長野県「イクボス・温かボス」創出プロジェクト 到着順一覧

企業・団体名 伊那市保健福祉部社会福祉課結婚推進係 1
部署名 名  前 宣言日 宣言内容 備考
係 長 小牧 学 2016/4/12  私は、職場のパートナーであるあなた自身の生き方に係る行動とその価値観を尊重することをここに宣言します。  
取組内容 ・職場において、あなたに身体的、精神的に""痛み""が生じたとき、私は、その""痛み""からの解放のために、精一杯の努力をします。
・私は、あなたを尊重し、必要以上にプライベートの詮索はしません。しかし、あなたの生命を脅かす事象がある際はこの限りではありません。
・私は、あなたと共に泣く事や笑う事をします。
 
実施報告    
企業・団体名 長野県姫川砂防事務所 2
部署名 名  前 宣言日 宣言内容 備考
所長 湯沢秀人 2016/4/14  私は、職員が安心して子どもを産み育てることができ、子育てや介護等の家庭生活と仕事を両立していくことができるように、ワーク・ライフ・バランスの構築を図り、職員の仕事と子育てや介護との両立を支援していくことを宣言します。  
取組内容 ・業務の効率化をさらに進め、時間外労働時間の減少を目指します。
・職員へ育児休業などの取得について積極的に声がけをします。
・職員のワークライフバランスの充実を更に促進するために、年休取得率の増を目指します。
 
イクメン・イクウィメン宣言 柳澤 幸弥  私は、業務の効率化を心がけ、仕事と子育てや介護等との両立を実践していくことを宣言します。  
実施報告    
企業・団体名 公益財団法人長野県健康づくり事業団 3.4.5.6
部署名 名  前 宣言日 宣言内容 備考
理事長 関 隆教 2016/4/26  私は、従業員が安心して子どもを産み育てることができ、子育てや介護等の家庭生活と仕事を両立していくことができるように、ワーク・ライフ・バランスの構築を図り、従業員の仕事と子育てや介護との両立を支援していくことを宣言します。  
事務局長 田矢 伸雄
総務課長 梅垣 茂
システム
管理課長
丸山 健治
取組内容 ・育児休業、介護休業を取りやすくする。
・業務改善をし、休暇を取得しやすくする。
・業務の効率化を進め、時間外労働時間を減少させる。
・育児休業などの取得について積極的に声がけをする。
 
実施報告    
企業・団体名 ハイブリッド・ジャパン株式会社 7
部署名 名  前 宣言日 宣言内容 備考
代表取締役
社長
山浦悦子 2016/5/25  企業は、家族の力があってこそです。子育てや介護、家庭生活と仕事の両立ができるようにワーク・ライフ・バランスを図り、従業員が安心して働ける職場環境作りに力を入れています。  
取組内容 ・毎週月曜日・木曜日は無残業日とする。
・男性の育休を実施、年間一週間とする。
・子育てや介護など従業員の実情を考慮し、勤務時間を配慮する。
・従業員の多能工を取り入れ、休暇を取りやすくする。
・学校行事等に、積極的に参加をする。
・育児休業や介護休業を取りやすい仕組みを導入する。
・皆で助け合う“おたがいさま”を合言葉とする。(子育て・介護・私生活)
 
実施報告    
企業・団体名 日本郵便株式会社 信越支社 8
部署名 名  前 宣言日 宣言内容 備考
支社長 川野 陽一 2016/6/8  私は、働きやすく働き甲斐のある職場づくり実現のため、ワーク・ライフ・バランスの構築を図り、社員の家庭での育児や介護と仕事の両立を支援していくことを宣言します。  
取組内容 ・管理者及び男性社員の理解向上を図ります。
・仕事の効率化を推進し、生産性を高め、時間外労働時間の縮減を図ります。
・育児休業にかかる職場復帰プログラムの定着を図ります。
・定例的な女子ミーティングの社内開催を支援するとともに、本ミーティングで提案された意見等は業務に反映させていきます。
・将来の女性役職者の育成、確保のため、研修・会議の見直しを行うなど、家庭と仕事の両立を支援します。
 
実施報告    
企業・団体名 飯綱町役場 9.10.11.12.13
部署名 名  前 宣言日 宣言内容 備考
町  長 峯村勝盛 2016/6/16  私は、職員の子育てや介護等の家庭生活と仕事の両立を応援し、すべての職員が意欲と能力を十分に発揮して活躍できる職場づくりを進めながら、町民に信頼され、期待に応えられる町行政を実現し、自らも仕事と私生活を楽しむ「イクボス・温かボス」になることを宣言します。  
副 町 長 近藤邦彦
副 町 長 小澤勇人
教 育 長 寺島政次
総務課長 荒井和己
取組内容 ・子育てや介護など職員の実情を考慮して事務分担の見直しや業務の割振り等を弾力的に決定します。
・育児・介護など時間に制約を受ける職員に配慮し、会議の開始・終了時間を設定します。
・定期的に職場全体の事務処理体制の見直し・工夫を行いながら、時間外勤務時間を昨年度から10%縮減します。
・休暇を取得しやすいよう、日頃から係間で業務の共有をはかります。
・毎週水曜日のノー残業デイの徹底を図ります。
・男性職員の育児参画の促進を含め、全職員に対し、出産・育児に関する諸制度に関する職場研修を年1回以上行  います。
・男性職員が活用できる「配偶者出産休暇」「育児休暇」について、取得可能日数の完全取得を徹底します。
・母性保護・子育て・介護に係る休暇の取得について、対象となる職員へ積極的に働きかけます。
・夏の時差勤務制度の活用を呼びかけ、多様な働き方を勧めます。
 
実施報告    
企業・団体名 長和町 議会事務局 14
部署名 名  前 宣言日 宣言内容 備考
事務局長 城内秀樹 2016/6/17  私は、職員の子育てや介護等の家庭生活と仕事の両立を応援し、すべての職員が意欲と能力を充分に発揮して活躍でくる職場づくりを進めながら、住民に信頼され、期待に応えられる町行政を実現し、自らも仕事と私生活を楽しむ「イクボス・温かボス」になることを宣言します。  
取組内容 ・子育てや介護など職員の実情を考慮して事務分担の見直しや業務の割振り等を弾力的に決定します。
・育児・介護など時間に制約を受ける職員に配慮し、会議の開始・終了時間を設定します。
・休暇を取得しやすいよう、日頃から係間で業務の共有をはかります。
・子どもの学校行事や家族の誕生日等に合わせた年次休暇取得計画を年度当初にまとめて申請するよう働きかけます。
・男性職員の育児参画の促進を含め、出産・育児に関する諸制度の周知を図ります。
・男性職員が活用できる「配偶者出産休暇」「育児休暇」について、休暇の取得を積極的に働きかけます。
・母性保護・子育て・介護に係る休暇の取得について、対象となる職員へ積極的に働きかけます。
 
