Rotary Club of Kumagaya

           


SAA クラブ奉仕委員会 職業分類委員会 会員選考委員会 会員増強委員会

出席推進委員会 ロータリー情報委員会 公共イメージ委員会 親睦活動委員会 

プログラム委員会 職業奉仕委員会 社会奉仕委員会 ニコニコBOX委員会

国際奉仕委員会 ロータリー財団委員会 米山記念奨学委員会 青少年奉仕委員会

SAA
正SAA  八木橋 宏貴
副SAA  田野 隆広
      石垣 伸明
      谷田 雅彦
      広瀬 克之
      西山 浩一

活動方針
 ロータリークラブの基本活動である例会を旧来の伝統と品格を保ちつつ、新鮮で有益、かつ和やかな会場として提供できるよう、会長、幹事、各委員長と密接な連携を図り運営してまいります。
計画
1. 品格と秩序の中に活気と躍動感を感じる会場 設営に努めます。
2. 来客・来訪者へのおもてなしを尽くし、相互交流に努めます。
3. 更なる親睦を深めるべく、美味しく楽しい食事の時間になるよう努めます。
4. 会長、幹事および各委員会との密接な連携に努めます。

クラブ奉仕委員会
委員長   田所 勤                
副委員長 飯塚 幸一                
委員     西山 秀木
       重竹 淳一
       馬場 俊久
       田久保 眞理子
       中島 正義
       日向 美津江
       秋山 恵一
       小林 肇

活動方針
 福島会長の運営方針のなかに有る「活発な委員会活動をしましょう」の中で、「クラブの基本は例会」とありますので、例会運営に直結する8委員会(職業分類、会員選考、会員増強、ロータリー情報、出席推進、クラブ会報、親睦活動、プログラム)と連携をとり、クラブ運営と会員奉仕に努めます。
計画
1. 各委員会が連絡調整のために定期的に委員会を出来るだけ多く開催できるように支援し、魅力ある例会設営に努める。
2. 例会のなかで、熊谷ロータリークラブの魅力を認識してロータリー活動の意義と奉仕の精神を考え、学ぶ機会を創造する。
3. 将来を見据え、より一層のクラブの充実を図るために若い会員の入会勧誘と育成に努める。

職業分類委員会
委員長   西山 秀木
副委員長 大澤 孝至
委員    藤間 憲一
       富岡 清
       福島 一也

活動方針
 職業分類を原則としたロータリークラブは各業種の地域を代表する方より構成され、その分類は地域の特色を表すように作成されています。昨今、社会環境の変化に伴い現在の事業、専門職務、社会奉仕の環境に合わせるように職業分類の修正を行うことが求められており、その点に重点をおき活動をしたいと考えています。
計画
1. 職業分類の見直しを行う。会員選考委員会と協調し、可能であれば新たな分類を追加する。
2. 会員増強委員会との協調により、より広い分野から相応しい会員が入会できる環境を職業分類の面から整える。

会員選考委員会
委員長   重竹 淳一
副委員長 富田 満        
委員    諏訪部 享治
       長谷川 恒一
       吉田 嘉

活動方針
 クラブの活性化には、充実した拡大は不可欠です。私たち委員会は、推薦された方が、例会を中心とした様々なプログラムに参加できるか、ロータリアンとして地域社会に真摯な奉仕ができるかを判断し、選考に当たります。
計画
1. ロータリー情報、会員増強、会員分類委員会と連携し、選考にあたります。
2. 奉仕の理念を理解しつつ、日常の職業活動を推進しているかを一つの基準とします。
会員増強委員会
委員長   馬場 俊久
副委員長 大澤 義則
委員     井ノ瀬 喜一
       並木 謙一
       古山 祥道
       松本 喜久子
活動方針
 組織にとって、人材は何より大切な要素であることは言うまでもありません。熊谷ロータリークラブも例外ではなく、一人でも多くのメンバーと協力しあってゆくことは組織の発展を支える基礎となります。
 熊谷ロータリークラブの活動理念や魅力を理解していただき、同じ価値観を持つ方々に沢山参加していただけるように、当委員会では、会員の皆様にも御協力いただきながら多くの方に声をかけてゆきたいと思います。
計画
1. 本年度4名以上の会員数の純増を目指します。
2. 会員選考・職業分類・ロータリー情報各委員会と連携し会員増強を進めてゆきます。
出席推進委員会
委員長  中島 正義
副委員長 森田 光春
委員     新井 隆
       中澤 実
       本塚 雄一郎
活動方針
 本年度.会長方針の「小さな、そして確かな一歩を踏み出そう」に基づきまず、我が出席推進委員会のメンバーの全員出席を目指します。その思いが、他のメンバーに伝わりしいては出席率向上に繋がる「小さな一歩」になるものと考えます。会長が大好きな熊谷ロータリークラブの例会に多くの会員の皆様が出席いただけるよう努めます。
計画
1. 例会出席の向上を図ります。
2. 無断欠席の防止に努めます。
3. メーキャップを推奨します。
ロータリー情報委員会
委員長   田久保 眞理子
副委員長 太田 洋
委員     大川 隆史
       中山 政美
       前嶋 修身

