2019630㈰ 日曜礼拝メッセージ 「自分でやり遂げる」

聖書箇所 コリントの信徒への手紙2 8115節 

8:1 兄弟たち、マケドニア州の諸教会に与えられた神の恵みについて知らせましょう。

 8:2 彼らは苦しみによる激しい試練を受けていたのに、その満ち満ちた喜びと極度の貧しさがあふれ出て、人に惜しまず施す豊かさとなったということです。

 8:3 わたしは証ししますが、彼らは力に応じて、また力以上に、自分から進んで、

 8:4 聖なる者たちを助けるための慈善の業と奉仕に参加させてほしいと、しきりにわたしたちに願い出たのでした。

 8:5 また、わたしたちの期待以上に、彼らはまず主に、次いで、神の御心にそってわたしたちにも自分自身を献げたので、

 8:6 わたしたちはテトスに、この慈善の業をあなたがたの間で始めたからには、やり遂げるようにと勧めました。

 8:7 あなたがたは信仰、言葉、知識、あらゆる熱心、わたしたちから受ける愛など、すべての点で豊かなのですから、この慈善の業においても豊かな者となりなさい。

 8:8 わたしは命令としてこう言っているのではありません。他の人々の熱心に照らしてあなたがたの愛の純粋さを確かめようとして言うのです。

 8:9 あなたがたは、わたしたちの主イエス・キリストの恵みを知っています。すなわち、主は豊かであったのに、あなたがたのために貧しくなられた。それは、主の貧しさによって、あなたがたが豊かになるためだったのです。

 8:10 この件についてわたしの意見を述べておきます。それがあなたがたの益になるからです。あなたがたは、このことを去年から他に先がけて実行したばかりでなく、実行したいと願ってもいました。

 8:11 だから、今それをやり遂げなさい。進んで実行しようと思ったとおりに、自分が持っているものでやり遂げることです。

 8:12 進んで行う気持があれば、持たないものではなく、持っているものに応じて、神に受け入れられるのです。

 8:13 他の人々には楽をさせて、あなたがたに苦労をかけるということではなく、釣り合いがとれるようにするわけです。

 8:14 あなたがたの現在のゆとりが彼らの欠乏を補えば、いつか彼らのゆとりもあなたがたの欠乏を補うことになり、こうして釣り合いがとれるのです。

 8:15 「多く集めた者も、余ることはなく、/わずかしか集めなかった者も、/不足することはなかった」と書いてあるとおりです。

. 神の恵み

マケドニア州では大迫害が起こり、パウロがマケドニアに行った時、その迫害に巻き込まれた。その当時、ユダヤで干ばつが起こり、ユダヤのクリスチャンを助けるためにマケドニアの兄弟は迫害と極貧の中、自発的に力以上のものを献げた。

ex.献金というものは困っている人を聖なる人を助けるためにある。

. 自分が持っているものでやり遂げる

コリントの信者も一年前からこのことを協力したいと願っていた。コリント教会に行くテトスに、コリント教会の信者もキリストの貧しさのゆえに富むものとなったのだから、自分の持っているもので自発的にやり遂げることを勧めた。

ex.自分の持っているものすべてを出し切ってやり遂げる大切さ。

3. お互いのために

慈善行為は神に受け入れられることを示し、楽をした人が得ではなく、つり合いが

とれている。ユダヤ人が欠乏の時、コリント人に助けられたら、ユダヤ人が豊かな

時、コリントが欠乏したとき、助けることになる。

ex.慈善とは自分が困ったときにそれが返ってくるものである。

(結論)慈善とは人にもするが神にしたことになる。神は報いてくださる。