実施報告    
企業・団体名 長和町役場 15
部署名 名  前 宣言日 宣言内容 備考
産業振興課
課   長
金山睦夫 2016/6/20  私は、職員の子育てや介護等の家庭生活と仕事の両立を応援し、すべての職員が意欲と能力を充分に発揮して活躍できる職場づくりを進めながら、住民に信頼され、期待に応えられる町行政を実現し、自らも仕事と私生活を楽しむ「イクボス・温かボス」になることを宣言します。  
取組内容 ・子育てや介護など職員の実情を考慮して事務分担の見直しや業務の割振り等を弾力的に運用します。
・育児・介護など時間に制約を受ける職員に配慮し、会議の開始・終了時間を設定します。
・定期的に職場全体の事務処理体制の見直し・工夫を行いながら、時間外勤務時間の縮減を目指します。
・休暇を取得しやすいよう、日頃から係間で業務の共有をはかります。
・子どもの学校行事や家族の誕生日等に合わせた年次休暇取得計画を年度当初にまとめて申請するよう周知します。
・男性職員の育児参画の促進を含め、全職員に対し、出産・育児に関する諸制度の周知をはかます。
・男性職員が活用できる「配偶者出産休暇」「育児休暇」について、取得可能日数の完全取得を目指します。
・母性保護・子育て・介護に係る休暇の取得について、対象となる職員へ積極的に働きかけます。
 
実施報告    
企業・団体名 長和町役場 16
部署名 名  前 宣言日 宣言内容 備考
建設水道課
課   長
羽毛田健次 2016/6/20  私は、職員の子育てや介護等の家庭生活と仕事の両立を応援し、すべての職員が意欲と能力を充分に発揮して活躍できる職場づくりを進めながら、住民に信頼され、期待に応えられる町行政を実現し、自らも仕事と私生活を楽しむ「イクボス・温かボス」になることを宣言します。  
取組内容 ・子育てや介護など職員の実情を考慮して事務分担の見直しや業務の割振り等を弾力的に決定します。
・育児・介護など時間に制約を受ける職員に配慮し、会議の開始・終了時間を設定します。
・休暇を取得しやすいよう、日頃から係間で業務の共有をはかります。
・子どもの学校行事や家族の誕生日等に合わせた年次休暇取得計画を年度当初にまとめて申請するよう周知します。
・月に1日「完全定時退庁日」を設定し、その徹底を図ります。
・男性職員の育児参画の促進を含め、全職員に対し、出産・育児に関する諸制度に関する職場研修を年1回以上行います。
・男性職員が活用できる「配偶者出産休暇」「育児休暇」について、取得可能日数の完全取得を徹底します。
・母性保護・子育て・介護に係る休暇の取得について、対象となる職員へ積極的に働きかけます。
 
実施報告    
企業・団体名 長和町役場 20
部署名 名  前 宣言日 宣言内容 備考
こども・健康
推進課課長
山浦純一 2016/6/21  私は、職員の子育てや介護等の家庭生活と仕事の両立を応援し、すべての職員が意欲と能力を十分に発揮して活躍できる職場づくりを進めながら、住民に信頼され、期待に応えられる町行政を実現し、自らも仕事と私生活を楽しむ「イクボス・温かボス」になることを宣言します。  
取組内容 ・子育てや介護など職員の実情を考慮して事務分担の見直しや業務の割振り等を弾力的に決定します。  
実施報告    
企業・団体名 長和町役場 21
部署名 名  前 宣言日 宣言内容 備考
総務課長 森田幸雄 2016/6/22  私は、職員の子育てや介護等の家庭生活と仕事の両立を応援し、すべての職員が意欲と能力を十分に発揮して活躍できる職場づくりを進めながら、住民に信頼され、期待に応えられる町行政を実現し、自らも仕事と私生活を楽しむ「イクボス・温かボス」になることを宣言します。  
取組内容 ・子育てなど職員の実情を考慮して事務分担の見直しや業務の割振り等を弾力的に決定します。
・休暇を取得しやすいよう、、日頃から課内で業務の共有をはかります。
 
実施報告    
企業・団体名 関東農政局 17
部署名 名  前 宣言日 宣言内容 備考
地方参事官
(長野県担当)
松井宏聡 2016/6/21  私は、職員が安心して子どもを産み育てることができ、子育てや介護等の家庭生活と仕事を両立していくことができるように、ワーク・ライフ・バランスの構築を図り、職員の仕事と子育てや介護との両立を支援していくことを宣言します。  
取組内容 ・両立支援制度を利用する職員をサポートしやすい環境を整備する。
・業務の効率化をさらに進め、超過勤務を削減する。
・フレックスタイム制の活用、各種休暇の取得推進を図る。
 
実施報告    
企業・団体名 (株)サイベックコーポレーション 18.19
部署名 名  前 宣言日 宣言内容 備考
代表取締役
社長
平林巧造 2016/6/21  「社員は家族」が当社のモットーです。従業員が少しでも家族との時間を育めるよう、ワーク・ライフ・バランスの構築を図り、全面的にサポートする体制を整えることをここに宣言いたします。  
経営品質部
主任技師
大久保由理
取組内容 ・男性従業員が積極的に子供の行事に参加できるよう、有給休暇願の提出方法を変更しました。
・毎月第3木曜日はノー残業デーです。
・育児中の社員が働きやすいよう、それぞれのニーズに合わせた働き方を提案しています。
 
実施報告    
企業・団体名 株式会社ヤッホーブルーイング 22.23
部署名 名  前 宣言日 宣言内容 備考
代表取締役 井手直行 2016/6/23  私は、従業員が安心して子どもを産み育てることができ、子育てや介護等の家庭生活と仕事を両立していくことができるように、ワーク・ライフ・バランスの構築を図り、従業員の仕事と子育てや介護との両立を支援していくことを宣言します。  
(管理職) 長岡知之
取組内容 ・業務の効率化をさらに進め、時間外労働時間を減少させる。
・従業員へ育児休業などの取得について積極的に声がけをする。
・従業員と個別に面談を行い、配慮すべき事情を把握し、働きやすい環境を提供する。
 
イクメン・イクウィメン宣言 従業員一同 ・私は、業務の効率化を心がけ、仕事と子育てや介護等との両立を実践していくことを宣言します。
・チーム内に子育てや介護をしているメンバーがいるときは、その状況を理解し助け合って働けるように協力することを宣言します。
 
実施報告    
企業・団体名 国土交通省 北陸地方整備局 千曲川河川事務所 24.25.26
部署名 名  前 宣言日 宣言内容 備考
事務所長 堤  達也 2016/6/23  私は、職員が子育てや介護等の家庭生活と仕事を両立していくことができるように、ワークライフバランスの推進を支援していくことを宣言します。  
副所長 長谷川賢市
総務課長 春原 慎一
取組内容 ・子育て支援制度の周知と取りやすい環境づくりを進めます。
・残業ゼロの日や定時退庁日の推進で、時間外労働時間の減少に努めます。
・管理職が率先して、休暇の取得や定時退庁を心掛けます。
・職員と所属長の日頃からの意思疎通をはかり、配慮すべき事情を把握します。
 
実施報告    
企業・団体名 長和町教育委員会 27
部署名 名  前 宣言日 宣言内容 備考
教育長 辰野登志男 2016/6/27  私は、職員の子育てや介護等の家庭生活と仕事の両立を応援し、すべての職員が意欲と能力を十分に発揮して活躍できる職場づくりを進めながら、住民に信頼され、期待に応えられる町行政を実現し、自らも仕事と私生活を楽しむ「イクボス・温かボス」になることを宣言します。  
取組内容 〇子育てや介護など職員の実情を考慮して事務分担の見直しや業務の割振り等を弾力的に決定します。
〇育児・介護など時間に制約を受ける職員に配慮し、会議の開始・終了時間を設定します。
〇定期的に職場全体の事務処理体制の見直し・工夫を行いながら、時間外勤務時間を昨年度から10%縮減します。
〇休暇を取得しやすいよう、日頃から係間で業務の共有をはかります。
〇毎週1回「完全定時退庁」が実践出来るよう徹底を図ります。
 
