高熱が出たときのレメディー

38度以上(平熱より1.5度以上の発熱)があり、
状態が苦しい場合にとります。
熱はウィルスや菌等を排出するなど、目的があって出ていますからむやみに下げればいいというものではありません。体が排出したいものを出し切ったとき、自然に下がります。

以下のレメディーは高熱で苦しいときに熱を1度くらい下げてしのぎやすくしたり、41度以上になる危険や髄膜炎になる危険を回避するためのものです。レメディーは高熱を緩和するものであり、解熱のレメディーというのはないのです。
それを念頭におき、熱が上がったり下がったりを繰返しても、怖がらずに落ち着いて対処しましょう。

*基本的にキッズトラウマキットのレメディー対象なのでポーテンシーは200cですが、30cでも選択は同じです。30cは効き目がやさしいので様子をみながらリピートしてください
レメディー名をクリックすると、くわしいマテリアメディカが参照できます。

@一番初めにとるのは、ACON(アコナイト)200cです。

発熱から24時間以内の場合に特に有効です。1粒とり、15分後に熱を測り、変化がなければAに進みましょう。

A次にとるのはBELL(ベラードナ)200cです。

顔が熱く、赤く、目がウルウルしている、頭で脈がボンボンと波打つようなかんじ、機嫌が悪いなどが特徴。1粒とって5分して熱を測り、まったく変化がなければもう1粒リピートします。5分後に再度測定しても変化がなければBへ進みます。

Bここからは症状別です。

A:
STRAM(ストロモニウム)200c
39度以上の熱がつづき、見えない何かを見て恐怖におののき、うわごとを言う。ぼーっと目の焦点が定まらないかんじ。
熱性痙攣を起こしたことがある。

B:OP(オピウム)200c
39度以上の熱がつづき、呼びかけても無反応、ぐったりと眠り続ける。ただし顔だけ熱い汗をかいている。麻酔薬やモルヒネなどを取ったことがある。


C:CUPR(キュープロム)200c
呼吸が苦しそう、熱性痙攣を起こしそう。手が痙攣している。痙攣を起こしたときには、下唇と歯茎の間にレメディーをはさみこんでください。


D:GEL(ジェルセニウム)200c
寒気がしてブルブルとふるえが止まらず、骨や筋肉がマヒするような痛み。頭も四肢も重くだるい。のどが渇かないのに、多量の排尿。インフルエンザかも知れないと思うとき。

E:
PYROG(パイロジェン)200c
39度以上の高熱が続いているにもかかわらず、ベラベラとよくしゃべり、動き回ってうるさい。高熱なのに熱い風呂に入りたいと思う。感染症にかかりやすい傾向にある。下痢をしている。40度以上になったらぐったりしていてもパイロジェンを必ず上げましょう。ホメオパシー版抗生物質なので、敗血症、髄膜炎を予防します。

F:PULS(ポースティーラ)200c
朝になると熱が下がるのに、また夕方からしだいに上がり、夜中に高熱になるを繰り返す。気管支ぜんそくやアレルギーがある、または中耳炎によくなる甘えんぼのお子様に。

G:
CARC(カシノシン)200c
39度〜40度以上の高熱が続き、なかなか下がらない。ホメオパシーを始める前はずいぶん薬を取った。予防接種をたくさんした。普段から免疫力が低いと思う。パイロジェン同様に敗血症や髄膜炎、感染症を予防しますからパイロジェンをとっても症状に変化がないときにとるとよいでしょう。