こんにちは岩下整体院です 
トップページ                

はじめての方はこちら

地図・料金
Q&A
院長ってどんな人?
横寝は今すぐやめなさい

自家産はちみつ&
ローヤルゼリー

しいたけ
薬草ウマブドウ
ブログ
メール
リンク集
手作りと健康の本屋さん
 
私の惚れた薬草「ウマブドウ」 焼酎漬け用の実の収穫適期(8月から収穫できます)

収穫適期の実(緑色)

収穫遅すぎ(紫色)


収穫遅すぎ(白色)


虫食い(実が変形)
  私とウマブドウの最初の出会いは昭和58年11月農文協出版の「現代農業11月号」に磯常光氏のウマブドウの記事が掲載されたときからです。

  さっそく家の近くにあった「ウマブドウ」と思われるものを磯さんに送り、鑑定してもらいました。それが本当のウマブドウだといわれ、すぐに実を採集して焼酎漬けを作りました。

  3ヶ月経ってから飲んでみたり、つけてみると記事のとおりの効果がありました。それから毎年多い年は1.8リットルびんで50本ぐらいの焼酎漬けをつくって、自分や家族・兄弟などと利用してきました。

  子供用には秋に枝を取り、3cmぐらいにきざみ、子供が具合が悪かったり、風邪をひいた時に煎じて飲ませてきました。そのせいか、家族そろって大きな病気をしないで今日に至っています。

  一度父と栃木県の大田原市へ磯さんを訪ねていきました。また長野県の武石村で開催された「長野県集会」で事務局の村上さんの話を聞いたり、テレビ「情報ソースがきめて」に出演したり、実のとれない人に実を送ってやったり、身近な人におしえたりして20年経ちました。

  副作用もなく、とても良い薬草だと思います。本には効能が書いてありますが、、特定の病気や病状に効くのではなく、人間のからだを本来の姿にする、言い換えれば免疫力を高める、生きる力を強める、そんなはたらきがあるのではないかと思います。

  興味のある方は、ぜひ利用してみてください。お問い合わせはみつばち整体院へメール・FAXでお願いします。

焼酎漬けの作りかた
 収穫適期の実350g〜400gを35度の焼酎1.8リットルに入れ、3ヶ月おく。  
 1年ぐらい置いたほうが味がまろやかになる。

  薬草「ウマブドウ」について詳しく知りたい方は
      こちらをご覧下さい。

トップページ