Rotary Club of Kumagaya

           


SAA クラブ奉仕委員会 職業分類・会員選考委員会 会員増強委員会

出席推進委員会 ロータリー情報委員会 公共イメージ委員会 親睦活動委員会 

プログラム委員会 職業奉仕委員会 社会奉仕委員会 ニコニコBOX委員会

国際奉仕委員会 ロータリー財団委員会 米山記念奨学委員会 青少年奉仕委員会

SAA
正SAA  田野 隆広
副SAA  安藤 真己
      井埜 利博
      柿沼 伸幸
      並木 謙一
      諏訪部 享治
      合田 裕章
      平岡 和喜

活動方針
 ロータリークラブの基本活動である例会を、熊谷ロータリークラブの伝統および品格と秩序を保ちつつ、年度方針に則り、会長・幹事および各委員会と密接に連携しながら運営してまいります。
計画
1. 品格と秩序を保ちつつ、和やかで楽しい例会となるように会場設営に努めます。
2. 例会が和やかな雰囲気となるよう、楽しい食事ができるように努めます。
3. 会長・幹事および各委員長と密接に連携しながら運営します。

クラブ奉仕委員会
委員長   松浦 紀一
副委員長 福島 良浩
委員     岡部 洋一
       西田 善明
       染谷 政示
       谷田 雅彦
       井上 浩
       石山 洋一

活動方針
 会長の提唱する輪人和楽を念頭にロータリークラブ会員の和やかで楽しい委員会運営のために各委員会との連携、奉仕に努めます。
計画
1. 各委員会との連絡調整と、委員会の定期的な開催の支援。
2. クラブ基盤の充実のため、会員の質とバランスを考慮しつつ入会の勧誘に努める。
3. 地域社会との連携・奉仕と共に、ロータリークラブの公共イメージの向上を図る。

職業分類・会員選考委員会
委員長   岡部 洋一
副委員長 木島 一也
委員    新井 重道

活動方針
 熊谷ロータリークラブにとってふさわしい会員を増強すること。又広い職種に渡って会員を充実させることが、今の熊谷ロータリークラブにとって大変に必要なことです。
計画
1. 入会希望者が熊谷ロータリークラブにふさわしいかどうか、多くのメンバーの意見を聞きながら判断する。
2. 未充填の職種について積極的に調査し、ふさわしい人物を探す。
3. 10%ルールにもとづき同業者の会等に会員を紹介してもらう。
4. 一番重要なことは、増強委員会と共に協力して会員の増強に努力する。

会員増強委員会
委員長   西田 善明
副委員長 田所 勤
委員     黒田 小源治
活動方針
 本年度のクラブ方針は、「輪人和楽」です。そこには、クラブLIFEは和やかに楽しくという意味合いが含まれています。そして、これを保つには、そこに継続性や安定した将来があっての事だと思います。
 増強という言葉は、単に人を増やすという事では無く、組織として未来へ向けた新陳代謝を図り強さを保つ事だとも思います。
 誰もが認める人材を、一人でも多く入会に導きクラブの基盤を固められるよう頑張ります。
計画
1. 本年度は、純増3名を目指します。
2. 職業分類・会員選考委員会と情報の共有化を計ります。
3. ロータリー情報委員会と協議し、入会後のフォロー及び育成に努めます。
出席推進委員会
委員長  染谷 政示
副委員長 新 哲哉
委員     古山 祥道
       大川 隆史
       角川 僚一
       長谷川 仁
活動方針
 大谷会長のテーマは「輪人和楽」です。例会に出席することを推進するのは、今に始まった訳ではありません。例会に出席し、多くのメンバーとわじむ事に努力し、出席をしたくなるような楽しい例会にしていく所存です。
計画
1. 例会以外の会議にも積極的に、出席をする。
2. メンバー間の関係を密にする。
3. 出席のきっかけづくり
ロータリー情報委員会
委員長   福島 良浩
副委員長 前嶋 修身
委員     岡安 哲也
       中澤 実

