なかちゃんPhoto日記・11 


2006/6/7(水)午前中は恵みの雨

 
           草刈り                   明日のおかず

遅番二日でご褒美の休日は、9時に起きだして今月分の支払いに農協へ。GSスタンドで混合油を5リットル買って、遅ればせながらの税金を支払いに役場へ。

田んぼの水廻りを済ませ、昨日新調の仮払い機をもって、お土産買って孝夫ちゃんちに草の正しい刈り方(^^を教わりに行った。

さすがに農薬を使わない本職の農業と4反歩しかない?百姓の差を感じたが、無いものねだりをしても若さでまず負ける。

新調の仮払い機が何とも調子良く、少しばかりの草刈りで物足りなかったが19900円の有難さは格別。二台の中古を連続で壊し、修理を頼んだが「買ったほうが安い」に諦めて正解だったのかもしれない。

雨でバイクを家においてった高校生が心配で帰り支度をしたが、またしても、とんでもないお土産を貰った。明日からが楽しみである。

銀行を探したが見つからずに高萩まで行き用足しして帰った。

迎えの心配がなくなったのを確かめて田んぼへ。良く降る雨に生育を急ぐのは雑草も同じで伸びるのは早い。「切れる」、 「切れる」・・・以前までのトロさは感じられずに一回りの草をなぎ倒した。

最後に田んぼの廻りを確認すると、やっぱりあった雨後のタケノコ。食えそうなのを5本とってきたが、やはり、味噌汁のだしが一番!

真竹のタケノコ、今が旬である・


ご意見はこちらこちらにどうぞ

2006/6/6(火)暖かい一日、夜になって雷雨

  
     こんな花を見ながら客待ち            凄いところでした

失業保険より安い初給料をいただいた昨日は、貧乏人にとって、それでも嬉しかったが遅番の為に帰れず1時まで頑張った。やっと1.5万円に届いたと思ったらマイナス運賃にアチゃーッ!

それにしても、出来高払いで会社と折半で負担するマイナス運賃とは納得いくものではない。

が、今はタダ我慢である。1

2時出勤の1時までの連夜の遅番に出勤したら案の定、駅に入って出られずに一時間待って客を乗せた。

「梅里ガーデンアクアビラまでお願いします」と客。

聞いた事はあるが思い出せずに考えていると気づいた客が地図を見せてくれた。

「結構な距離である」。

納得して無線を入れて発車したが道順の分からぬハラハラは何とも情けない話。少し遠回りのルートになってしまったが何とか到着すると、「待っててくれますか?」と客。

「時間があったらつり橋をみてみたい」を信じて待つこと30分。

後ろを見たらごらんの花が歓迎して揺れていた。

この他にも沢山のバラが今を競って咲き誇り、たまらずに携帯を取り出して連写!連写ーーー!

40分が経過して喉が渇きジュースを求めて中に入ると客の用足しが丁度、終わったところであった。

つづきはブログで・・・・・・。

ご意見はこちらこちらにどうぞ

2006/6/4(日)休みなのに暖かい晴れーー
 眠いのも 疲れてんのも 勝手だと

    トマトの棚つくり・無敵の婆ちゃん

「疲れて居るのは勝手だ」とトマトの苗を早々と植え付けた婆ちゃんに起こされお手伝いである。そんなに食えるもんじゃないし、買った方が断じて安上がりであるが、安心には代えられないのも事実である。金が有ればこんな棚だって簡単に出来和えの物が売ってんだろうが、買う金も無い。やはり、貧乏は嫌いである。更に、この上にビニールを被せてテントにするのだが、0.05mmの薄さのビニール・一巻き5千円以上する。まだまだ残っていると思ってたのが、1m足らずに半端をグァムテープで継ぎ足したが何とも見て良くない情けなさで降参した。朝飯食わぬ空腹にも怒られ途中退場で明日の給料に完成を頼んだ。トマトづくりを教えようとする年寄りの知恵も、何かで間に合わせようとする知恵も、感謝はするが本気では覚えようとしないいい加減さである。昼飯食ってタバコを買いながら田んぼの水廻り。タケノコを探したが適当なのはなくまだ走りである。車に乗ったところで眠たさがシートを倒し、二時間ぐっすりの休憩。金にも成らないトマトづくり、金に出来ない米作り、金に成らないタクシーの見習い。期待できない給料日の前日は、「お父さん、バイクのガソリン代よろしく」と息子にダメを押された。

