競馬データ分析集







私が趣味で取り組んでいる競馬研究の成果の一部を紹介しています。


私は、競馬必勝法や有料予想などは信じていません。私が取り組んでいるのは、あくまでも過去の分析であり、事実としての結果の整理です。

競馬予想の決定打にはなりませんが、判断に迷った時には参考にする価値があります。


TOPページ 競馬予想と収支 危険な人気馬 コースの特徴分析 競馬データ分析集



■ テーマ:斤量の増減が及ぼす影響

競争馬にとって1Kgの斤量がどの程度の負担になるのか分りませんが、斤量の有利、不利が予想のファクターになることがあります。ほとんどの場合、ほかの出走馬との相対的な比較に着目しているようですが、ここでは、前走の斤量との関係に注目し、前走に比べて2Kg以上の増減があった馬の成績を検証してみました。

【集計対象】

 @ 期間:2000年〜2013年までの14年間
 A 対象レース:東京、中山、夏の福島・新潟の全特別・重賞レース(障害戦を除く)
 B 対象馬:単勝予想オッズ(又は前売りオッズ)1〜3番人気馬のうち、斤量が2Kg以上増減のあった馬

 ※ 単勝予想オッズは私が購入している競馬専門紙「研究ニュース」によります。
   他の専門紙あるいは実際のオッズを利用しても、統計的に同様の結果になると思います。
   個人的都合(地方出張等)により、数日分のデータが欠落しています。

結果(下表)をご覧下さい。比較的サンプル数が多いので信頼できるデータだと思います。斤量増減の場合の傾向が明確に現れています。JRAの控除があるため標準的な単勝回収率が75〜80%であることを前提に考えると、前走に比べて斤量が2Kg以上増加した馬は明らかに苦戦、2Kg以上減少した馬は好結果となっています。

2Kg以上の増減が生じる理由は、馬齢重量戦、定量戦、別定重量戦、ハンデキャップ戦の違いによるものでしょう。そのあたりは厩舎サイドも当然承知の上で使ってくるはずですが、予想する立場としては難しく考えず、斤量増は不利、斤量減は有利と率直に受け止めるのが良いでしょう。

斤量の増減 出走回数 勝利回数 勝率 単勝配当合計 単勝回収率
2Kg以上の増 1,017 171 16.8% 643.6 63.3%
2Kg以上の減 816 166 20.3% 787.8 96.5%

掲載テーマ

上記以外のテーマは下表のとおりです。勝ち馬の予想をしているときに、ふと疑問に思ったテーマ、あるいは一般的に予想のファクターとして取り上げられるテーマについて過去のデータを集計した結果を掲載しています。掲載順は特に意味はありません。

テーマによってはデータ数が必ずしも十分ではありませんが順次追加する予定です。データ数が十分にそろったテーマについては集計の方法を細分化するなどの工夫を加えたいと思います。掲載するテーマについても順次追加を予定しています


なお、地方出張等の理由により一年のうち数日分のデータが欠落しているなど、必ずしも完璧なデータとはいえません。ただし、概ねの傾向を把握する上では特に問題はないと考えています。ちなみにデータの情報源は、中央競馬会が公表している成績および私が購読している競馬専門紙です。




No.022  高齢馬の能力  世代間の能力比較も予想の重要なファクターです。(2014.01更新)
No.021  重賞帰りの馬  重賞帰りの馬は格上の存在と考えて良いか。(2015.02更新)
No.020  最速の上がり  前走で最速の上がりを出した馬は有力馬と考えて良いか。(2015.02更新)
No.019  前走が平場の馬  前走平場を走った馬が特別や重賞に挑戦してきた場合、軽視できるか。(2014.01更新)
No.018  前年の結果  前年の同じ重賞で好走した馬は今回も期待できると考えて良いか。(2015.01掲載)
No.017  牝馬限定戦  牝馬限定戦の出走馬のキャリアは様々で評価に悩みます。(2016.02更新)
No.016  牝馬の実力  牡馬と牝馬の混合戦の場合、牝馬の実力はどう評価すべきだろうか。(2014.01更新)
No.015  連続3連対  前走まで3戦連続して連対している馬は今回も安定性十分といえるか。(2014.01更新)
No.014  栗東坂路調教  栗東の坂路調教で好タイムを出した馬は期待できると考えて良いか。(2014.02掲載)
No.013  パドックでの評価  パドック解説者の推奨馬とそれ以外の馬の成績は違うのだろうか。(2015.02掲載)
No.012  馬体重減の反動  休養明け初戦で馬体重が減少していた馬の次走は反動がないか。(2015.02掲載)
No.011  重め残りの判断  前走に比べて体重が増えている馬は重め残りとみるか充実とみるか。(2014.03更新)
No.010  ダート戦の小型馬  一般にパワーを必要とするダート戦では、小型の馬は不利か。(2015.02更新)
No.009  故障休養明け  休養理由が故障の場合の鉄砲駆けは期待できるだろうか。(2014.02掲載)
No.008  休養明け初戦  休養明け初戦の馬は割り引いて考えた方がよいのだろうか。(2015.02更新)
No.007  鞍上弱化  有力騎手から実績の少ない騎手への乗り替わりは不安材料か。(2014.01更新)
No.006  鞍上強化  実績の少ない騎手から有力騎手への乗り替わりは期待できるか。(2014.01更新)
No.005  距離実績なし  同一距離で好走した実績がない馬は期待薄と考えて間違いないか。。(2014.02掲載)
No.004  コース実績なし  同一コースで好走した実績がない馬は期待薄と考えて間違いないか。(2014.01更新)
No.003  前走惨敗馬  前走が二桁着順に敗れた馬の巻き返しは期待できるか。(2014.01更新)
No.002  前走惜敗馬  前走、ハナ、クビ、アタマ差の惜敗は、今度こそ勝機到来か。(2013.12更新)
No.001  前走僅差の勝利  前走、ハナ、クビ、アタマ差の勝利後の一戦は苦戦だろうか。(2015.02掲載)