実施報告    
企業・団体名 長和町役場 28
部署名 名  前 宣言日 宣言内容 備考
副町長 西藤栄二 2016/6/29  私は、職員の子育てや介護等の家庭生活と仕事の両立を応援し、すべての職員が意欲と能力を十分に発揮して活躍できる職場づくりを進めながら、住民に信頼され、期待に応えられる町行政を実現し、自らも仕事と私生活を楽しむ「イクボス・温かボス」になることを宣言します。  
取組内容 〇楽しく仕事ができるよう、日頃からコミュニケーションを図り、明るく活力ある職場づくりを推進致します。
〇職員ひとり一人の仕事の内容、仕事量等を的確に把握し、適正な業務の割り振りに努めます。
〇仕事の効率化を進めるため、仕事中は私語を慎み、仕事に集中し、緊張感ある職場づくりを目指します。
〇与えられた仕事に対し、恒に疑問を持ち、町民目線を物事の判断基準とし、意識的、能動的に仕事に取り組む姿勢と意欲を構築するため諸事業を展開します。
 
実施報告    
企業・団体名 長和町役場 30
部署名 名  前 宣言日 宣言内容 備考
町長 羽田健一郎 2016/7/1  私は、職員の子育てや介護等の家庭生活と仕事の両立を応援し、すべての職員が意欲と能力を十分に発揮して活躍できる職場づくりを進めながら、住民に信頼され、期待に応えられる町行政を実現し、自らも仕事と私生活を楽しむ「イクボス・温かボス」になることを宣言します。  
取組内容  ワークライフバランスの推進と全職員の働き方について把握し、職場全体の業務分担を弾力的に見直すことで、子育てや介護等時間に制約のある職員のみならず、全ての職員が健康で生き生きと働き、成長し、その能力を最大限に発揮することができる職場環境を構築します。  
実施報告    
企業・団体名 長和町役場 31
部署名 名  前 宣言日 宣言内容 備考
町民福祉課
課長
小林文江 2016/7/1  私は、職員の子育てや介護等の家庭生活と仕事の両立を応援し、すべての職員が意欲と能力を十分に発揮して活躍できる職場づくりを進めながら、住民に信頼され、期待に応えられる町行政を実現し、自らも仕事と私生活を楽しむ「イクボス・温かボス」になることを宣言します。  
取組内容 ・自身も先輩の経験者として、子育てや介護など職員の実情を考慮して事務分担の見直しや業務の割振り等を弾力的に決定します。
・育児・介護など時間に制約を受ける職員に配慮するとともに、休暇を取得しやすいよう、日頃から課内のコミュニケーションをはかり、係間で業務の共有を行います。
 
実施報告    
企業・団体名 長和町役場 32
部署名 名  前 宣言日 宣言内容 備考
企画財政課
課長
藤森和明 2016/7/1  私は、職員の子育てや介護等の家庭生活と仕事の両立を応援し、すべての職員が意欲と能力を十分に発揮して活躍できる職場づくりを進めながら、住民に信頼され、期待に応えられる町行政を実現し、自らも仕事と私生活を楽しむ「イクボス・温かボス」になることを宣言します。  
取組内容  育児・介護など時間に制約を受ける職員に対し、休暇を取得しやすいよう、日頃から係間で業務の共有をはかります。  
実施報告    
企業・団体名 長和町役場 95
部署名 名  前 宣言日 宣言内容 備考
教育委員会
教育課
課長
藤田仁史 2016/7/1  私は、職員の子育てや介護等の家庭生活と仕事の両立を応援し、すべての職員が意欲と能力を十分に発揮して活躍できる職場づくりを進めながら、住民に信頼され、期待に応えられる町行政を実現し、自らも仕事と私生活を楽しむ「イクボス・温かボス」になることを宣言します。  
取組内容 〇母性保護・子育て・介護に係る休暇の取得について、対象となる職員へ積極的に働きかけます。
〇休暇を取得しやすいよう、日頃から係間で業務の共有をはかります。
 
実施報告    
企業・団体名 日本政策金融公庫  長野支店 29
部署名 名  前 宣言日 宣言内容 備考
支店長 平田 浩幸 2016/6/29  私は、職員が安心して子どもを産み育てることができ、子育てや介護等の家庭生活と仕事を両立していくことができるように、ワークライフ・マネジメントの実践が可能な職場づくりに取り組み、職員による仕事と育児や介護等との両立を支援していくことを宣言します。 2017/8/1
宣言者更新
取組内容 ・全ての支店職員のワークライフ・マネジメント実現のため、ノー残業デーの実施や年次有給休暇の計画的取得を推進します。
・それぞれの仕事をお互いにカバーできる態勢を整え、育児や介護等に伴う休業・短時間勤務を取得しやすい職場を目指します。
・管理職が職員と個別に面談を行い、配慮すべき事情を把握します。
 
イクメン・イクウィメン宣言 従業員9名  私は、業務の効率化を心がけ、仕事と育児や介護等との両立を実践していくことを宣言します。  
実施報告    
企業・団体名 南相木村 33〜40
部署名 名  前 宣言日 宣言内容 備考
村 長 中島則保 2016/7/1  私たちは、職員の子育てや介護等の家庭生活と仕事の両立を応援し、すべての職員が意欲と能力を十分に発揮して活躍できる職場づくりを進めながら、村民に信頼され、期待に応えられる村行政を実現し、自らも仕事と私生活を楽しむ「イクボス・温かボス」になることを宣言します。  
教育長 中島 栄
総務課長 田村公彦
振興課長 中島教好
住民課長 柳澤 猛
議会事務局長 児玉常夫
保育所長 菊池初美
会計管理者 菊原礼子
取組内容 ・子育てや介護など職員の実情を考慮して事務分担の見直しや業務の割振り等を弾力的に決定します。
・定期的に職場全体の事務処理体制の見直し・工夫を行いながら、時間外勤務時間の縮減に務めます。
・休暇を取得しやすいよう日頃から係間で業務の共有をはかり、平成32年度までに平均取得日数10日を目指します。
・毎週金曜日は「完全定時退庁日」を設定し、その徹底を図ります。
・男性職員の育児参画の促進を促し「育児休暇」の取得率5%を目指します。
・男性職員が活用できる「配偶者出産休暇」について、平成32年度までに2日間以上の取得に努めます。
・母性保護・子育て・介護に係る休暇の取得について、対象となる職員へ積極的に働きかけます。
 