活動方針
 ロータリー情報委員会は、会員がロータリーについて関心を持ち、理解を深めるために、ロータリーの歴史と共に、より新しい情報を届けるのが任務です。新入会員にはロータリーについての基礎的な知識や、ルールを知って頂きます。また、地区の活動や国際ロータリーの動きについての新しい情報を得るように務め、それを会員にお知らせして、熊谷クラブが歴史を踏まえた上でも、新しい時代を切り開いていけるように福島良浩会長と共に努力して参ります。
計画
1. 新入会員に対してのオリエンテーションを随時開催する。
2. RLIへの出席を会員にお願いし、ロータリー全般の知識を得てきて頂く。
3. 国際ロータリー及び、2570地区の新情報を会員に提供する。

公共イメージ委員会
委員長  日向 美津江
副委員長 下田 邦彦
委員     井埜 利博
       山崎 哲資
       大島 譲二
目標
 委員会の名称も広域に活動が届くようにと変更になりました。初回の委員会担当として委員会一同張り切って参ります。

  活動テーマ:心を一つに、活動目的の達成の喜びを共有しよう。
 
 委員会の皆様の心が一つに成り、活動することにより達成できた喜びを共有する。一つの目標に会員の皆さまが向かうことは力として大きな物になります。地域貢献の礎は会員の皆さまの心を一つにする事と考え本年度の目標と致します。

親睦活動委員会
委員長   秋山 恵一
副委員長 波多 哲也
委員     井上 浩
       石田 涼太郎
       柿沼 伸幸
       清水 晃
       染谷 政示
       平岡 和喜

活動方針
 ロータリー活動の主要な柱である『親睦活動』の参加がクラブ内で積極的に行われ、クラブが活性化していくために、会員をはじめご家族の方々が笑顔になれるような事業を企画します。
 ワクワクしながら、楽しいクラブになるように活発な委員会活動を行ってまいります。
計画
1. 誕生祝い
2. 結婚祝い
3. 納涼家族会
4. 親睦家族旅行
5. 忘年家族会(クリスマス家族会)
6. 引継ぎ例会
プログラム委員会
委員長   小林 肇
副委員長 大久保 和政
委員     岡部 洋一
       松浦 紀一
       小野 信一
       新 哲也
活動方針
 プログラム委員会では例会をより楽しく。有意義なものとする為に、地域内外の時流を把握し、様々な場所の提供も考えて、時には意外性も持ち合わせて例会を組立てます。
 それにはたくさんの会員様にノウハウのご提供とご協力を頂きまして、他の委員会とも協力し合って一年間を計画してまいりますので、宜しくお願い致します。
計画
1. 毎月第1例会はセレモニーに時間を要して、時間が不足する為に、一会員に絞り、イニシエーションスピーチや会員様の発表の場と致します。
2. 法人会員様に例会のご担当をしていただき、会員企業の取り巻く環境やトレンドなど最新の情報提供を頂きます。
3. 移動例会を開催して、通常の例会場とは違った会場の臨場感や意外性の提供を行います。
4. 会長・幹事との協議の上、クラブ協議会の開催を行い、クラブ運営や運動の方向性の確認をさせていただきます。
職業奉仕委員会
委員長   田中 治男
副委員長 小林 建郎
委員     飯島 賢二
       根本 光晃
       渡辺 実
活動方針
 クラブ定款第5条に「ロータリーの目的は、意義ある事業の基礎として奉仕の理念を奨励し、これを育むことにある。」とあります。具体的にその第2項として「職業上の高い倫理基準を保ち、役立つ仕事はすべて価値あるものと認識し、社会に奉仕する機会としてロータリアン各自の職業を高潔なものにすること」を奨励しています。
 このことの実践のためクラブとして何ができるかを考え、また職業スキルを生かした地域社会での奉仕プロジェクトについても考えていきたいと思います。
計画
1. 「4つのテスト」の浸透を図る。
2. 会員企業の情報提供を行う。
3. 職業奉仕について一層深く理解できる機会を設ける。
4. 「高校生社会体験活動」を支援する。
社会奉仕委員会
委員長   長谷川 貴春
副委員長 加藤 公教
委員     岡安 哲也
       小沢 孝司
       金子 浩之
活動方針
 当委員会の基本方針は、クラブのメンバー、一人一人が地域社会に対して実践する為の、訓練と実習の場を提供することであると思います。
 その為に、地域のニーズを的確にとらえ、当クラブが実践する社会奉仕の戦略計画を作り出して、その一歩を歩み始めたいと思います。
計画
1. 地域社会ニーズの把握
2. 継統可能な社会奉仕活動の計画策定
3. 2の確固たる計画策定の為の手始めとして地区補助金を利用しての社会奉仕活動の訓練と実践
4. アイバンク事業の理解と推進
ニコニコBOX委員会
委員長   西山 富由紀
副委員長 上林 寛
委員     木島 一也
       大石 聡一
       新堀 聡

