.

○ピアノは木材や毛織物、金属など湿気に弱い材質で出来ています。
 したがって部品の膨張で動きが悪くなったり、サビたりします。


【具体的には・・・】
  • 鍵盤が下がったまま戻らなくなる
  • 弾いても音が出なくなったり、小さいと感じる
  • 鍵盤から手を離しても音が止まらない
  • 木部やフェルトにカビ、金属部にサビが生じる
  • ミシミシ、ギシギシという、きしみ音が出たりする
このように湿気は大敵です。放置しておくと、ピアノの寿命が短くなってしまうので早めに調律師に、ご相談ください。だからと言って乾燥のし過ぎもよくありません。ピアノの最適な湿気は、冬季35%〜65%、夏季は40%〜70%とされています。

.

○ピアノにとって適当な冷暖房の方法は、温度湿度の急変がない
 穏やかなものであれば、特定のものはありません。

ピアノの置き場所は、人が快く住める範囲であれば問題はありません。温度は15℃〜25℃が標準とされています。注意点として、冷たい部屋をストーブで急に温めたりすると、ピアノの金属部(弦、チューニングピン、フレーム)に結露が発生しサビの原因となり、湿気の多い症状がでます。

またストーブの熱やエアコンの冷気が長時間直接ピアノにあたっていると、外装の反りやひび割れの原因となります。ピアノの音は、大いに狂いやすくなりますので避けてください。ピアノの状態によっては、除湿機や加湿器などの必要もありますので、詳しくは調律師にご相談下さい。

.

○鍵盤の上にコーヒーをこぼした位では、
早く手当てをすれば故障も起きず、後遺症も残りません。


ピアノの内に水が入ることは大きな問題です。サビ、木や布地の膨張、虫食いの原因など面倒なことになります。できるだけ早く調律師を呼んで適切な手当てをしてください。また、鍵盤のすき間に物を入れたり、シールを貼ったりした場合も処置をお任せください。

鍵盤のお手入れは、水で硬くしぼった柔らかな布で汚れをふき取ってください。シンナー、ベンジン、アルコールでは拭かないでください、溶けたり、ひび割れたりします。

.

○長年調律をしてなかった場合、通常の調律よりも時間も費用もかかりますが、2〜3回連続して行うと元の調子を取り戻します。

ピアノは使われなくなると惨めなものです。しばらくの間でもチヤホヤと使われていた時、家庭内文化財としての夢がありました。それが何かの拍子でぱったり使われなくなって10年以上。何かのはずみでピアノに思いが及んだとき、調律をお勧めいたします。ピアノは九分九厘生き返ります。

ただ10数年という年月を考えると、音の狂いの他に何らかの被害がある可能性が高く、回復のための時間と費用が必要になってきます。

.

○ピアノの内側は調律師、外側はご家庭でお手入れして下さい。

黒い艶出し塗装のピアノは、ホコリや汚れが目立ちます、まずホコリは手バタキや柔らかな布で軽くふき取ります。力を入れすぎると、スリキズになるのでご注意ください。次に、汚れは柔らかい布に水をしみ込ませ固くしぼって拭き取ってください。

 乾いたら専用ワックス(水性、固形、ムース、木目用)を外装に塗りむらなくふき取ります。このとき、一度に全体を塗るのではなく塗る面積を小さくし、数度に分けて行うときれいに仕上がります。市販の化学雑巾や家具用ワックスはお避けください。
 ハーフカバーをかけるとお部屋が明るくなり、ホコリも目立たなくなりますのでお勧めいたします。





 ピアノ調律専門家 佐藤政行 ピアノ工房ハーモニー
 〒020-0115 岩手県盛岡市館向町25-10 TEL:(019)654-3184
 e-mail 

Copyright (C)2006 Harmony. All Rights Reserved