焼酎
前
次
戻る

ビール類の分類 特 徴 (国税庁ホームページから引用)
ビール
ビールとは、(1)麦芽、ホップ及び水を原料として発酵させたもの(麦芽の使用割合100%)及び(2)麦芽、ホップ、水及び麦、米等の特定の副原料を使用して発酵させたもので、特定の副原料の重量が麦芽の重量の10分の5を超えない(麦芽の使用割合が67%以上)ものをいいます。
350ml未満 350ml 500ml 大瓶 大容量
発泡酒
発泡酒は、雑酒に分類されるもののうち麦芽又は麦を原料の一部とした発泡性のある酒類です。 発泡酒については麦芽及び麦以外の原料について規定はなく、麦芽のほか、ビールと同様の原料とするもので麦芽の使用割合が67%未満のもののほか、麦芽の使用割合に関係なく、果汁、ハーブ、更には唐辛子等を原料としたもの 及び麦芽を使用せず麦を原料の一部とした発泡性のあるものが含まれます。
350ml未満 350ml 500ml 500ml超
第3のビール
350ml 500ml