遠野物語を訪ねて 旅館平澤屋

旅館平澤屋へようこそ
観光案内
続石 オシラサマ 遠野しし踊り
続石
二つ並んで立った石の上に、幅7m、奥行き5m、厚さ2mもの巨石が乗っかっています。古代人のお墓らしいのですが、かの弁慶が「足で持ち上げた石」だという言い伝えがあります。さすがの弁慶も疲れて寝てしまったという”弁慶の昼寝場”もあります。
オシラサマ
遠野物語にも登場する馬と娘の悲恋を祀ったもので、今でも古い農家には残されている貴重な文化遺産です。また伝承園には1000体ものオシラサマが展示され、見ごたえ充分。養蚕、目の病気、子供の神様としても信仰されています。

遠野しし踊り
遠野郷のしし踊りは群舞型で「幕踊り系しし踊りです」。カンナガラをなびかせ激しいリズムで踊るさまは、勇壮そのものです。

五百羅漢 千葉家曲がり家 カッパ淵
五百羅漢
山腹の木立の中、無数の自然石に羅漢像が刻まれています。今から220年ほど昔、義山という和尚さんが餓死供養のために彫ったものだと言われております。

千葉家曲がり家
石垣の上にそびえるこの曲がり家は、今からおよそ185年前に建てられ床面積が163坪もあり、かつては作男の15人を含め25人の家庭が住み、馬20頭も同じ屋根の下で生活していました。建物の一部が展示室になっています。

カッパ淵
常堅寺の脇をひっそりと流れる小川には、その昔カッパが現れては馬にいたずらをしたという言い伝えがあります。

遠野散策マップ
遠野散策マップ図
遠野へようこそ
 柳田国男の『遠野物語』で知られる遠野郷は、遠野三山(早池峰山・六角牛山・石上山)に囲まれた盆地に開けた町でかつて遠野南部家一万石の城下町があり、沿岸と内陸部を結ぶ交易の中継地として賑わった宿場まちでありました。
 
こうした他国の人や物との交流や豊かな自然、そして素朴な風土の中で河童が座敷童子が、オシラサマが生まれました。小さな町並みを抜けると、旅人の心を誘う民話の世界があちこちに広がります。

遠野博物館や伝承館、豪壮な曲がり家カッパ狛犬が見守る常堅寺・・・懐かしい心のふるさとがここにあるのです。
義経伝説北行コース
風呂屋
平泉を脱出した義経主従は、赤羽根峠を越えてここまでたどり着きこの家で風呂をたてさせ入浴した。それ以来この家の性を「風呂」と呼ぶようになった。
駒形神社
平泉を脱出した義経主従がここまで来たとき義経の愛馬「小黒号」が死んだため、そこに祠を建てねんごろに葬った。以来この神社を「駒形大明神」「駒形神社」と呼ぶようになった。
笛吹峠
平泉を脱出した義経主従は仙人峠を経て、大峰山、六角牛山の峠をつたいこの笛吹峠を越え、鵜住居川に沿って海辺へ出た。
 
ご予約・お問い合わせメール≫
民話の里 遠野 旅館 平澤屋
〒028-0523 岩手県遠野市中央通り8−5
電話 0198-62-3060 IP電話 050-7566-6243
 
Copyright 2005-2014 ryokan hirasawaya All Rights Reserved.