Rotary Club of Kumagaya

           


ご あ い さ つ

『輪人和楽』

 
 2018〜2019年度国際ロータリー会長、バリー・ラシン氏のテーマは「BE THE INSPIRATION」です。「大きなことに挑戦しようというインスピレーションを、クラブやほかのロータリアンに与えてください」と紹介されています。さらに、日本人にもわかり易くするならば「会員の心を鼓舞しワクワクさせて元気づけよう」となります。
 茂木正ガバナーの地区テーマは「想いを繋ぎ地域と国の発展に奉仕する」です。具体的な指針として@クラブのサポートと強化A人道的奉仕の重点化と増加B公共イメージと認知度の向上としています。
 さて、「神人和楽」という言葉があります。これは、「神様に温かく見守っていただいていることを感謝しながら現実を和やかに楽しく生きる」ということです。そして、私は本年のクラブの運営方針として「輪人和楽」いう言葉を造りました。ロータリアン(輪人)は感謝(奉仕)の気持ちを持ち行動し、クラブLIFEは和やかに楽しくということです。この「輪人和楽」の言葉を指針として1年間のクラブ運営を行いたいと思います。

活動計画の指標 
@和やかで楽しい例会・委員会の実施
 クラブ運営の基本は例会にあります。会員が毎週金曜日を楽しみにして参加できる例会を企画 設営したいと思います。また、和やかでゆとりのあるロータリーライフの実現にはニコニコ  BOXにあふれるユーモアが必要です。卓話は「会員の心を鼓舞しワクワクさせて元気づけよう」 をKey Wordとします。例会と委員会を通し、より一層の会員の親睦をはかり、クラブを活性 化させていきます。
A会員増強
 組織の活性化には新しい会員の増強が必要です。計画的に継続して増強に取り組みます。
 目標としては、会員を減らすことなく1名以上増やすことです。
Bロータリー財団地区補助金の活用
 昨年に引き続き「モラルアップ熊谷」を社会奉仕委員会を中心にして継続的に取り組みます。
C公共イメージの継続
 昨年に引き続きプロジェクションマッピングを使用したロータリーの認知度の向上を摸索します。 また、会報については時代に即した形への変更を考えていきます。




  会長

   大谷 公一