ご意見はこちらこちらにどうぞ

2006/6/3(土)寒かった曇り

      庭に陣取る偉そうな花

9時から23時までの三日間はきつい。

利用客が居るなら瞬く間に過ぎる時間も居眠りと仲間とのぼやきが大半で楽しくないハナシに相槌をうつ情けなさに占領される。

14回乗せて660円が10回、そのうちの一回は590円しか負担しない市の福祉券で70円が会社と半分こで運転手に負担させられる奇妙なもの。
唯一の目玉はファッションセンター○○むらから乗せた子連れのご婦人で3、620円も乗ってくれた。東京からゴルフ場を経営するご主人について、孫と一緒に来たが「暇なので買い物にきた」との話。

帰りの高速バスを予約すると言ってバスの営業所を指示したが、「東京まで送りますよ」には断る金持ちであった。茨城に二箇所もゴルフ場もつ経営者なら4〜5万の金へでもないだろうがなあ。

金持ちはやっぱり固いなあ。

格差があるのを悪いとは思わないとか、金持ちをうらやむのは可笑しいとか言うコイズミくーーーん!

金持ちだましたらまずいですかーーーーあ。


ご意見はこちらにどうぞ

2006/6/1(木)暑かったです
応援と生命力に感謝!

  代かき・田植えに失敗した田も元気!

多少の欠株は見逃してもらうとして、多少の曲がりは真っ直ぐと見てもらって〜

結構元気に育ってます。

ご心配おかけしましたーーーーーーー!

                              ご意見はこちらに

2006/5/30(火)熱かった!家のほうは雨が降った


 一度に待機出来るのは7台までの駅構内車両

何とか第一関門クリアかな・・・

一時間に一回あるかないかの電車を待って、タクシー利用する数少ない客を待って一度入ったら「二時間待ち」乗せられたら儲けものの情けないタクシーに4日から何とか頑張った。

明日が休みだから今日が締め切りだったようだ。結果は5日の給料日に示される。

でも、「来月から社会保険に入るから」と社長様が言ってたので何とか使って貰えそうだ。

頑張るしかない。ぜいたくも我侭も忘れひたすら頑張るしかない。60歳になれば船員年金がもらえるからそれまででも頑張るしかない。

それはそうと、偽装廃業の続きはどうなったか?今日で申請から一週間だから2〜3日のうちに職安で説明会があるのだろう。常陽でやって、上○戸でやって、○田、水戸、シ○ヤと凄まじいばかりの「偽装廃業」を悪用し、罪なき運転手を共犯者にした不正受給劇!高齢者雇用の5万円は早期雇い入れした経営者に転がり込む仕掛けである。

運輸支局が行政として機能していれば、同一経営者による偽装廃業など起こり得る筈も無い・・・。巧妙な作戦の元に行ったようではあるが、「廃業しても働いてました」とか言った楽しい運転手も居たようである。

「悪銭見につかず」の諺もある。

悪質事業者を根こそぎ退治することから始まって欲しい。「公務員が法律違反を認めた時は告発しなければならない」とは公務員諸兄に架せられた十字架であるが、違反する公務員の何と多すぎる事か・・・。


ご意見はこちらこちらにどうぞ

2006/5/27(土)働きやすい曇り
 疲れたと ぼやく傍から 笑われて
 
     玄関の前に陣取る偉い花             こんな花も咲いてます

朝の九時から夜中23時までの三日間が終わって久し振りに「はたらいたー!」と実感の休日。
ページを更新する余裕も無い貧乏暇無には休日も仕事が待っている。田んぼの草刈・植え継ぎと、「休む暇無し水車」の大車輪である。

全部の草刈を終わす体力もないくせに、友達の田んぼが気になり来て見れば、案の定、先日運んだ苗はそのままに置かれ、細く枯れかかっていた。植えようかと考えたが田んぼに水もなく諦めて苗箱ごと水に浸したが60枚は出来そうも無い。取水口を探し、水を引き入れて苗箱ごと田んぼに入れた。

