あなたの勇気で救える命があります。
「強さは優しさ」救える命を守る社会を目指して

活動趣旨 趣意書 定款 認証書 組織概要

<いのちを守る会「絆」とは?>

もし、あなたの目の前で誰かが突然倒れたら、
あなたは何をしてあげられますか?
「強さは優しさ」、あなたの勇気で救える命があります。

 命をつなぐ最後のチャンスは、ほんの数分間。
大切な人を守るために、私達が出来ることを
一緒に考えていきましょう。

 いのちを守る会「絆」は、札幌を拠点に北海道を中心にAEDの普及活動、救命に対する意識の啓蒙、
救命講習会の開催を行っています。

2.AEDとは?

 突然、けいれんを起こした心臓に電気ショックを与え、正常な状態に戻すための救命機器です。
操作は極めて簡単で、AED本体の音声ガイダンスに従うだけで、電気ショックが必要かどうかは
AEDが判断してくれます。
2004年7月より医師や救急救命士だけでなく、居合わせた一般市民も使用が可能になりました。
除細動が1分遅れる毎に、救命率は約10%ずつ低下します。多くの場所にAEDが設置される必要があります。
3.あなたにも「出来る事」があります

 1分1秒を争う事態に、
救急車の到着を待っているだけでは突然の心停止を救うことは出来ません
すぐそばにAEDがあり、そばに居合わせた人が手を差し伸べる「強さと優しさ」があれば、
私達の手で救える命もあるのです。
「救急車の要請」「心臓マッサージ(胸骨圧迫)」「AED」
私達に出来ることを一緒に学びませんか?
いのちを守る会「絆」は、街のいたるところ、すべての学校にAEDが設置される事を願い、
その重要性を訴えると共に、
見ず知らずの人同士が互いに助け合う「優しい社会」の実現を目指して活動しています。

1.突然の心停止とは?

 いつ、どこで、誰に起こるかも知れない、それが突然の心停止(心臓突然死)です。
日本では突然の心停止からの救命率は極めて低く、年間に3万人以上が心臓突然死で亡くなっていると言われています。心臓突然死の多くは、心臓のけいれん(心室細動)が原因です。
心室細動になると心臓が不規則にけいれんし、血液を全身に送り出せなくなります。けいれんを起こした心臓を元通りにする唯一の方法は、電気ショックによる早期の除細動です。

NPO法人
いのちを守る会「絆」