Rotary Club of Kumagaya

           


ご あ い さ つ

『小さな、そして確かな一歩を踏み出そう』

 
 世界で最初にロータリークラブが生まれた1905年より後48年、この地熊谷に県下2番目のクラブとして、熊谷ロータリークラブは誕生しました。
 以来64年、先人達は熱い思いを奉仕に重ね、現在では90名の会員を擁する大きなクラブに成長しました。
 私はこの熊谷ロータリークラブが大好きです。このクラブの一員である事に誇りを持っています。本年度はRI会長及び第2570地区ガバナーの方針に沿いながら、僅か1年ではありますがクラブの舵取りを任された者としての責任の重さを噛みしめ、役員の皆様と一緒にクラブ全体で親睦と奉仕の輪を広げるべく、ワクワクしながら以下の運営に努めます。

1. 活発な委員会活動をしましょう。
クラブの基本は例会。その出席率向上はバラエティに富んだ昼食の用意された楽しめる内容の例会設営と共に、クラブとしての基礎体力を上げる為に活発な委員会活動を推進します。

2. ロータリー財団の補助金を活用してみましょう。
今年は地区補助金を活用して社会奉仕活動を行います。また、現在クラブの行っている奉  仕活動全体を再点検し、今後の奉仕活動の可能性をクラブ全体で考えましょう。

3. 最新のロータリー情報を基に“なぜ”と問いましょう。
今年からクラブ会報委員会が公共イメージ委員会に名称変更となりました。その経緯や意義、将来に向けて広報戦略はどうしたらいいのでしょうか。
 また、会員資格や制限、出席規定の緩和などロータリーは近年大きく変化をしています。なぜでしょう? 世界⇔ 日本⇔ 地区⇔ 第5グループ。その中の熊谷。全方位の動きを楽しく学び・語る機会を設けます。それはきっと熊谷の素晴らしさの再発見・新発見となることでしょう。




  会長

   福島 良浩