ポーテンシー?・・・って?


ポーテンシーとは、レメディーを作るときに希釈震盪した回数を表しています。

「・・・・・?」という反応が返ってきそうなので、さらに
『じゃあ、ポーテンシーを表記するのにどんな意味があるのか』というと、レメディー作用の強弱と理解したほうがわかりやすいかもしれません。

一般36種キットのレメディーは30cですが、30cとは、100倍希釈法を30回行ったということです。
単位のcとは、ラテン語で100を意味するCenturia(=Century)の頭文字で、100倍希釈法を表しています。

100倍希釈を30回行ったということは10の60乗倍希釈を意味し、この希釈レベルはアボガドロ総数の限界希釈「10の24乗倍希釈」をはるかに超えていますから、原物質はすでに何もありません。

希釈回数が多くなればなるほどポーテンシーは高くなり、ポーテンシーが高いほどその作用が深くなると言われています。


           ●ポーテンシーの低〜高の順序と主なポーテンシー●

低 3X、9X、12X → 6c、12c、30c、200c、→ 1M、10M、50M、CM、MM
 

*単位のXは10倍希釈法を表し、Mは100万倍希釈法を表す。