GELSEMIUM SEMPERVIRENS
(黄色ジャスミン) 
ジェルセミューム 
                       右側、左側

 

悪化:感情、ぞっとするような恐怖、ショック、春、蒸し暑い多湿な状態、太陽、夏の  

   暑さ、雷雨の前、冷たい湿気、悪い知らせ、試練、周期的、タバコ、生歯

 

好転:多量の排尿、発汗、震え、アルコール、精神的努力、体を前に曲げる、目を閉じ  

   る、外気

 

精神症状:臆病なので、新しい状況へのプレシャーが重くのしかかり、心配で麻痺する

   意思が欠如し、筋肉が思いどおりに動かない

   自制心を失うことが怖い、静かにしていたいと思う、邪魔されたくない。

 

総体症状:鈍い、うとうとする、ふらふらする。視覚障害、多尿

   特に足が重い

   熱があるのに、のどのかわきがない。

   震え、衰弱からの震え:体を支えてほしいと思う

   ぞっとする恐怖から声を失う、または麻痺する

   インフルエンザ以来体調が優れない

   透明で水のような多量の排尿によって、頭の重いかんじや鈍さ、目の痛みやよく  

   見えない状態が改善

 

身体症状:頭痛や視覚障害

   紅潮または暗い赤色でぼうっとした顔

   思い垂れ下がったまぶた

   頭痛は後頭部や首から始まり、頭全体に広がる

   額と目のズキンズキンするはれつしそうな痛み


*その他のインフルエンザレメディー特徴

@EUP-PER・・・骨が折れるような痛み

ABRY・・・わずかな動作で悪化

BRhus-T・・・筋肉痛、除除に動くと好転

CBap・・・敗血症、混乱している、悪臭のある息