北海道の山岳ガイド&ポーターハローポーター」山行記録

冬季 大雪山 黒岳〜白雲岳 (NHK大雪山ロケガイド)

黒岳ロープウェィ〜黒岳〜北海岳〜白雲岳
山中泊15日 16日間



2008年2月25〜3月14日
過酷な環境で知られる「冬の大雪山」。悪天候につかまれば数日閉じ込められることはよくある山域。大方の登山者は山麓近くで宿泊し、1日でぬけてしまいます。厳しいからこそ大雪山の懐で泊まる人は殆どいません。
今回はNHKの撮影ガイドということで、機材の荷上げ期間も含めて、なんと16日間!過酷な環境で、寒さと風に耐えながら撮影をしてきました。広大な面積の冬の大雪山からは、アラスカやヒマラヤを感じさせられました。


  
吹雪のため、機材や宿泊装備の荷上げは毎日できるわけではありません。天候の悪い日でも風が防げるぎりぎりの場所で、雪洞を掘ってアドバンスキャンプを作ります。天候が良い日に2往復をして荷上げをします。

ここから上は猛吹雪。
視界は20mほど。



朝景を撮るために日の出前に
行動をすることも多くなります。何もかもが凍りついた世界です。



太陽が上がる前、月が輝いています。









珍しい幻日が見れました。ご褒美でしょうか。
さすがに空気が澄んでいる場所。とても明るく輝いています。


日の出も撮影。





素晴らしい景色に息をのむ瞬間。寒さのことは忘れます。


ヒマラヤ遠征並の防寒着を着こんでいます。


静寂の白雲岳。

まるで氷河のよう。


風紋。風、時間が止まっているかのようです。
こんなに広く見事なのは今まで見たことがありませんでした。

これまで何度もヒマラヤを登ってきましたが、「北海道にもヒマラヤはあった」
というのが、16日間冬の大雪山中で過ごして思った、率直な感想です。
大雪山をはじめ、北海道がますます好きになりました。


北海道百名山へ





トップページ