ニュースあゆみ私たちの活動おんなの新聞お問い合わせリンクホーム
 



「とっておきのステージ 25周年記念」 2017年7月5日(水)
「天満 敦子 ストラディバリウスの調べ」

 本年は、「天満 敦子 ストラディバリウスの調べ」と題して、ヴァイオリニストの 天満敦子さんとピアニストの勝呂真也さんの演奏を心ゆくまでたっぷり楽しんでいただきます。
 なお、収益金の一部を「まつもと子ども留学基金」(福島の子どもたちを被ばくから守るため、自然豊かで安全な環境で学習ができるように子どもたちの受け入れを行っている)の活動に役立てていただくことにしております。

 2017年7月5日(水) 18時30分開演 
 神奈川県立音楽堂
 指定席:4,000円 自由席:3,000円 
よろしくお願いいたします。

チケットのお申し込みはこちらから

 


 



特定秘密保護法の廃止を求める総会決議


 特定秘密保護法案は、憲法の定める基本的人権と平和主義を脅かす立法であり、民主主義を危機にさらすものです。私たちは、多くの市民とともに、この法案に対して十分審議を尽くすよう各政党への要請行動や、国会前に座り込みを行いました。しかしながら、多くの反対や懸念の声を無視して、審議を尽くさないまま衆議院にひきつづき参議院においても強行採決が行われてしまったことに、私たちは強い憤りを覚えます。

 この特定秘密保護法は、基地の監視や原発の放射線量測定調査など日ごろ行っている調査活動を制限するものです。この法によって、私たち市民の知る権利は大幅に制限され、基本的人権が著しく侵害される危険があります。さらに、秘密情報を取り扱う者に対する適正評価制度の導入は、プライバシーの侵害をひきおこしかねません。今、行われなければならないことは、情報を積極的に公開することであり、この法は逆行するものです。 

 「秘密国家」・「軍事国家」への道を開き、民主主義を破壊するこの法律を絶対に認めることはできません。
 私たちは、共同、連帯の輪をさらに広げ、「特定秘密保護法」の廃止を求めるたたかいに全力をあげる決意を表明します。

2013年12月8日


女性会議神奈川県本部第50回定期総会


  開催しました
 再考!「介護保険制度」〜あなたは老後の安心をキャッチできましたか?〜
1.介護保険制度とは
2.改正のポイント
3.改正と相談内容の関係
4.問題点と「私がのぞむ制度」

講 師  吉田和子さん (I女性会議会員・看護師・ケアマネジャー)
日 時  2010年2月7日(日)13:30〜15:30 
会 場  かながわ県民センター601 
参加費 無料
   参考資料として<報告集>「介護保険民間テレフォン相談10年のあゆみ」を使用
   (当日販売あり100円)

 団塊の世代すべてが65歳になる2015年は、4人に一人が高齢者という超高齢化社会になります。
このことは早くから社会問題として取り上げられ、その解決策として介護保険制度が2000年に始まりました。
 あれから10年・・・・「高齢者の人間としての尊厳を守り、自立した生活を支援する」ことを理念とし、介護の社会化をめざした制度は、3年、5年、8年、10年と改正を重ね、その変化は私たちが望むものになってきたのでしょうか。むしろ利用者や現場では混乱を招くこともあったのではないでしょうか。
 介護保険テレフォン相談の10年の声をまとめた今、その内容を見直し、制度として「これでいいのか」をみなさんと見直したいと思います。

 ★ 電話相談「介護110番」〜2010年2月より

  ◆ 毎月 第4水曜日 13時〜16時まで
  ◆ 相談電話番号 045―662−8148

  ◆ ホームページからもお受けします⇒相談フォームへ

 


 
 
女性会議神奈川県本部 2006(C) All Rights Reserved
ニュースあゆみ私たちの活動おんなの新聞お問い合わせリンクホーム