AED(自動体外式除細動器)
Automated External Defibrillator

AEDとは?

突然の心停止
(心臓突然死)から命を救うための機器です。
けいれんを起こした心臓に電気ショックを与え、正常な状態に戻します
(除細動)
操作は極めて簡単で、AED本体からの音声ガイダンスに従うだけで、電気ショックが必要かどうかもAEDが判断してくれます。2004年7月より医師や救急救命士だけでなく、居合わせた一般市民も使用が可能になりました。

突然の心停止(心臓突然死)

いつ、どこで、誰に起こるかも知れない、それが突然の心停止(心臓突然死)です。
悲しいことに、日本では突然の心停止からの救命率は5%以下で、年間に3万人以上が心臓突然死で亡くなっていると言われ、交通事故の3倍以上です。
心臓突然死の多くは、心臓のけいれん(心室細動)が原因です。心室細動になると心臓が不規則にけいれんし、血液を全身に送り出せなくなります。けいれんを起こした心臓を元通りにする唯一の方法は、電気ショックによる早期の
除細動です。

除細動とは?

除細動とは、主に心室細動(VF)を起こした心臓、つまりけいれんを起こして血液を全身に送り出せなくなっている心臓に電気ショックを与えてもとの状態に戻すことです。
電気ショックにより心臓のけいれんが止まり、規則的な収縮を再開しポンプ機能を取り戻すことが可能です。

迅速な除細動の重要性

突然の心停止からの救命率は、現在5%以下と言われています。
119番通報から救急車の到着までは平均約6分。心停止を起こした人に除細動が1分遅れる毎に、救命率は
7〜10%低下します。救急車の到着を待っているだけでは救命できません。そばにいる人の心肺蘇生とAEDによる除細動が必要です。
しかも、AEDは心臓がけいれんしている状態にしか使用できません。完全に停止してしまった心臓には効力を
発揮できません。1分1秒でも早くAEDによる除細動を行うためには、一台でも多くのAEDが設置される必要が
あります。