「Pneuma」真気ヒーリング協会

トップページへ戻る

プロフィール

木下 晴哉(きのした せいや)- Seiya Kinoshita

真気ヒーリング協会Pneuma 代表


人間心理、言語心理学、催眠療法、波動療法、ホリスティック療法、整体、気功などを学び、30年以上の歳月をかけ独自のヒーリングメソッド「真気ヒーリング」を確立。

親子問題から夫婦問題、仕事や人生の悩み、ガン患者、うつ病患者、経営者にいたるまで、クライアントの抱える悩みや問題を、ヒーリングセッションで、述べ7,000人以上改善してきた。

30年超のキャリアと、述べ7,000人以上のセッション経験を活かし、講座やワークショップも精力的に開催中。

経歴

栃木県出身

10代後半から精神世界や武術や気功などに興味を持ち、中国武術の師より、気功・太極拳・八卦掌・形意拳を学ぶ。

20代後半、瞑想をおこなっている時に、途方もない神秘的なエネルギーに包まれ、内側と外側の分離感が消失し、宇宙との一体感、ワンネスを体験。

医療機器事業部に勤務。

その頃から対処療法としての医療にたいして疑問を持ち始め、東洋医学や自然療法やホメオパシーなど医薬品だけに頼らないホリスティックな療法を勉強し始める。

イギリスやドイツでおこなわれている波動療法に興味をもち、生体エネルギー波動治療機器「ラジオニクス」を試作。

1983年、インド伝統医学アーユルヴェーダの鉱物療法を学ぶ。

1985年、台湾へ渡り、台北大学で武術を指導している劉老師より、中国武術と気功を学び、師範の資格を取得。

1986年、栃木県内に中国武術気功の道場を開設。

1990年、市民講座で太極拳や気功を教える。

1993年、僧侶の遠藤喨及氏より気を用いた経絡療法を学ぶ。

1995年、医学博士の井本邦昭氏より井本整体を学ぶ。

2008年、真気ヒーリング協会 Pneumaを設立


※Pneuma(プネウマ)とは古代ギリシャ語で、存在の原理、呼吸、生命エネルギー、超自然的な力を意味する。


協会の理念と規約

真気ヒーリング協会の設立と理念と目的

真気ヒーリング協会「Pneuma」では、レベルの高いヒーラー・整体師・セラピストを育成することを協会理念とし、講座を受講された方が安心して営業活動ができるように、管理運営体制を整えるために設立いたしました。

真気ヒーリング協会は、ヒーリングが社会的に意義あるものとして、人々の心身の健康と幸せに貢献できるよう、健全で優良な形の高水準のヒーリングを日本に普及発展させることを目指しています。

名称 真気ヒーリング協会Pneuma
本部 兵庫県神戸市
代表 木下 晴哉(きのした せいや)

資格認定、称号について

真気ヒーリング協会の各種講座の資格授与の目的とするものは、援助を必要とする個人または組織のための有能で倫理的なヒーリング療法の実践家を育て、ヒーリングを社会の必要に広く役立つ自然療法のひとつとして確立していくことにあります。

真気ヒーリング協会「Pneuma」では、以下のように称号を定めています。

真気ヒーリング養成講座を修了し認定された方は「真気ヒーリングマスター」の称号を授与します。

真気リペアヒーリング1日講座を3回受講し、認定された方は「真気リペアヒーラー」の称号を授与します。

真気ヒーリング整体を修了し、認定された方は「真気ヒーリング整体師」の称号を授与します。

真気リペアヒーリング1日講座について

「真気ヒーリングマスター」は、真気リペアヒーリング1日講座をインストラクターとして開催することができます。

各認定者は個人事業主として自身でビジネスを管理・推進しているもので、料金収受などを含め、すべてそれぞれの責任で行っています。このため、クレームなどは、認定者とお客様との間で解決していただきます。

真気リペアヒーリング1日講座は「真気ヒーリングマスター」の資格を持っている方ならば、誰から習っても相違はありませんが、真気リペアヒーリング認定証を申請する場合は、できるだけ同じ講師から3回受講するようにしてください。

講座及びヒーリングの料金
「Pneuma」で定めている料金設定は以下の通りです。

・真気リペアヒーリング1日講座
30,000円(4~5時間)

・真気リペアヒーリング認定証申請
10,000円
(真気リペアヒーリングの認定証は真気ヒーリング協会から発行いたします)


個人情報保護の規約


真気ヒーリング協会「Pneuma」は、個人情報保護の重要性を認識し、個人情報保護に関する法令を遵守しています。

個人情報の定義

個人情報とは、お客様個人に関する情報であって、当該情報に含まれる住所、氏名、電話番号等によって、特定の個人を識別することができるもの(他の情報と容易に照合することができ、それにより特定の個人を識別することができるものを含む。)を指します。

第一項:個人の権利の尊重

氏名、住所、電話番号、メールアドレス等の個人を特定することができる情報は、個人のプライバシーに関わる重要な資産であり、「Pneuma」はこの認識のもと、個人の権利を尊重し、個人情報保護法の規定を遵守いたします。

第二項:プライバシー保護

「Pneuma」は、お客様からお預かりした個人情報を、法的な正当な理由のある場合を除き、いかなる第三者にも開示はいたしません。
お客様からお預かりした個人情報はご連絡いただければすみやかに削除させていただきます。
また、お客様からお預かりした個人情報は一定期間後にすべて削除いたします。

第三項:個人情報管理体制

収集した個人情報の正確性及び安全性を確保するために、物理的・電子的な管理制限を設けた保管場所で管理を行い、情報セキュリティ対策をはじめとする安全対策を実施し、個人情報への不正アクセス、漏洩又はき損を防止し安全性の確保に努めます。

第四項:運営体制

「Pneuma」は、いかなる宗教団体・思想団体とも一切関係がございません。