飯田市勤労協 労館

活動報告タイトル  2018年度の活動報告はここから

元善光寺駅・伊那上郷駅駐輪場ペンキ塗り
 
 飯田市勤労協では、定期的にJR飯田線の飯田市管内の駅の駐輪場の整備を行っています。
 今年度は元善光寺駅・伊那上郷駅の駐輪場のペンキ塗りを、9月8日(日)に14名で行いました。
 
 高校生を中心とした各駅の駐輪場を利用している皆様に、気持ち良く使って頂くために、微力ながら今後も活動を続けて行きたいと思います。
 
 また今年度は、高校の夏休みを利用して、元善光寺・鼎・下山村・伊那八幡・時又の各駅の屋根の修理を行いました。来年度も夏休みを利用して、残りの5駅を行なう予定です。
写真説明
第31回平和のための信州・戦争展」開催
 
 8月10日~8月12日まで、鼎文化センターにて、「第31回平和のための信州・戦争展」が開催されました。飯田市勤労協もお手伝いさせて頂きました。
 
 映画「あの日のオルガン」の上映や、松ヤニ油の乾溜釜・松ヤニを採取した松等の貴重な戦争遺品の展示、戦争体験の証言発表など、盛り沢山の内容でした。
 
 8月15日の終戦の日を前に、戦争の愚かさと平和の尊さを改めて実感しました。今後も「平和の取り組み」に飯田市勤労協としても協力していきます。
平和のための信州・戦争展
鼎支部定期大会が開催
 
 6月16日鼎上山区民センターにおいて第66回鼎勤労協定期大会が会員40名の出席で開催されました。
 
 常盤さん(名古熊)の議長によりミニレク形式でのバスハイクやマレット倶楽部の定例開催などの2019年度活動方針・予算案及び役員の留任が原案通り承認されました。
 
 大会終了後の懇親会に先立って、来賓でもある牧野光朗市長より「リニア・三遠南信道時代を見据え 小さな世界都市・田園型の学術研究都市を目指す」31年度の取組について詳細な説明をいただきました。
 また、下平市勤労協会長、小島康晴県議をはじめとする多くの来賓の方々からの祝辞を頂き小島県議の乾杯により懇親会で懇談を深め合いました。
写真説明
2019年度飯田市勤労者協議会定期大会開催
 
 去る5月31日に飯田市勤労者福祉センターにおいて「2019年度飯田市勤労者協議会定期大会」が開催され、団体加盟の代議員を迎えて、昨年の有識者会議により導き出された方針に従い「組織の構造改革を図りつつさらに拡大」に取り組むという方針が承認されました。

 新事務局長として川口充央(鼎)氏を選出し、再任された下平会長の基 2019年度の活動がスタートすることができました。
 
 議案書のページへ
 
2019定期大会
ページの先頭に戻る