りを補完する、自分とは反対の型の相手に無意識に惹かれたり、縁ができがちです。


例えば、感情共感型に偏った人は、自分と対極の冒険行動型の人に惹かれ、孤独に頑張りがちな冒険行動型は、優しく寄り添ってくれる対極の感情共感型に

安らぎを感じがちです。ただ一緒にいると、感情共感型は、共感力の薄い冒険行動型に寂しさを感じ、冒険行動型は、クヨクヨ悩んで行動しない感情共感型に

イライラしがちです。

実は、お互いの中の押し込めた力を鏡のように見せ、引き出し合える最高の相手なのですが、自分のその力を否定していると相手を受け取れなくなるのです。

自分の中でうまくバランスをとって行くと、人間関係での問題は解消し、物事はスムーズに動き出します。


立体的視点で互いの個性を眺めた時に、違いや力をバランスよく活かし合い、より豊かな関わりを生む道が見えてきます。


セミナーでは、自分の心のバランスをチェックし、今起きている問題の意味、片寄りを補完するバランスのとり方などを、具体的に見ていきます。

自分とは違う型の人の感じ方や考え方、行き違いが起きる仕組みと意味、お互いを活かし合う豊かな関わりの大事なポイントも見えてきます。

そして実践すると、人間関係に違いが生まれます。 


互いの違いで争うのではなく、自分自身や周りの人の個性や豊かな可能性をより活かし合う為に、テトラバランス人間力学を、是非お役立て下さいませ。


                        さらに詳しくは・・・ ブログ記事 「人間関係の秘密の法則」へ