201947㈰ 日曜礼拝メッセージ 「命に至らせる香り」

聖書箇所 コリントの信徒への手紙二21217節 

2:12 わたしは、キリストの福音を伝えるためにトロアスに行ったとき、主によってわたしのために門が開かれていましたが、

 2:13 兄弟テトスに会えなかったので、不安の心を抱いたまま人々に別れを告げて、マケドニア州に出発しました。

 2:14 神に感謝します。神は、わたしたちをいつもキリストの勝利の行進に連ならせ、わたしたちを通じて至るところに、キリストを知るという知識の香りを漂わせてくださいます。

 2:15 救いの道をたどる者にとっても、滅びの道をたどる者にとっても、わたしたちはキリストによって神に献げられる良い香りです。

 2:16 滅びる者には死から死に至らせる香りであり、救われる者には命から命に至らせる香りです。このような務めにだれがふさわしいでしょうか。

 2:17 わたしたちは、多くの人々のように神の言葉を売り物にせず、誠実に、また神に属する者として、神の御前でキリストに結ばれて語っています。

 

1.キリストの勝利の行進

第三回宣教旅行でパウロはエフェソ滞在中、コリントに中間訪問した後、厳しい手紙を書き、悔い改めを聞いて再びコリントへ向かっていた。トロアスで福音の門が開けていたが、テトスに会えなかったのでマケドニアに出発した。マケドニアに着いたとき、テトスからパウロを中傷した者が厳しい手紙の後、処罰を受け悔い改めたと聞いてパウロは安どした。この時書いたのが第二コリント19章であった。

ex.パウロは厳しい手紙を書いた後、不安であったが、悔い改めの報を聞き、大勝利を遂げた。

.神に献げられる良い香り

1416に三つのキリストの香りが書かれている。まず第一にキリストを知る知識の香り、第二にキリストによって神にささげられる良い香り、第三に命から命に至らせる香りである。

ex.神に従うものは聖書の言葉を知る香りから始まる。

3. キリストに結ばれて

このような香りを常に香らせる勤めにふさわしい者とは、神の言葉を売り物にしな

い者、すなわち、商売人のように酒に水を混ぜて売る者のように、御言葉を曲げる

者ではない。絶えず、誠実に、神に属する者のように神の前でキリストに結ばれる

ものとして御言葉を語っている。

ex.正直者こそ神に仕える者にふさわしい態度である。

(結論)福音伝道者はごまかしがきかない者である。すべてを神の前で明らかにし、キリストの真理を高らかに宣べ伝える者こそ御言葉を語る者にふさわしい。