TRANSFORMERS


クリックして次のページへ

TRANSFORMERSは1984年、米国HASBRO社が、日本のタカラ社(現・タカラトミー)が当時展開していたオリジナルの変形ロボット玩具「ダイアクロン・カーロボット」と「ミクロチェンジシリーズ」を国内導入するにあたって、元々異なるシリーズであった両者を全く異なる設定のもと、一つの世界観として融合させたブランドです。
実在する自動車やジェット機からロボットに変形するダイアクロンと、チョロQ型のミニカーやモデルガン、ラジカセなど身の回りのものが変形するミクロチェンジとを共演させるため、HASBROは両者を再編成し、主に自動車に変形する正義側の集団オートボッツ(HEROIC AUTOBOTS)と、ジェット機等の兵器に変形する悪の軍団ディセプティコンズ(EVIL DECEPTICONS)とに二分し、彼らの活躍を描いたTVアニメやコミックを発表したのです。
これらのシリーズは米国で大ヒットを呼び起こし、翌1985年には日本でも「戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー」のタイトルで吹き替え版のアニメが放映され、玩具も発売されました。当時は、店先に元の商品であるダイアクロンやミクロチェンジと一緒の棚に、中身がほとんど同じトランスフォーマーの玩具が並んでいるといった光景もよく見られたようです。

TVアニメのストーリーは、惑星CYBERTRON(日本ではセイバートロン星)で数百万年もの昔からエネルギー資源をめぐって戦い続けてきたAUTOBOTS(日本ではサイバトロン戦士)とDECEPTICONS(同じくデストロン軍団)が戦いのさなか400万年前の地球に不時着し、現代になって復活した彼らがそれぞれ地球のメカに「変装」(このシリーズのキャッチフレーズとして、"Robots in disguise"(変装したロボット達)という言葉があります)して戦いを繰り広げるといった内容で、「主人公が操縦し、必殺技で敵メカをやっつける」パターンが主な日本のロボットアニメとは異なり、トランスフォーマーは自らの意思を持ち、人間同様さまざまな個性を持ったキャラクターとして描かれ、むしろ「ロボットアニメ」というよりはロボット達の演ずる「SFドラマ」と言った方がふさわしいものでした。
その後1986年には劇場版が公開され(日本では諸般の事情から上映されず、'89年にようやくビデオが販売されました。)、舞台を未来に移し、登場キャラクターを一新した新シリーズが始まったものの、玩具主導の番組を敵視する米国の圧力団体によって、残念ながら短命に終わりました。
しかしTVアニメの製作は日本に受け継がれ、タカラとHASBROは玩具、メディア共にそれぞれ独自のシリーズを展開させるようになりました。
そして日米ともに幾度かの空白期間はあったものの、今もなおTRANSFORMERSのシリーズはさまざまな趣向を凝らしつつ継続され、現在は第一作以来の日米合作TVアニメ「TRANSFORMERS ARMADA」(「トランスフォーマー マイクロン伝説」)から世界観を一新したシリーズが続いており、バイナルテックやロボットマスターズといった、玩具オリジナルの展開も続いています。また、米国では2007年より実写映画版が製作され、まだまだこのムーブメントは止まるところを知りません。

・・・すっかり前置きが長くなってしまいましたが、このページでは、'84年から現在までに米国で発売されていたTRANSFORMERSのアイテムを紹介していこうと思います。とはいえ、その数およそ1000体!しかもそれらは未だに増え続けているのですから、半端な道のりではありません。とりあえずは初期のシリーズから、玩具のパッケージに付属するBio&Techspec(要するにキャラクターカードです)の日本語訳と、簡単なアイテムの解説をやっていくつもりです。
それでは下のボタンからどうぞ。

Welcome to the world of the TRANSFORMERS!

TOPに戻る