北海道の山岳ガイド&ポーターハローポーター」山行記録

日高山脈 幌尻岳(日高山脈最高峰・日本百名山)

額平川コース

2007年9月31〜10月2日
毎年7回程、登頂成功しています
登山ガイドのお申し込みは
こちらです
山行記録 
2005年幌尻岳
2009年幌尻岳
2015年幌尻岳
2015年幌尻岳(冬)



林道を車で50分程走ると、登山口である駐車場に着きます。
さらに林道を約2時間歩くと入渓ポイントである取水ダムです。
ここで沢靴に履き替え、沢登りの開始となります。


渡渉回数は何回?」とよく聞かれますが、その年によって大きく異なります。雪解けの後、沢の形は大きく変わります。台風や大雨の後にも様相が変わります。
さらにその日の水量でも変わります
今回は17回でした。心洗の滝でひと休み。

皆さん沢歩きに慣れてきて表情が明るいです。
水は澄んでいて、とてもきれいです。ただし本流の水は飲んではいけません。上流に小屋があるからです。
最後の渡渉を終わると、幌尻山荘です。
今年から水力発電により電力をまかなうようになりました。バイオトイレは立派で、臭くありません。ですが、1基しかないので、朝はとても混みます。
 
翌朝登山靴で歩き始め、命の水まで約2時間ほど。休憩適地です。ここから急登が始まり、ハイマツ帯、岩稜帯。昨日の渡渉が終わり、ホッとしていてはいけません。ここの登りもなかなか辛いのです。


岩稜、ハイマツ帯を登り、ぐんぐん高度を稼ぎます。
なだらかになると突然目の前に
大らかな山が広がります。
幌尻岳北カールです。
右からぐるーっと回り込んで、左に
見えている一番高いところが頂上です。
高山植物に思わず口元が緩みます。



さあ、お疲れ様でした、幌尻岳山頂です!
晴天ですので、周りの山が一望できます。

この辺りの山は、昼ごろからガスが出てくる確率が上がります。
経験的に、朝早く登った方が良いです。



北海道百名山へ





トップページ