クーリングオフに対応する契約書作成代行


会社設立のトップページプロヒール&会社設立の費用会社設立の仕組メール



  クーリングオフに対応する契約書作成代行


 クーリングオフに対応する契約書


クーリングオフ対応契約書
特定商取引法は、年々規制が厳しくなっています。このため契約締結手続に関して事業者の負担が増しているのが現状です。
契約書の作成ミスにより、クーリング・オフ期間の8日を過ぎてもクーリング・オフを行使されることも多数見受けられます。
そのため、消費者との契約トラブルを予防する手段が必要です。
対抗手段があります。それは、クーリングオフに対応する契約書を作成し有効に活用することで、裁判紛争を回避することが出来ます。
クーリング・オフに対応する契約書は、消費者とのトラブルを未然に防ぎ、トラブル解決を有利に導くことができます。

クーリングオフとは
クーリングオフとは、訪問販売や電話勧誘販売により、商品販売・役務サービスの提供の申込み契約をする場合に、購入者に冷静に熟慮する期間を8日間与えるものです。
クーリングオフをさせなせないための契約書を作成するには、クーリングオフを規制している特定商取引法の知識が必要です。 その他に、民法債権編、消費者契約法、割賦販売法などの知識が必要になります。



 クーリング・オフに対応する契約書

クーリングオフに対応する契約書を作成するためには、特定商取引法を読み込まなくてはなりません。事業者が作成する契約書には不備が多く。 後日、クーリングオフ・トラブルが発生することがあります。
契約書は唯一の証拠となりますので、契約書の条項のみでクーリング・オフできるかどうか判断されます。




 訪問販売契約書

訪問販売について
以前は、訪問販売を規制していた法律を「訪問販売法」といいました。しかし、訪問販売以外の広範囲の消費者取引を規制する趣旨を包含した特定商取引法という名称に改められました。 訪問販売は、店舗・営業所以外の取引を規制しています。

特定商取引法
 ・営業所以外の消費者取引を規制する法律
・警察は特定商取引法違反では微罪なために、詐欺で立件する傾向にある。

契約書作成報酬6万6千円〜


 クーリング・オフ対応契約書の作成方法・仕方

クーリング・オフに対応する契約書は、特定商取引法により記載事項が定められています。





クーリング・オフに対応する契約書作成代行
                                                                会社設立のトップページ

  
CopyrightショッピングカートSEO対策機能付きAll rights reserved.