早く植えればいいのに何やってんだかなあ・・・。

一回りの草を刈った所で機械がぐずり敢え無く退散したが、やりっぱなしの百姓に仕事は溜まるばかりである。親が死んで夫婦が離婚、三人のこどもを渡して独りで頑張るトラック運転手には休日もない。可哀想だと同情しても何の解決にもならずにややこしくするだけの他人の生活・・・。

自分の生活が精一杯で他人のことを構ってられない社会・・・。

空しくないか・・・。

「手をつなごう!」「独りはみんなの為に・みんなは独りの為に」・・・・・・・・・・・・・。

元の仲間に相談されて頑張って来た茨城交通のタクシーの退散劇・・。

解雇予告も手当てもなく、「廃業する」と離職票を渡して失業保険の申請にハローワークへ・・。一週間の待機期間が済んだら「面接に来い」・・・と。

偽装廃業・失業保険の盲点をついた「一時金」の不正受給のハナシはブログで・・・。

ご意見はこちらこちらにどうぞ

2006/5/21(日)熱かったり寒かったりの日曜日出勤


 ボロボロだー

熱かったり寒かったりの日曜出勤は大荒れの昨日に比べ、仕事しやすい情況にあったがお客の少なさが頑張る意欲を嘲笑う。23時丁度の最終電車にも降りる客はあってもタクシーに乗る客は独りも無く一時間以上粘って待機した7台のうちの一台として本日終了と諦めた。

11.700円の納金を済ませてため息で自家用車のエンジンをかけた。半分だから今日の日当は6.000円に満たない。

4日分も飛んでく上の写真の修理代は部品ごと交換だが、半分ずつというわけにもいかないよなあ。

畑をうない、田んぼを起こし、あらくれ、代かきと使い放題の無茶苦茶は深いだけ深く掘り起こしてしまった失敗に田植えまでとんでもない事になった。

使いっぱなし〜やりっ放し〜やっぱりメンテナンスは大事だよなあ。

他人任せをやめて去年の失業から始まった農業の苦労は遅すぎた勉強代が高くつきそうだ。

滞納しっぱなしの国保税や家のローンの心配も悩みの種・・・。

8月6日投票が有力視される市議選に望みをつなぐしかない貧乏人のぼやきはおれだけかーーーーーーあ?!!?


ご意見はこちらこちらにどうぞ


2006/5/19(金)雨・雨・雨
 遅ればせながらUP
 yu-kiサービスの社長さんから届いた「母の日」の花にいい顔

「満が贈ってくれた」と自慢する花に「お礼の電話してない」とわざとらしく謎かける無敵の婆ちゃん。花を入れて写真撮ったら目が無くなってた。一年以上も息子に失業されがっかりの毎日は気も重かっただろうが、来年はもっとでっかい花を咲かしてやるからなと空元気で雨の中を出勤した。

が、昨日の田んぼの疲れは目がひとりでに閉じるほどで、配車されても行き先が思い出せずにいやはや、まいった、まいった。

駅の構内である会社の運転手Cさん「ナカジマさんですよね」。
俺「違うよ」。
Cさん「(笑顔で)みんな知ってますよ・・・・・運転手の為に長く頑張ってもらいました。」
俺「違うってば・・話し掛けるな」。
Cさん「分かってます。これからも頑張ってくれるんですよね」。
俺「やらねえよ・・・」。とは朝の一場面。

ったく一昨日お座敷かかって釘刺されたばかりなのに・・・。
困ったときのナカジマサンかーーー。

知られたい時には覚えて貰えず、知られたくも無いのに覚えられる。何という矛盾なのだろう。これからの時代は、「自己責任」「自力の突破だ」。誰かの為に頑張るなんて、どうせ裏切られるし、報われねえ。みんなダマサレリャまたひとりぼっだわい。

最初から恒例の新人いびりもない駅待ちの連中の大人しさを不思議に思ってたがやっと納得した。正体がバレテタンダヨナア。悪い気はしないが・・・。いや、やっぱりまずいだろうーーー。社長も知ってたりして・・そりゃ大物だぞ。


ご意見はこちらこちらにどうぞ