本文へスキップ

新しい視点でおもちゃの活用」に取組む 

活動報告report


最近の活動 まとめ

   2018年度  2019年度
 おもちゃの無料修理  157件  191件
 おもちゃ製作講習会  2回  2回
 「手作りおもちゃ」提供  152セット  84セット
 自主技術研修会  2回  2回
 おもちゃ開発研修会  2回  2回
 会報発行  12回  11回
 広報 桐生市WEB
群馬県HP
日本おもちゃ協会
桐生タイムス
読売新聞(折り込み)
桐生市WEB(ゆい)
群馬県HP
日本おもちゃ協会
桐生タイムス
読売新聞(折り込み)


桐生おもちゃの病院活動内容  おもちゃの無料修理  


設立以来20年、修理したおもちゃは約3000件、95%超える修理成功率を誇ります。動力のないおもちゃから電子頭脳で動くロボットまで幅広く修理に商戦しています。最近は電子部品の入手ができずメーカーと修理依頼者の仲介をすることも多くなっています

桐生おもちゃの病院活動内容 手作りおもちゃ


こども対象に行う「手作りおもちゃ教室」用に作成したキットの例です。写真上左から
*サッカーぐんまちゃん:ソーラ電池で動くもの キノピーもあります
*くるくるレインボー:棒をくるっと回転させると、いろいろな形に変わります
*パタパタ:一瞬で表裏が変わります。日本の古来のおもちゃ
*タングラム:七つのパーツを君合わせていろいろな形を作るバズルです
*クリップモーター:簡単に作ることができ、モーター原理がわかります

桐生おもちゃの病院活動内容 復元作業
「アメリカン・サーカスの世界」復元2020/2)  童謡ふるさと館展示品
    住所:みどり市東町座間367−1  Tel:0277−97−3007

サーカスのジオラマ  人形の補修と作動機構の改修
動画は上のボタンをクリックしてください
 
このジオラマ(動く模型)は1970年代にアメリカで製作されました。アメリカのリングリングサーカルがクラウンカレッジ・ジャパンを日本に開校した時に持ち込まれました



桐生おもちゃの病院