実施報告    
企業・団体名 国立大学法人 信州大学 41
部署名 名  前 宣言日 宣言内容 備考
学長 濱田州博
(以下56名)
2016/6/29  私は、本学の教職員が、子育てや介護等の家庭生活と仕事を両立していくことができるよう、ワーク・ライフ・バランスに配慮した優しい職場環境を整備するとともに、組織の一人一人が個性や能力を発揮し、高い成果が上げられるよう、子育てや介護等の家庭生活と仕事との両立を支援していきます。また、教職員だけでなく、学生に対する意識啓発も行い、ワーク・ライフ・バランスを十分に意識して社会で活躍ができる人材を育成します。 H29/5/22
宣言者数変更
取組内容 ・子育てや介護が必要な教職員に優しい制度の構築や職場環境の整備に努めます。
・本学の教職員が個性や能力を最大限発揮できるよう、ワーク・ライフ・バランスを積極的に推進するとともに、自らも充実した仕事と私生活を送る「イクボス」となります。
・教職員や学生に対するワーク・ライフ・バランスに対する意識啓発活動を積極的に推進します。
 
実施報告    
企業・団体名 第一生命保険株式会社 松本支社 96・97
部署名 名  前 宣言日 宣言内容 備考
支社長 西原和也 2016/7/1  私は、従業員が安心して子どもを産み育てることができ、子育てや介護等の家庭生活と仕事を両立していくことができるように、ワーク・ライフ・バランスの構築を図り従業員の仕事と子育てや介護との両立を支援していくことを宣言します。  
副社長 小梶貴聡
取組内容 ・公休取得を推進します。
・勤務時間ルールを徹底し、生産性を高めます。
・週1回の早帰り日を実施します。
・従業員へ育児休業などの取得について積極的に声かけをします。
・従業員と個別に面談を行い、配慮すべき事情を把握します。
・子育てや介護など従業員の実情を考慮して業務分担を決定します。
 
イクメン・イクウィメン宣言 代表
 高山幸恵
 総数415人
 私は、業務の効率化を心がけ、仕事と子育てや介護との両立を実践していくことを宣言します。  
実施報告    
企業・団体名 長野県 98
部署名 名  前 宣言日 宣言内容 備考
長野県知事 阿部守一 宣言到着日
2016/7/7
 私は、職員の子育てや介護等の家庭生活と仕事の両立を応援し、すべての職員が意欲と能力を十分に発揮して活躍できる職場づくりを進めながら、県民に信頼され、期待に応えられる県行政を実現し、自らも仕事と私生活を楽しむ「イクボス・温かボス」になることを宣言します。 長野県管理職
宣言者数391人
取組内容 (率先垂範と県の組織風土改革)
○県組織全体で、超過勤務の削減や、年次有給休暇をはじめとする休暇の取得拡大を促進し、県職員が、仕事はもとより家庭や地域においても充実した生活を送ることができるよう、自らが率先垂範するとともに、県の組織風土を改革する。
 そのため、
・執務時間内に仕事を終えるようにするとともに、率先して休みを取る。
・仕事の効率化や多様な働き方の普及を促し、短時間で従来以上の成果をあげることができる職場づくりに取組む。(資料作りの簡素化、会議時間・打ち合わせ時間の短縮、テレワークの促進など)
・県組織全体の仕事量縮小(特に県民サービスに影響の少ない内部管理的な業務)に努め、超過勤務や休日勤務等が大きく削減されるよう配慮する。
・出産・育児や介護など仕事上の配慮が必要な職員を、職場全体で助け合う組織風土を醸成する。
(部下職員への配慮)
○直接の部下である部長級職員や知事秘書等との円滑なコミュニケーションを維持するとともに、子どもの行事等重要な家庭や地域のイベント等を共有し、公務が家庭生活に悪影響を及ぼすことがないよう配慮する。
(イクボス・温かボス宣言の普及)
○県庁内外に、イクボス・温かボス宣言をする組織や管理職等を増やしていくため、講演や会議等でその意義を広めていく。
 
実施報告    
企業・団体名 長野県 99
部署名 名  前 宣言日 宣言内容 備考
長野県
副知事
太田寛 宣言到着日
2016/7/7

宣言日
2016/7/1
 私は、職員の子育てや介護等の家庭生活と仕事の両立を応援し、すべての職員が意欲と能力を十分に発揮して活躍できる職場づくりを進めながら、県民に信頼され、期待に応えられる県行政を実現し、自らも仕事と私生活を楽しむ「イクボス・温かボス」になることを宣言します。  
取組内容 ○家庭生活や地域活動のための十分な時間を確保できるよう、職員に積極的な休暇の取得や時間外勤務の縮減を働きかける。
○男性職員が活用できる「配偶者出産休暇」や「育児休暇」の取得を働きかけることなどで、男性職員の育児参画を促す。
○日頃から職員とのコミュニケーションを図ることで、相談しやすく、働きやすい、明るい職場づくりを進める。
 
実施報告    
企業・団体名 長野県 100
部署名 名  前 宣言日 宣言内容 備考
長野県
副知事
中島恵理 宣言到着日
2016/7/7

宣言日
2016/7/1
 私は、職員の子育てや介護等の家庭生活と仕事の両立を応援し、すべての職員が意欲と能力を十分に発揮して活躍できる職場づくりを進めながら、県民に信頼され、期待に応えられる県行政を実現し、自らも仕事と私生活を楽しむ「イクボス・温かボス」になることを宣言します。  
取組内容 ○県全域におけるイクボス・温かボス普及のために、講演や各種会議等でイクボス・温かボスの意義やプロジェクトについてPRし、長野県のイクボス・温かボス拡大のために最大限取り組みます。
○県組織内におけるイクボス・温かボス推進及び充実のために尽力します。そのため、県組織全体における温かい職場づくりを行うため、担当部局の職員と「イクボス・温かボスランチミーティング」を開催し、子育てや介護中の職員の話や課におけるイクボス・温かボスの実践状況を伺うことで、課内における上司と部下とのコミュニケーションを円滑にするとともに、県組織全体として取り組めることを考えます。
 また、その中で、女性のワークライフバランスの支援、そして、男性職員の育児休暇取得や参観日参加等男性職員の家庭参加も促せるような雰囲気づくりを行います。
○妊娠中、育児休暇明けの職員が当該期間中の体調等に考慮しながら働きやすい環境づくりを検討し、関係課と調整のうえ、実践します。第1弾の取組として育児休暇明けの職員が母乳が冷凍でき、また妊娠中の女性職員が適宜休息し、補食したりできるよう、冷蔵庫を県庁の女性職員の休養室に試行的に置きます。また、県庁の公用車利用にあたって、柔らかい座席を有する車を妊娠中の女性職員が優先的に使えるようにします。
○副知事秘書等が子育てや介護等との実情を考慮した働き方ができるよう、年度当初及び随時に学校行事等の年間スケジュールを1つのカレンダーに記載し、学校行事等がある場合には、休暇をとれるよう業務を調整するとともに、自分から積極的に声をかけます。
○担当部局の業務を軽減するため、メールの活用や資料入れなどにより、レク対応の効率化を図ります。
○日々の業務を常に効率化しながら、無駄な業務が省けるよう、慣例にとらわれずに考え、実践します。
 
実施報告    
企業・団体名 長野県教育委員会 147
部署名 名  前 宣言日 宣言内容 備考
教育長 原山隆一 宣言到着日
2016/9/26
 私は、教職員の子育てや介護等の家庭生活との仕事の両立を応援し、すべての教職員が意欲と能力を十分に発揮して活躍できる職場づくりを進めながら、県民に信頼され、期待に応えられる 信州教育 を推進し、自らも仕事と私生活を楽しむ「イクボス・温かボス」になることを宣言します。 長野県教育委員会事務局管理職宣言者数 83名
県立学校長宣言者数   99名

