ピアノの調整には、主に調律、整調、整音、修理などがあります。
特に整調は、アクション、ダンパーの調整だけで36工程あり、その中で今回は主な工程を紹介します。
.
 鍵盤ならし 88個の鍵盤の高さを基準寸法に均一にそろえる。
厚さ0.03mmまでのパンチングの出入りを行う、タッチの土台作り。
 鍵盤あがき 白腱、黒腱の深さを約10mmに均一に揃える。
不揃いだと我々がデコボコ道を目隠しで歩くのと
同じように演奏者が非常に弾きにくくなる。
 ハンマーならし 弦とハンマーの間隔(打弦距離)を約46mmに揃える。
タッチの重さや音量を左右する重要な作業である。
 スプリング調整 打弦したハンマーが次の打弦に備えるためのバネの調整。
ハンマーが一秒間に約12回、素早く連打できるようにする。
 ジャックの高さ調整 鍵盤を押した力をハンマーに無駄なく伝達する為の重要な作業。
ジャック前後調整とセットで0.1mm 単位の調整、
トリルと言う奏法に影響する。
 ドロップ調整 ハンマーが弦を打つタイミングを一定に揃えます。
ピアニッシモの出具合や弾きやすさに影響します。
 整  音 整音とはその楽器の輝きと、生まれながらの性格、音色を引き出す作業。
1.ハンマー針刺し = ハンマーの弾力を調整して正しく発音するようにする。
2.ファイリング = ハンマーの形を整える。#80番から#1000番の
           どのペーパーを使うかで音色が変わる。
 調  律 約230本の弦の音程を正しく合わせる。
1本1本の発音、伸び、輝きをそろえ、ピアノ本来の可能性を引き出す。
 掃  除 鍵盤をはずして、ピアノ内部のほこりを取り、ピンを磨く、
ほこりは湿気を呼び込み、サビやカビ、シミを発生させます。
 鍵盤調整 フロントピンやバランスピンを磨き、鍵盤の調整により動きを滑らかにし、
動きやすくします。なめらかなグリッサンド奏法も可能にします。
 ペダル調整 3本の各ペダルが正確に作動し、効果が得られるよう調整します。


私の調律カバンの中身は、専用工具はもちろん、ホームセンターで買い求めた市販品、そして手作り品などで約10キロの重さがあります。調律の専用工具を扱っている店は、浜松市と東京にしかなくとても不便です。でも壊れたり、無くしたりしなければ一生物ですので、きっと店は儲からないのでは・・・
.
 調律工具 チューニングハンマーをメインに弦の振動を止めるウエッジ類
(木、ゴム、フェルト)等。またA=440Hzの音叉も必要です。
また基音(ラ)の音を取る音叉(おんさ)も必要です。49A=440Hz
(鍵盤の左から49番目のラの音)が国際基準ピッチです。
NHKの時報、ポッポッポ、ポーンの音です。
 整調工具 主にアクションやダンパーの約36工程の調律に必要な専用工具類。
ほとんどが金属で作られているので、とても重い!!
0.1mm単位の精度を要求するわりにはゴツイ!
調整は家を建てるがごとく、土台、柱、屋根と
進めていくように例えられるます。
調整の順番が違うと「なんでこうなるの〜?」と言うことになります。
 整音工具 ハンマーにハリを刺すためのピッカー類、
ハンマーを整形するための様々な番手のペーパー類。
一度針を刺したり、削ったりすると元に戻ることはないので、
慎重に慎重に・・「ハンマーの身にもなれと」と手に針を刺された
技術者もいたが、さぞ痛かったことでしょうね。
 修理工具 オーバーホール等の大きな修理から、弦の交換や小さな部品の
交換など、様々な工具が必要だが写真は弦の張替え工具類。
道具は、早く、きれいに、しかも安全に作業するために不可欠です。
体が資本ですから、怪我をしないように気をつけています。



 ピアノ調律専門家 佐藤政行 ピアノ工房ハーモニー
 〒020-0115 岩手県盛岡市館向町25-10 TEL:(019)654-3184
 e-mail 

Copyright (C)2006 Harmony. All Rights Reserved