活動方針
 ニコニコBOX委員会の今年のテーマは、『Joy』。心温まるメッセージ、喜びのメッセージ、面白いメッセージ、驚きのメッセージ、体験メッセージなどを委員会メンバーが心を込めて発表し、例会を盛り上げる。寄付金は、奉仕活動の為の資金となるため、より多くのメッセージと共に寄付を募る。何れかの例会で、委員だけでなく、会員に発表を担当してもらいニコニコBOXタイムの充実を図る。より多くの方々からのメッセージ、ご寄附をお待ちしております。
計画
1. 例会にてニコニコBOXに投稿されたメッセージを委員が交代で読み上げる。
2. 4回の委員会を開催し、委員会の活性と委員相互の親交を深める。
3. ニコニコBOXで高額寄付、投稿回数の高い方に記念品を贈呈し感謝する。

国際奉仕委員会
委員長   森田 康志
副委員長 稲野辺 重紀
委員     大島 譲二
       田中 哲夫
       時田 芳文
活動方針
 「小さな、そして確かな一歩を踏み出す」ために、国際奉仕団体として、どんなミッションが求められているか、最新のロータリー情報を基に問い続ける1年にしたいと考えています。
 一昨年のネパール大地震からも、まだまだ復興は途上にあると聞きます。他にも世界には依然として、たくさんの恵まれない子供たちがおり、その自立のための支援が必要な国々も多数あります。
 引き続き国際社会に目を向け、活発な委員会活動をしてまいりたいと思います。是非とも、皆様のご理解とご協力をお願いいたします。
計画
1. ネパール地震で被害を受けた子供たちの支援
2. ネパール就学里親制度の促進
3. 国際交流協会への協力
ロータリー財団委員会
委員長   石山 洋一
副委員長 栗原 良太
委員     新井 重道
       松本 光弘
       松ア 邦夫

活動方針
 ロータリー財団は、国際ロータリーの慈善部門で、自発的な寄付のみで支えられている。その使命は財団補助金を通じてロータリアンが人々の健康状態を改善し、教育への支援を高め、貧困を救済する事で、世界理解・親善・平和を達成できるようにする事である。その為に、会員に財団の事業内容を理解してもらい、プログラムヘの関心を高めていただき、年間を通じて善意の寄付を得られるように努力する。
計画
1. 財団のプログラムをクラブ会員に理解を深めてもらう。
2. クラブと会員がロータリー財団へ寄付を行うように計らう。
3. 財団月間(11月)には財団プログラムヘの参加を呼びかけ、促進する。

米山記念奨学委員会
委員長   野澤 久夫
副委員長 福井 千秋
委員     荻野 智
       黒田 小源治
       田久保 眞理子
活動方針
 米山記念奨学会事業遂行のため、会員皆様には活動理念・意義を認識していたたき、ご支援とご協力をお願いしていきます。
 また、今年度の会長方針である『小さな、そして確かな一歩を踏み出そう』というテーマに基づき、奨学生への学業支援と、クラブでの交流を通して日本の文化や習慣に対しての理解を高め、社会参加と社会貢献の意識を育てていきたいと思います。
計画
1. 米山記念奨学生の受け入れ及び支援活動を行う。
2. 寄付行為の内容を理解していただき、米山功労者及び米山功労法人の拡大を図る。
青少年奉仕委員会
委員長   菊地 陽一
副委員長 曽根 和也
委員     今井 徹雄
       門平 忠一郎
       合田 裕章
活動方針
 次世代を担う青少年の育成は、ロータリアンの責務である。様々な奉仕活動を通じて、日本や世界の未来を背負う青少年の活動を支援し、グローバル化する世界で幅広く活躍する人材を育て上げることが重要である。そして、その活動を周囲に発信して、理解を求め、熊谷からリーダーとなる人材を生み出し、それが、ロータリーの目指す世界平和の実現の一助になると考える。
計画
1. 少年野球大会「河野杯」の主催
2. インターアクトに対する支援
3. ライラ(青少年指導者育成プログラム)のPR