市町村立小中学校長等宣言者数
(549名 7月1日現在)
取組内容  教職員が自らの子育てや介護にしっかりと向き合うことは、教育委員会で行う施策や学校で行っている教育について、実体験として感じることができる貴重な場であること、その体験が職場全体の発想力を豊かにすることを組織として意識し、教職員が子育て、介護に向き合いやすい環境整備に努めます。
・業務の効率化の推進と時間外勤務の縮減に取り組み、教職員のワークライフバランスの実現を目指します。
・日頃から教職員とのコミュニケーションを図り、明るく風通しのよい職場環境づくりを推進します。
実施報告    
企業・団体名 長野労働局 101〜126
部署名 名  前 宣言日 宣言内容 備考
長野労働局長 石田 茂雄
(以下 26名)
宣言到着日
2016/7/7

宣言日
2016/6/29
 私は、職員が安心して子供を産み育てることができ、子育てや介護等の家庭生活と仕事を両立していくことができるように、ワーク・ライフ・バランスの実現を目指し、職員を支援していくことを宣言します! H29/4/26
宣言者26名のうち
15名変更登録
取組内容 長野労働局長
石田 茂雄
☆ 職員各自の育児・介護の状況の把握に努めます。
☆ 育児休業・介護休業を取りやすい雰囲気作りに努めます。
☆ フレックスタイム制度を活用し、柔軟な働き方を実現させます。
☆ 業務の効率化を常に検討し、職員が安心して育児・介護と両立して活躍できる環境整備に努めます。
 
長野労働局
総務部長

岡安 文夫
☆ 職員各自の育児・介護の状況の把握に努めます。
☆ 育児休業・介護休業を取りやすい雰囲気作りに努めます。
☆ フレックスタイム制度を活用し、柔軟な働き方を実現させます。
☆ 業務の効率化を常に検討し、職員が安心して育児・介護と両立して活躍できる環境整備に努めます。
長野労働局
雇用環境・均等室長

川崎 健
☆ 育児休業や介護休業などの両立支援制度をみんなに周知します。
☆ 職員各自の育児・介護の状況の把握に努めます。
☆ 育児休業・介護休業など休業・休暇を取りやすい雰囲気作りに努めます。
☆ フレックスタイム制度を活用し、柔軟な働き方を実現させます。
☆ 業務の効率化を常に検討し、職員が安心して育児・介護と両立して活躍できる環境整備に努めます。
長野労働局
労働基準部長

宇野 浩一
☆ 職員各自の育児・介護の状況の把握に努めます。
☆ 育児休業・介護休業を取りやすい雰囲気作りに努めます。
☆ フレックスタイム制度を活用し、柔軟な働き方を実現させます。
☆ 業務の効率化を常に検討し、職員が安心して育児・介護と両立して活躍できる環境整備に努めます。
長野労働局
職業安定部長

