飯田市勤労協 労館

活動報告タイトル  2017年度の活動報告はここから

第90回飯伊地区メーデー開催される
 
 会場をエスバードに変更をして第90回飯伊地区メーデー開催されました。
 「働く者の連帯で、ゆとり、豊かさ、公正な社会」を実現し、自由で平和な世界をつくろうを、スロ‐ガンに
 ◇すべての働く者の賃金底上げを
 ◇なくそう長時間労働◇働く者のワークルール実現
 ◇東日本大震災と被災地を忘れない
 ◇核兵器廃絶と世界の恒久平和実現
 ◇生活困窮者の自立と就労支援実現
 ◇人権が尊重される社会実現!
のサブスローガン、メーデー宣言を採決し、DVDコンテスト、お楽しみ抽選,など行われその後、街宣活動により「労働者保護ルール改悪に断固反対!」「働く者のワークル―ル実現!などを訴えました。

 勤労協ではDVDコンテストに参加しましたが入選を逃しました。
 労福協活動のフードバンク(食品ロス削減、生活困窮者支援)フードドライブに参加者が食品の持ち込み協力を行いました。
写真説明
放置自転車回収作業 実施
 
 4月28日飯田線各駅での放置自転車の回収作業を実施しました。
 
写真説明
2018勤労協会長杯マレットゴルフ大会開催
 
去る3月24日に、新春開幕戦「飯田市勤労者協議会会長杯マレットゴルフ大会」が開催されました。
 小春日和の晴天に恵まれ、今田平ゴルフコースには58名の参加者が集合し、27ホールストロークプレイで競技が行われました。
 下平勝煕大会長の開会式挨拶から始まり熱戦が繰り広げられ、特に女性部門では接戦でプレーオフ2ホールが行われ優勝者が決定しました。
 成績順位は南信州新聞に掲載されました。
2019マレット大会
クリーン作戦で80袋を回収
 
 3月10日に開催された恒例の『松川・アップルロードクリーン作戦』では、鼎地区・東野地区・松尾地区の会員が総勢63名が参加し80袋を回収することができました。
 各地から集められたごみは、鼎防災センターで金属資源等の分別作業を行い、飯田市に回収を依頼しました。
クリーン作戦
鼎支部 まちづくり委員会との懇談会
 
 2月15日鼎公民館にて鼎地区まちづくり委員会との懇談会が開催されました。

 松尾副会長より住民アンケート結果の報告がされ、続いて川口事務局長より重点要望項目として
①緊急事態時における避難経路の周知について
②緊急事態情報の伝達方法について
③緊急事態時の弱者対策について
 の3項目を要望・提案し、質疑応答を行いました。

 懇談会の後、すき焼きでの懇親会でさらに意見交換を行うことができました。
懇談会風景
東野支部感謝祭(蕎麦食いまつり)
 
 恒例の東野支部の感謝祭が開催されました。

 支部会員による地場で栽培したそば粉の手打ち蕎麦と、秘伝の北海道産の昆布とトビウオの出汁で作られた絶品の「つゆ」で旬な蕎麦を肴に懇親を深めました。
そば打ち
扇町公園の清掃と蒸気機関車SL-D51の点検
 
 12月に入り落ち葉が目立つ扇町公園の清掃と落ち葉の回収を、12名の会員が参加して行われました。

 引き続き国鉄OBの会員による蒸気機関車SL-D51の点検し、報告書の作成を実施しました。
D51清掃
労福協生涯サポート研修会
 
 去る11月26日に第2回生涯サポート研修が勤労者福祉センターにて開催され、勤労協、連合、労金,全労済から101名の参加者がありました。

 講師は日興アセスマネジメントの森豊氏による「超低金利時代の資産作り」をテーマの講演に会員の熱心な聴講が行われました。今回の研修をきっかけに、資産運用について理解を深め、老後に向けた資産づくりの選択肢を増やすことができる認識が生まれました。
研修風景
第21回勤労者まつり開催される
 
 「勤労感謝の日」の祝日に飯田市勤労者福利厚生事業「第21回飯田勤労者まつり」が、飯田勤労者福祉センターにおいて開催されました。

 第2飯田荘建設工事のため駐車場が制限される中でしたが晴天にも恵まれ3500人以上の入場者で賑わいました。
 併せて第39回飯田市技能勤労者褒賞授与式が開催され14名の方が受賞しました。

