写真 ぶどう 東 中 野 聖 書 集 会  

*東中野聖書集会は、東京・中央線「東中野」駅近在で行なっている無教会信仰に基づく日曜集会(聖日礼拝)です。

系譜はプロテスタンティズム。明治初期、札幌農学校教頭(実質「校長」)W・S・クラ−クが起草した「イエスを信ずる者の誓約」に署名した学生達の一人「内村鑑三」が提唱し生涯を貫いたキリスト教無教会信仰(*)に立つ。

*「無」は「無い」の意で、教会(建物)無き教会(エクレシア=集会<キリスト中心の>)、即ち「見えるものではなく、見えないものに目を注ぎ」(Uコリント4:18)、第1義としてただイエス・キリストの十字架と復活を神の恩恵と信じ、与えられた地に足をしっかり付けて現実を見詰め、満腔の希望をもって上を向き生きることにあります。

どなたにでも開かれ、聖書の御(み)言葉を、生きた今日的道標として受止め、地の塩として隣人に仕えるキリスト者たらんと念じて学んでおります。

【モット−】
主義に非ず、性格なり。教理に非ず、生命なり。基督教に非ず、キリストなり。
主義は如何に高きも、教理は如何に深きも儀文にして束縛なり。
我らは直(ただち)に活けるキリストに到り、其(その)生命を受けて真の自由
に入るべきなり。〜内村鑑三〜 1906年10月『聖書之研究』80号
*所在地:東京都中野区東中野4丁目4−2 守田貸会場
*開催日:会場の都合で第2・第4日曜日の10時半から12時半までです。
*責任者:坂内宗男(ばんないむねお)
*連絡先:携帯 080−5412−9386