焼山 正信
☆ 職員各自の育児・介護の状況の把握に努めます。
☆ 育児休業・介護休業を取りやすい雰囲気作りに努めます。
☆ フレックスタイム制度を活用し、柔軟な働き方を実現させます。
☆ 業務の効率化を常に検討し、職員が安心して育児・介護と両立して活躍できる環境整備に努めます。
長野労働基準監督署長
古田 耕司
☆ 職員各自の育児・介護の状況の把握に努めます。
☆ 育児休業・介護休業を取りやすい雰囲気作りに努めます。
☆ フレックスタイム制度を活用し、柔軟な働き方を実現させます。
☆ 業務の効率化を常に検討し、職員が安心して育児・介護と両立して活躍できる環境整備に努めます。
松本労働基準監督署長
小林 正茂
☆ 職員各自の育児・介護の状況の把握に努めます。
☆ 育児休業・介護休業を取りやすい雰囲気作りに努めます。
☆ フレックスタイム制度を活用し、柔軟な働き方を実現させます。
☆ 業務の効率化を常に検討し、職員が安心して育児・介護と両立して活躍できる環境整備に努めます。
岡谷労働基準監督署長
若林 茂樹
☆ 職員各自の育児・介護の状況の把握に努めます。
☆ 育児休業・介護休業を取りやすい雰囲気作りに努めます。
☆ フレックスタイム制度を活用し、柔軟な働き方を実現させます。
☆ 業務の効率化を常に検討し、職員が安心して育児・介護と両立して活躍できる環境整備に努めます。
上田労働基準監督署長
村山 弘次
☆ 職員各自の育児・介護の状況の把握に努めます。
☆ 育児休業・介護休業を取りやすい雰囲気作りに努めます。
☆ フレックスタイム制度を活用し、柔軟な働き方を実現させます。
☆ 業務の効率化を常に検討し、職員が安心して育児・介護と両立して活躍できる環境整備に努めます。
飯田労働基準監督署長
関川 秀泉
☆ 職員各自の育児・介護の状況の把握に努めます。
☆ 育児休業・介護休業を取りやすい雰囲気作りに努めます。
☆ フレックスタイム制度を活用し、柔軟な働き方を実現させます。
☆ 業務の効率化を常に検討し、職員が安心して育児・介護と両立して活躍できる環境整備に努めます。
中野労働基準監督署長
的場 由美
☆ 職員各自の育児・介護の状況の把握に努めます。
☆ 育児休業・介護休業を取りやすい雰囲気作りに努めます。
☆ フレックスタイム制度を活用し、柔軟な働き方を実現させます。
☆ 業務の効率化を常に検討し、職員が安心して育児・介護と両立して活躍できる環境整備に努めます。
小諸労働基準監督署長
古畑 善美
☆ 職員各自の育児・介護の状況の把握に努めます。
☆ 育児休業・介護休業を取りやすい雰囲気作りに努めます。
☆ フレックスタイム制度を活用し、柔軟な働き方を実現させます。
☆ 業務の効率化を常に検討し、職員が安心して育児・介護と両立して活躍できる環境整備に努めます。
伊那労働基準監督署長
堀田英一
☆ 職員各自の育児・介護の状況の把握に努めます。
☆ 育児休業・介護休業を取りやすい雰囲気作りに努めます。
☆ フレックスタイム制度を活用し、柔軟な働き方を実現させます。
☆ 業務の効率化を常に検討し、職員が安心して育児・介護と両立して活躍できる環境整備に努めます。
大町労働基準監督署長
柴崎 正彦
☆ 職員各自の育児・介護の状況の把握に努めます。
☆ 育児休業・介護休業を取りやすい雰囲気作りに努めます。
☆ フレックスタイム制度を活用し、柔軟な働き方を実現させます。
☆ 業務の効率化を常に検討し、職員が安心して育児・介護と両立して活躍できる環境整備に努めます。
長野公共職業安定所長
小林 巌
☆ 職員各自の育児・介護の状況の把握に努めます。
☆ 育児休業・介護休業を取りやすい雰囲気作りに努めます。
☆ フレックスタイム制度を活用し、柔軟な働き方を実現させます。
☆ 業務の効率化を常に検討し、職員が安心して育児・介護と両立して活躍できる環境整備に努めます。
松本公共職業安定所長
橘田 利男
☆ 職員各自の育児・介護の実状の把握に努めます。
☆ 育児休業・介護休業を取りやすい職場の雰囲気作りに努めます。
☆ フレックスタイム制度を活用など、柔軟な働き方の実現に努めます。
☆ 業務の効率化を常に意識・検討して、職員が安心して育児・介護と仕事を両立し、活躍できる職場環境の整備に努めます。
上田公共職業安定所長
高山 守
☆ 職員各自の育児・介護の状況の把握に努めます。
☆ 育児休業・介護休業を取りやすい雰囲気作りに努めます。
☆ 業務の効率化を常に検討し、職員が安心して育児・介護と両立して活躍できる環境、時間外労働の減少や有給休暇の取得増加する環境の整備に努めます。
飯田公共職業安定所長
湯澤 高康
☆ 職員各自の育児・介護の状況の把握に努めます。
☆ 育児休業・介護休業を取りやすい雰囲気作りに努めます。
☆ フレックスタイム制度を活用し、柔軟な働き方を実現させます。
☆ 業務の効率化を常に検討し、職員が安心して育児・介護と両立して活躍できる環境整備に努めます。
伊那公共職業安定所長
竹村 典幸
☆ 職員各自の育児・介護の状況の把握に努めます。
☆ 育児休業・介護休業を取りやすい雰囲気作りに努めます。
☆ フレックスタイム制度を活用し、柔軟な働き方を実現させます。
☆ 業務の効率化を常に検討し、職員が安心して育児・介護と両立して活躍できる環境整備に努めます。
篠ノ井公共職業安定所長
西澤 和己
☆ 職員各自の育児・介護の状況の把握に努めます。
☆ 育児休業・介護休業を取りやすい雰囲気作りに努めます。
☆ フレックスタイム制度を活用し、柔軟な働き方を実現させます。
☆ 業務の効率化を常に検討し、職員が安心して育児・介護と両立して活躍できる環境整備に努めます。
飯山公共職業安定所長
木村 敦男
☆ 職員各自の育児・介護の状況の把握に努めます。
☆ 育児休業・介護休業を取りやすい雰囲気作りに努めます。
☆ 年次休暇の取得及びフレックスタイムの活用促進に努めます。
☆ 業務の効率化を常に検討し、職員が安心して育児・介護と両立して活躍できる環境整備に努めます。
木曽福島公共職業安定所長
渡邉 克彦
☆ 職員各自の育児・介護の状況の把握に努めます。
☆ 育児休業・介護休業を取りやすい雰囲気作りに努めます。
☆ フレックスタイム制度を活用し、柔軟な働き方を実現させます。
☆ 業務の効率化を常に検討し、職員が安心して育児・介護と両立して活躍できる環境整備に努めます。
佐久公共職業安定所長
土屋 直樹
☆ 職員各自の育児・介護の状況の把握に努めます。
☆ 育児休業・介護休業を取りやすい雰囲気作りに努めます。
☆ フレックスタイム制度の周知・活用を図り、柔軟な働き方の後押しに努めます。
☆ 業務の効率化を常に検討し、職員が安心して育児・介護と両立して活躍できる環境整備に努めます。
大町公共職業安定所長
百瀬 晃
☆ 職員各自の育児・介護の状況の把握に努めます。
☆ 育児休業・介護休業を取りやすい雰囲気作りに努めます。
☆ フレックスタイム制度を活用し、柔軟な働き方を実現させます。
☆ 業務の効率化を常に検討し、職員が安心して育児・介護と両立して活躍できる環境整備に努めます。
須坂公共職業安定所長
磯貝 茂夫
☆ 職員各自の育児・介護の状況の把握に努めます。
☆ 育児休業・介護休業を取りやすい雰囲気作りに努めます。
☆ フレックスタイム制度を活用し、柔軟な働き方を実現させます。
☆ 業務の効率化を常に検討し、職員が安心して育児・介護と両立して活躍できる環境整備に努めます。
諏訪公共職業安定所長
上野 大一朗
☆ 職員各自の育児・介護の状況の把握に努めます。
☆ 育児休業・介護休業を取りやすい雰囲気作りに努めます。
☆ フレックスタイム制度を活用し、柔軟な働き方を実現させます。
☆ 業務の効率化を常に検討し、職員が安心して育児・介護と両立して活躍できる環境整備に努めます。
実施報告    
企業・団体名 千曲市 127
部署名 名  前 宣言日 宣言内容 備考
市 長 岡田 昭雄 宣言到着日
2016/7/25

宣言日
2016/7/22
 私たちは、組織のリーダーとして、自らが「イクボス・温かボス」となり、職員の仕事と生活の調和を大切にしながら、ワーク・ライフ・バランスを推進するとともに、市民サービスの更なる向上を目指し、次の事項に真剣に取り組むことを宣言します。 千曲市管理職
宣言者数53人
(7月22日現在)
副市長 山本 高明
教育委員会
教育長
吉川 弘義
取組内容 1 職員とのコミュニケーションを深め、明るく、風通しのよい、何でも相談できる職場の雰囲気を醸成します。
2 職員が、安心して子育てや介護をしながら、いきいきと働くことができるよう、多様で柔軟な働き方を推進し、仕事と生活の両立を応援します。
3 職員の個性と能力を十分に生かしながら、意欲と活力に満ちた職場づくりを進め、組織パフォーマンスの向上を図ります。
4 自らも仕事と生活の調和を実践し、充実した人生を楽しみます。
 
実施報告    
企業・団体名 高森町役場 (下伊那郡) 128
部署名 名  前 宣言日 宣言内容 備考
副町長 山田幹男 宣言到着日
2016/8/2

宣言日
2016/7/11
 私は、役場職員が安心して子どもを産み育てることができ、子育てや介護等の家庭生活と仕事を両立していくことができるように、ワーク・ライフ・バランスの構築を図り、職員の仕事と子育てや介護との両立を支援していくことを宣言します。  
取組内容 ・関係課長と面談を行い、配慮すべき事情を把握します。
・その上で、育児休暇や介護休暇、短時間勤務制度について、無理のない範囲で利用しやすい環境を進めます。
・積極的な事務改善を行い、時間外労働を減少させ、休暇を取得しやすい環境を作ります。
・子育てや介護など職員の実情をできる限り考慮して業務分担を決定します。
 
実施報告    
企業・団体名 高森町教育委員会(下伊那郡) 129
部署名 名  前 宣言日 宣言内容 備考
教育長 光沢郁夫 宣言到着日
2016/8/2

宣言日
2016/7/7
 私は、教育委員会所轄職員及び学校教職員(以下、「所轄職員及び教職員」という。)が安心して子どもを産み育てることができ、子育てや介護等の家庭生活と仕事を両立していくことができるように、ワーク・ライフ・バランスの構築を図り、所轄職員及び教職員の仕事と子育てや介護との両立を支援していくことを宣言します。  
取組内容 ・所轄職員と面談を行い、配慮すべき事情を把握します。
・教職員については、学校長が個別に面談を行い、配慮すべき事情を把握するように働きかけます。
・その上で、育児休暇や介護休暇、短時間勤務制度の活用について、該当する所轄職員への声かけを積極的に行うとともに、学校長に対しては、該当教職員への積極的な声かけを喚起します。
・係を越えた協力体制の弾力的な運用と業務改善により、時間外労働を減少させ、休暇を取得しやすくします。
・子育てや介護など所轄職員及び教職員の実情を考慮して業務分担を決定します。
 
