任意後見

高齢化社会を迎え、平均寿命は80歳を超えて、誰でも、認知症などのため財産を管理できなくなるリスクを抱えています。法律で、将来の認知症などに備えて、最も信頼できる人に財産の管理などを託す仕組みが整えられています(任意後見)。