イベントでは
  医師、栄養士による無料健康チェック
  親子ふれあい木工教室
  親子ふれあい紙細工教室
  そば打ち体験教室
  竹細工紙細工おもちゃ作り
  労働相談、職場のストレスチェック
  囲碁将棋大会
  学校保育園病院の
      給食フェアと試食コーナ
  建築士による住宅相談、
      ペーパーークラフト作り
  住宅、不動産相談
      (優良情報アドバイス)
  ミニSL乗車コーナー
  バザー、フリーマーケット
ほか多彩な出店で賑わいました。
2018勤労感謝祭
勤労感謝祭で鼎支部フリマ出店
 
 11月23日に開催された勤労感謝祭で鼎支部として、恒例のバザー、会員耕作の野菜、五平餅の販売を行いました。

 今年は、開催時間が短時間ということもあり売れ残りが心配されましたが、完売できました。
鼎支部
飛騨古川と杉原千畝記念館 研修旅行
 
 飯田市勤労協では去る10月28日に飯伊勤労連勤労協連との共催で各単協からの参加者を募り交流と研修旅行を実施しました。

 岐阜県古川市の街並み保存事業と伝統芸能保存伝承事業の視察および八百津町の杉原千畝記念館において歴史的偉業を成し遂げた先人の足跡を学びました。
飛騨旅行
JR元善光寺駅駐輪場の維持管理作業実施
 
 飯田市勤労者協議会 会長 下平勝煕は、9月16日(日)JR飯田線 元善光寺駅駐輪場のペンキ塗りを実施 しました。
 勤労協ではこの間、市民の地域公共交通の利便を図ろうと、JR及び飯田市の協力を頂き、JR飯田線各駅に駐輪場を設置し管理しております。
 近年は、車社会の中で、社会人の駐輪場利用は減少したものの、学生には多く利用頂いております。
 駐輪場の管理は、ペンキ塗りや清掃作業、放置自転車対策などです。放置自転車が常態化しておりマナーの徹底と啓発も同時に行っております。
善光寺駅駐輪場の維持管理作業
鼎支部切石妙琴公園公園美化活動
 
 鼎支部で切石妙琴公園公園美化活動が実施されました。
 会員参加者23名の作業前のミーティングでは、今季勇退される佐々木会長からの挨拶のあと、木下切石支部長からの報告連絡のあと作業開始され、行楽客で賑わう松林のなかでの下草刈りの刈払い機のエンジン音が響き渡っていました。

 当日は気温が35度を超す厳しい作業環境ではありましたが、無事に予定されたツツジの植栽エリアの下草刈りが行われました。
写真説明
飯田地区労福協2018年度大会開催
 
 去る6月29日に飯田地区労福協「2018年度第16回定期大会との生涯サポート研修会」が勤労協会員を含め、約100名の会員の出席さて開催されました。

 生涯サポート研修会では飯田市赤十字奉仕団の協力で、救急蘇生方法とAEDの取り扱いの実地研修を、人体模型を4体を使用して受講しました。
写真説明
日本勤労協関東甲信越ブロック大会開催される
 
 第28回日本勤労者協議会連合会関東甲信越ブロック大会が6月24~25日両日にわたり新潟県弥彦村で開催されました。
 全国から90名の役員と代議員が集結し、飯田市勤労協からは5名の代議員が出席しました。

 第1日目の全体会議と分散会と第2日目の講演会において活発な討議が交わされました。
写真説明
鼎支部定期大会開催される
 
 第65回鼎勤労協定期大会が6月3日に鼎上山区民センターで開催されました。
小西さん(上山)の議長により2018年度活動方針、予算案を原案通り承認され新年度がスタートしました。

 大会終了後の懇親会に先立って、来賓でもある牧野光朗市長より「市政経営の方向 ~20地区で「田舎へ還ろう戦略」に取り組もう~」など30年度の取組について詳細な説明をいただきました。

また、下平市勤労協会長、小島康晴県議をはじめとする多くの来賓の方々からの祝辞を頂き小島県議の乾杯により懇親会で懇談を深め合いました。
写真説明
2018年度飯田市勤労者協議会定期大会開催
 
 去る6月1日に飯田市勤労者福祉センターにおいて「2018年度飯田市勤労者協議会定期大会」が開催され、団体加盟の代議員を迎えて新年度の運動方針の主要な柱である組織の構造改革になる,、活動報告が承認されました。
 個人加盟支部組織と団体加盟組織の活動方針が承認されました。

 個人加盟の支部と各労働団体・退職者の会等の団体加盟、サークル活動に代表される住民組織・NPO組織を包含した、会員の個々人の自由な発想に基づく集合体組織を目指すことになりました。
 
 議案書のページへ
 
2018定期大会
ページの先頭に戻る