遺言公正証書

遺言書は、自分で作成することもできますが、亡くなった後、所在が分からなくなったり、隠匿・破棄されたり、遺言者本人の筆跡、真意ではないと主張されるなどのトラブルが考えられ、民法の方式に従っていないために無効となるおそれもあります。遺言公正証書は、法律の専門家である公証人が遺言者本人の意思を確認した上で作成し、役場で原本を保管しますので、これらのトラブルを回避できる最も安全で確実な遺言の方法です。残された家族が相続争いに煩わされないためにも、公正証書で遺言をしましょう。

公正証書で遺言をする場合は、自分で書類を作る必要はありません。公証人役場でどのような遺言をしたいのかを説明すれば、公証人が公正証書を作成します。遺言者本人の印鑑登録証明書、戸籍謄本などの資料が必要です。お気軽に電話で公証人役場にお問い合わせください。