本庄地区の紹介&歴史

山形県上山市本庄地区は、昭和29年10月に旧本庄村と上山市他4ヵ所が合併し、村より地区になった地域です。
地区内は、旧羽州街道(主要地方道上山七ヶ宿線)沿いに集落があり、その中には江戸時代宿場町として栄えた楢下宿があります。
この楢下宿では、江戸時代の脇本陣など数棟が修復され、一般に公開されています。
また、明治13年に架けられた「めがね橋」が現在も残っており、史跡や文化財が豊富な地区です。
本庄地区の産業は、農業が主体で地区内農家数約320戸、約67パーセントの家が農家を経営していますが、
年々兼業農家が増えてきています。
地区の東側には水田が広がり、地区の西側の丘陵地には果樹園が広がるのどかな農村地帯です。とりわけ
、果樹については、初夏のサクランボにはじまり、ブドウ・西洋なし(ラ・フランス)・りんご・紅柿(干し柿も最高!)と
市内でもっとも果樹生産が多く、初夏〜秋にかけて、楢下宿と併せた観光客が多く訪れます。

本庄地区の歴史
この地区にある見目ヶ原(みるめがはら)という場所では
幕末の頃、仙台から笹谷峠を通って進軍してきた薩長の軍隊と
出羽諸藩(上山藩も含む)の洋式軍隊が一堂に会し
閲兵式を行ったと当時の資料に残されております。
その当時の上山藩洋式軍隊を再現した、平成上山藩小銃大砲隊が
現在、本庄地区で開催されている羽州街道飛脚駅伝大会の号砲を
担当しております。
また、上山市内で開催されるイベントや上山城での立哨警備にも
不定期ですが出動しておりますので、機会がありましたら
どうぞお立ちよりになってご覧ください。