実施報告    
企業・団体名 高森町役場(下伊那郡) 130
部署名 名  前 宣言日 宣言内容 備考
総務課長 三沢和芳 宣言到着日
2016/8/2

宣言日
2016/7/12
 私は、役場職員が安心して子どもを産み育てることができ、子育てや介護等の家庭生活と仕事を両立していくことができるように、ワーク・ライフ・バランスの構築を図り、職員の仕事と子育てや介護との両立を支援していくことを宣言します。  
取組内容 ・毎週のノー残業デーの周知・徹底をします。
・人事担当課としては、個人の状況を把握するとともに、育児休暇や介護休暇、短時間勤務など制度の活用を紹介します。
・夏休みなど休暇取得への積極的な声掛けをして取り残しのないようにします。
・子育てや介護など職員の実情を考慮して業務分担を決定します。
 
実施報告    
企業・団体名 高森町役場(下伊那郡) 131
部署名 名  前 宣言日 宣言内容 備考
経営企画課長 壬生照玄 宣言到着日
2016/8/2

宣言日
2016/7/7
 私は、役場職員が安心して子どもを産み育てることができ、子育てや介護等の家庭生活と仕事を両立していくことができるように、ワーク・ライフ・バランスの構築を図り、職員の仕事と子育てや介護との両立を支援していくことを宣言します。  
取組内容 ・職員と個別に面談を行い、配慮すべき事情を把握します。
・その上で、育児休暇や介護休暇、短時間勤務制度の活用について、該当職員への声かけを積極的に行います。
・ICU導入など事務改善を行い、時間外労働を減少させ、休暇を取得しやすくします。
・子育てや介護など職員の実情を考慮して業務分担を決定します。
 
実施報告    
企業・団体名 高森町役場(下伊那郡) 132
部署名 名  前 宣言日 宣言内容 備考
産業課長 中塚英幸 宣言到着日
2016/8/2

宣言日
2016/7/21
 私は、役場職員が安心して子どもを産み育てることができ、子育てや介護等の家庭生活と仕事を両立していくことができるように、ワーク・ライフ・バランスの構築を図り、職員の仕事と子育てや介護との両立を支援していくことを宣言します。  
取組内容 ・職員への声掛け・質問・面談などにより、子育てや介護などに関して配慮が必要な事情の把握に努めます。
・育児休暇や介護休暇等の制度活用を該当職員に積極的に勧めると共に、産業課の職員全体が該当職員の業務を補い、制度活用を支えられるように努めます。
・業務の効率化や、優先度の設定と見直しなどに努め、時間外労働の抑制と、各種休暇の取得促進を図ります。
 
実施報告    
企業・団体名 高森町役場(下伊那郡) 133
部署名 名  前 宣言日 宣言内容 備考
建設課長 三沢茂 宣言到着日
2016/8/2

宣言日
2016/7/22
 私は、役場職員が安心して出産・子育てができる、また、介護離職ゼロを実現できる家庭生活と仕事の両立を応援し、職員が意欲と能力を十分に発揮して活躍できる職場環境づくりに取り組んでいくことを宣言します。  
取組内容 ・職員が気兼ねなく何でも相談できるよう、明るく風通しの良い職場づくりに努めます。
・毎週水曜日の「ノー残業デイ」には、声掛けによりその徹底を図ります。
・子育てや介護など職員の実情を考慮して、事務分担の見直し等弾力的に行います。
・仕事が特定の職員に偏らないよう配慮して、時間外勤務の短縮を図ります。
 
実施報告    
企業・団体名 高森町役場(下伊那郡) 134
部署名 名  前 宣言日 宣言内容 備考
環境水道課長 野沢稔 宣言到着日
2016/8/2

宣言日
2016/7/25
 私は、役場職員が安心して子どもを産み育てることができ、子育てや介護等の家庭生活と仕事を両立していくことができるように、ワーク・ライフ・バランスの構築を図り、職員の仕事と子育てや介護との両立を支援していくことを宣言します。  
取組内容 ・職員との面談を通じ、家庭生活と仕事との両立のために配慮すべきことを把握します。
・職員同士が、子育てや介護など互いの実情に合わせたワーク・ライフ・バランスの確立に協力し合う意識の共有に努めます。
・家庭のための休暇であることを宣言し取得するなど、自らも率先し家庭生活と仕事の両立を求める行動を示します。
・その上で、育児休暇や介護休暇、短時間勤務制度の活用について、該当職員への声かけを積極的に行います。
 
実施報告    
企業・団体名 高森町役場(下伊那郡) 135
部署名 名  前 宣言日 宣言内容 備考
健康福祉課長 福島直美 宣言到着日
2016/8/2

宣言日
2016/7/25
 私は、役場職員が安心して子どもを産み育てることができ、子育てや介護等の家庭生活と仕事を両立していくことができるように、ワーク・ライフ・バランスの構築を図り、職員の仕事と子育てや介護との両立を支援していくことを宣言します。  
取組内容 ・継続的に、職員と個別に面談を行い、配慮すべき事情を把握しています。
・育児休暇や介護休暇など取りやすい環境づくり、声掛けを行っていきます。
・短時間勤務制度の活用について、男性職員並びに該当職員への周知と声かけを積極的に行います。
・事務効率化を図り、超過勤務を減少させ家族の時間を大切にできるよう声掛けを行います。
 
実施報告    
企業・団体名 高森町役場(下伊那郡) 136
部署名 名  前 宣言日 宣言内容 備考
町民税務課長 中原美幸 宣言到着日
2016/8/2

宣言日
2016/7/26
 私は、役場職員が安心して子どもを産み育てることができ、子育てや介護等の家庭生活と仕事を両立していくことができるように、ワーク・ライフ・バランスの構築を図り、職員の仕事と子育てや介護との両立を支援していくことを宣言します。  
取組内容 ・総務課に職員が妊娠から出産、子育て等の期間中に利用できる勤務時間、休暇、給付金などの「仕事と子育て等の両立を支援する制度」について、わかりやすくまとめた「ハンドブック」発行を依頼します。
・ワーク・ライフ・バランスの実現に向けて、仕事と育児等の両立のための両立支援制度を理解し、職員に各種制度の積極的な利用を呼びかけます。
・職員と個別に面談を行い、配慮すべき事情を把握します。
・その上で、育児休暇や介護休暇、短時間勤務制度の活用について、職員への声かけを積極的に行います。
・子育てや介護など職員の実情を考慮して業務分担を決定します。
 
実施報告    
企業・団体名 高森町教育委員会(下伊那郡) 137
部署名 名  前 宣言日 宣言内容 備考
事務局長 本島 憲 宣言到着日
2016/8/2

宣言日
2016/7/12
 私は、役場職員が安心して子どもを産み育てることができ、子育てや介護等の家庭生活と仕事を両立していくことができるように、ワーク・ライフ・バランスの構築を図り、職員の仕事と子育てや介護との両立を支援していくことを宣言します。  
取組内容 ・職員と個別に面談を行い、配慮すべき事情を把握します。
・子育てや介護の休暇制度の該当となる職員に、制度が活用されるよう声掛けを積極的に行います。
・制度を活用しやすい仕事内容とするため、職員の実情を考慮して業務分担を決定します。
・職員の業務内容を的確に把握し、分担の見直し、仕事の効率化、職員の連携により、時間外労働を減少させ休暇を取得しやすくします。
・以上の取組みを朝礼などで職員に周知し、休暇が取りやすい職場風土づくりに努めます。
 
