建設工事請負契約書作成代行 クーリング・オフ対応!


会社設立のトップページプロヒール&会社設立の費用会社設立の仕組メール



  建設工事請負契約書作成代行 クーリング・オフ対応


 建築・建設工事請負契約書作成代行

最新法律改正対応の建築・建設工事請負契約書作成代行

建築・建設工事契約書では契約内容の決定するにあたり工事依頼者と細かな事項を打ち合わせなければなりません。
この契約のときに決定する事項が多くなりますと、建設工事請負契約書の作成ミスが発生する可能性があります。

このミスがクーリンオフをまねくのです。しかも、クーリングオフ期間8日経過後であってもクーリングオフとなります。
建設工事は工事代金が高額ですので、工事途中や完了後にクーリング・オフされますと損失が甚大になります。
建設工事の請負契約は、特定商取引法をしっかり理解した上で行なうことが重要です。

建設工事請負契約書を作成するうえでの注意点

建設工事請負契約書は特定商取引法が適用されますので、クーリング・オフ条項を必ず契約書に盛り込む必要があります。

また、特定商取引法は頻繁に法律改正や省令改正がなされますので、その対応にも注意が必要です。

建設工事請負契約書作成代行 クーリング・オフ対応


  クーリング・オフ対応建設工事請負契約書作成代行

クーリング・オフ対応建設工事請負契約書の作成は、特定商取引法、民法、商法、消費者契約法、割賦販売法等の法律スキルが必要です。





  特定商取引法とは

特定商取引法

建設工事請負契約では契約相手が消費者である場合、特定商取引法が適用されます。

この特定商取引法が適用される場合、クーリング・オフに対応する建設工事請負契約書が必要です。

クーリング・オフに対応する建設工事請負契約書は、記載事項にミスがありますとクーリング・オフ期間である8日以降でもクーリング・オフます。
つまり、請負代金を全額返還しなければなりません。しかも、工事が完了した後でも全額返金です。

クーリング・オフに対応する建設工事請負契約書

 ・クーリング・オフに対応する契約書
 ・クーリング・オフに対応する契約書

クーリング・オフに対応する契約書


 クーリング・オフに対応するリフォーム工事請負契約書

クーリング・オフに対応するリフォーム工事請負契約書は、クーリングオフ・トラブルを防ぐのみならず、工事代金の返還をしないで済むように法律を完璧にクリアした契約書です。





                                                                会社設立のトップページ

  
CopyrightショッピングカートSEO対策機能付きAll rights reserved.