活動方針
 クラブの全会員に国際ロータリーと第2570地区の最新情報を提供し、熊谷ロータリーとしての現状把握や方向性の確認をして頂くきっかけ作りをします。
 特に新入会員にはロータリーの基礎知識が習得できる場の提供と楽しいクラブライフを一日も早く見つけられる様にサポートします。
計画
1. 地区セミナーの報告
2. 新入会員交流会の設営
3. メーキャップツアーの実施

公共イメージ委員会
委員長   谷田 雅彦
副委員長 石垣 伸明
委員     長谷川 恒一
       飯島 賢二
       門平 忠一郎
目標
 例会、委員会等クラブ全体の活動、各委員会の活動に至るまでを丁寧に情報発信して参ります。その情報は正確に記録保存できるようにいたします。そして、この情報を通じて会員同士はもとより地域へと認知度が広がるよう努めてまいります。
計画
1. 会報は、例会ごとに作成し、的確で正確な情報を発信致します。
2. インターネットを活用した情報発信の推進を行います。
3. プロジェクションマッピングを活用し、ロータリークラブの認知度を広げる活動を摸索します。

親睦活動委員会
委員長   井上 浩
副委員長 小林 健郎
委員     大石 聡一
       加藤 公教
       上林 寛
       重竹 淳一
       波多 哲也
       新井 清貴

活動方針
 熊谷ロータリークラブの組織が、活性化していくためには、会員相互、会員家族の繋がりが重要です。当委員会では、和やかで楽しい雰囲気を実感出来る企画設営を行ってまいります。
計画
1. 誕生祝い
2. 結婚祝い
3. 納涼家族会
4. クリスマス家族会
5. 親睦家族旅行
6. 引継ぎ例会
プログラム委員会
委員長   石山 洋一
副委員長 八木橋 宏貴
委員     大久保 和政
       広戸 正之
       西山 浩一
       西山 秀木
活動方針
 クラブ運営方針「輪人和楽」の主旨の元、会長の狙いとする「感謝(奉仕)の気持ちを持ち行動し、クラブLIFEを和やかに楽しく」を実現できるよう、相応しい卓話講師の選定、講師を通じて新たなネットワークの構築を目指します。
 恒例の例会行事は、スタッフの指示に従い、円滑に運営してまいります。
計画
1. 「会員の心を鼓舞しワクワクし元気になる」例会の企画・設営
2. 各業界情報や地域社会を知る卓話の実施
3. 積極的な親睦例会の実施
4. 新入会員によるイニシエーションスピーチの実施
5. 大谷会長のお人柄、らしさがにじみ出る例会を実施
職業奉仕委員会
委員長   太田 洋
副委員長 飯塚 幸一
委員     下田 邦彦
       栗原 良太
       井ノ瀬 喜一
       曽根 和也
活動方針
 “奉仕こそ、我がつとめである”と言う見解こそ職業奉仕の最も簡明な説明である。
 綱領に社会に奉仕する目的を以って、ロータリアン各自の従事する職業の徳義的基準を高め、その職業の真価を認識し、且つ職業そのものに権威あらしめることとある。よって当委員会の基本理念を、よく理解し、その奉仕の実践を図りたい。
計画
1. 「四つのテスト」の浸透を図る。
2. 会員企業の情報提供を行う。
(ロータリーの会員増強方針と、5年先の各企業の後継者・継承問題 等)
3. 職業奉仕として、地域社会への貢献を考える。
社会奉仕委員会
委員長   松ア 邦夫
副委員長 菊池 陽一
委員     本塚 雄一郎
       吉田 嘉
       今井 徹雄
       根本 光晃
活動方針
 会長方針にありますように、昨年に引き続き「モラルアップ熊谷」の取り組みを行います。
 メンバー各位の社会奉仕に対する意識向上と実践を事業を通して伝えていきたいと思います。
計画
1. 委員会を開催し、会長幹事の方針を理解する。
2. 「モラルアップ熊谷」の事業継続する。
3. 地区のアイバンクの活動を継続支援する。
ニコニコBOX委員会
委員長   森田 光春
副委員長 森田 康志
委員     松本 光弘
       時田 芳文
       大澤 孝至
       折茂 真一郎

