その他

公証人役場では、①回復の見込みのない病で死期が迫ったときに、延命治療は止めて、苦痛を軽減する措置を執りつつ、安らかな死を迎えるための尊厳死宣言、②自分が希望するとおりの葬儀、埋葬を執り行うなど死後の事務を託す死後事務委任、③自分が発明・考案したアイディアを守る先使用権など、様々な分野、事項について、法律の専門家である公証人が、必要な公正証書の作成などの業務を行っています。

お気軽にお問い合わせください。