活動方針
  本年度会長方針「輪人和楽」のスローガンのもとニコニコBOX委員会は、楽しく和やかなクラブ運営がきるようサポートして参りたいと思います。
 本委員会は会員皆様からのご投稿がないと成り立たない委員会でありますので、日頃の「ちょっとした出来事」、「ちょっとした小話」、「これは言いたい」、「思わず話したい事」など皆様の近況をご投稿いただく事で、クラブ全体に笑い、感動、発見をもたらし、クラブライフが明るく元気なものになると思います。
 委員会メンバー一同、皆様からの温かいご協力をお待ちしております。宜しくお願い致します。
計画
1. 記入用紙をテーブルに配布する。
2. なるべく委員会メンバー交互に投稿発表をする。
3. 委員相互の親睦を深める。

国際奉仕委員会
委員長   長谷川 貴春
副委員長 大澤 義則
委員     田中 哲夫
       松本 喜久子
       藤間 憲一
       荻野 智
活動方針
 バリーRI会長並びに茂木ガバナーは、人道的奉仕の重点化と増加を指針として掲げています。そして人道的支援は、まず身近な人々から隣人同士へと自分達ができる所からお互いの支援をし合いながら互恵関係の構築を務めるべきとのべています。既にネパールに対しては地震被害の為の支援並びに就学里親制度の促進を継続して居ります。また昨年発生した台湾地震、まだまだ復興途上であると思います。台湾の人々から東日本大震災の折には多大な支援を受けて居り、台湾への日本からの支援は、一層重要な支援となり更に強い互恵関係を構築していく事になると思います。皆様のご理解とご協力をお願いいたします。
計画
1. ネパール地震で被害を受けた子供たちの支援
2. ネパール就学里親制度の促進
3. 台湾地震での被害に対する支援
4. 国際交流協会への協力
ロータリー財団委員会
委員長   秋山 恵一
副委員長 福井 千秋
委員     日向 美津江
       大島 譲二
       福島 一也

活動方針
 ロータリー財団は「ロータリアンが、健康状態を改善し、教育への支援を高め、貧困を救済することを通じて、世界理解、親善、平和を達成できるようにすること」を使命として掲げ、世界各地で実施されるプロジェクトに補助金を提供しています。その為に、クラブ会員に財団の事業内容を理解してもらい、プログラムヘの関心を高めていただき、年間を通じて善意の寄付を得られるように努力する。
計画
1. 財団のプログラムをクラブ会員に理解を深めてもらう。
2. クラブと会員がロータリー財団への寄付を行うように計らう。
3. 財団月間には財団プログラムヘの参加を呼びかけ、促進する。

米山記念奨学委員会
委員長   野澤 久夫
副委員長 富田 満
委員     富岡 清
       田久保 眞理子
       清水 晃
活動方針
 米山記念奨学会事業遂行のため、会員皆様には活動理念・意義を認識していただき、ご支援とご協力をお願いしていきます。
 また、今年度の会長方針である『輪人和楽』というテーマに基づき、奨学生への学業支援と、クラブでの交流を通して日本の文化や習慣に対して、特に熊谷の様々な場面を通して、豊かな自然と四季、そして文化を理解していただき、社会参加と社会貢献の意識を育てていきたいと思います。
計画
1. 米山記念奨学生の受け入れ及び支援活動を行う。
2. 寄付行為の内容を理解していただき、米山功労者及び米山功労法人の拡大を図る。
青少年奉仕委員会
委員長   馬場 俊久
副委員長 小沢 孝司
委員     新井 隆
       渡辺 実
       山崎 哲資
活動方針
 次世代を担う青少年の育成は、ロータリアンの責務である。様々な奉仕活動を通じて、日本や世界の未来を背負う青少年の活動を支援し、グローバル化する世界で幅広く活躍する人材を育て上げることが重要である。そして、その活動を周囲に発信して、理解を求め、熊谷からリーダーとなる人材を生み出し、それが、ロータリーの目指す世界平和の実現の一助になると考える。
計画
1. 少年野球大会「河野杯」の主催
2. インターアクトに対する支援
3. ライラ(青少年指導者育成プログラム)のPR