実施報告    
企業・団体名 南木曽町 138
部署名 名  前 宣言日 宣言内容 備考
町 長 向井裕明 宣言到着日
2016/8/5

宣言日
2016/8/1
 私は、職員が安心して子どもを産み育てることができ、子育てや介護等の家庭生活と仕事を両立していくことができるように、ワーク・ライフ・バランスの構築を図り、職員の仕事と子育てや介護との両立を支援していくことを宣言します。  
取組内容 ・子育てや介護などに理解ある職場の雰囲気づくりに努めます。
・子育てや介護について職員個々の実情に理解を深め、希望に沿った休業や休暇の取得ができるような取り組みを行います。
・残業や休日出勤が過度にならないように気を配り、適切に余暇を取れるよう積極的に声かけなどを行います。
・職員と一緒になって、事務の改善と業務の効率化をはかり時間外労働時間を減少させます。
 
実施報告    
企業・団体名 飯田市管理職職員組合 139
部署名 名  前 宣言日 宣言内容 備考
書記長 桑原隆 宣言日
2016/8/17
 私は、「飯田市職員の仕事と生活の調和の推進に関する事業主行動計画(平成28年3月)」を踏まえ、職員の子育てや介護等の家庭生活と仕事の両立を応援し、すべての職員が意欲と能力を十分に発揮して活躍できる職場づくりを進めながら、市民に信頼され、期待に応えられる市政を実現し、自らも仕事と生活を両立する「イクボス・温かボス」になることを宣言します。  
飯田市管理職職員組合員
以下 108名
取組内容 1 私は、飯田市職員の仕事と生活の調和の推進に関する事業主行動計画をよく読み、その趣旨と目標を理解します。
2 私は、業務目標に「ワークライフバランスの風土づくり」を掲げて推進します。
3 私は、業務の効率化、事務改善につとめ、時間外労働時間の短縮を目指します。
4 私は、職員の育児や介護など実情を考慮して、事務分担や業務の共有を図ります。
5 私は、母性保護・子育て・介護に係る諸制度の活用について、対象となる職員へ積極的に働きかけます。
6 私は、男性職員の育児・介護への参画を促します。
7 私は、自ら率先して、ワークライフバランスのとれた働き方につとめます。
 
実施報告    
企業・団体名 川上村役場 140
部署名 名  前 宣言日 宣言内容 備考
村  長 藤原忠彦 宣言日
2016/8/19
 私たちは、職員の子育てや介護等の家庭生活と仕事の両立を応援し、すべての職員が意欲と能力を十分に発揮して活躍できる職場づくりを進めながら、村民に信頼され、期待に応えられる村行政を実現し、自らも仕事と私生活を楽しむ「イクボス・温かボス」になることを宣言します。  
副村長 川上芳夫
副村長 西尾友宏
教育長 小林昌夫
総務課長 中島修
保健福祉課長 新海貴
産業建設課長 小林仁史
産業建設課
管理監
山中光雄
企画課長 原 恭司
教育振興課長 渡邉昌司
子育て支援センター長 由井正一
会計管理者 中嶋豊
社会福祉協議会事務局長 原岳司
取組内容 ・楽しく仕事ができるよう、日頃からコミュニケーションを図り、明るく活力ある職場づくりを推進します。
・職員ひとり一人の仕事の内容、仕事量等を的確に把握し、適正な業務の割り振りに努めます。
・仕事の効率化を進めるため、仕事に集中し、緊張感ある職場づくりを目指します。
・育児・介護など時間に制約を受ける職員に対し、休暇を取得しやすいよう、日頃から係間で業務の共有をはかります。
・女性職員のワークライフバランスの支援を行うとともに、男性職員の育児休暇取得や介護休暇取得等家庭参加も促せるような雰囲気づくりを行います。
 
実施報告    
企業・団体名 一般社団法人長野県観光機構 141
部署名 名  前 宣言日 宣言内容 備考
事業統括
本部長
原 一樹 宣言日
2016/8/24
 私は、職員が安心して、子育てや介護等の家庭生活と仕事を両立していくことができるように、ワーク・ライフ・バランスの構築を図り、職員の仕事と子育てや介護との両立を支援していくことを宣言します。  
マーケティング局長 深山達也
総務局長 沼澤由憲
取組内容 ・業務の効率化に務め、時間外労働時間の縮減と有給休暇の取得を推進します。
・育児・介護休業などの取得について積極的に声がけします。
・職員と個別に面談を行い、配慮すべき事情を把握します。
 
実施報告    
企業・団体名 伊那谷道中かぶちゃん村(株ム田水晶山温泉ランド) 142
部署名 名  前 宣言日 宣言内容 備考
代表取締役   宣言日
2016/8/24
 私は、個々の事情(家庭生活や仕事)を把握し、職場で嫌な思いをしないよう声がけをし、配慮していき、従業員の仕事と子育てや介護との両立を支援していくことを宣言します。  
管理職 大澤正明
取組内容 ・業務の効率化を進め、家庭と職場でのメリハリのある労働環境にする。
・育児休暇の取得、時短勤務などを配慮する。
 
イクメン・イクウィメン宣言 従業員48人  私は、仕事も子育ても介護も、楽しみ、何でも相談できるような環境をつくることを宣言いたします。  
実施報告    
企業・団体名 木祖村 143
部署名 名  前 宣言日 宣言内容 備考
村長、教育長
以下 管理職11名
宣言日
2016/8/29
 私は、職員が安心して子育てや介護等との家庭生活と仕事の両立ができるよう応援し、職員が意欲と能力を十分に発揮して活躍できる職場作りを進めながら、村民に信頼され、期待に応えられる村行政を実現し、自らも仕事と私生活を楽しむ「イクボス・温かボス」になることを宣言します。  
取組内容 ・休暇を取得しやすいよう、各課内で業務の共有等調整をはかります。
・時間外労働時間を減少させるため、業務の効率化をさらに進めます。
・男性職員の配偶者出産休暇・育児休暇について、周知・取得を推進していきます。
・職員の子育て・介護等に配慮すべき事情を把握し、休暇の取得等必要な対応ができるよう努めます。
 
実施報告    
企業・団体名 株式会社八十二銀行 144
部署名 名  前 宣言日 宣言内容 備考
取締役頭取 湯本昭一 宣言日
2016/9/7
 私は、従業員の家庭生活と仕事の両立と1人ひとりの仕事を通じた活躍・自己実現を支援するため、ワーク・ライフ・バランスの構築や多様な働き方の推進に取組むことを宣言します。  
取組内容 ・多様な人材が活躍しやすい労働環境実現のため、所定労働時間削減に向けた取組みを行います。
・育児との両立を図る職員が活躍しやすい職場環境づくりに向け、男性職員の育児を目標とした休暇取得を促進します。
・場所や時間に制約のある従業員に対し、多様な働き方の選択肢を検討します。
 
実施報告    
企業・団体名 須坂市 153
部署名 名  前 宣言日 宣言内容 備考
市長 三木正夫 宣言日
2016/12/5
 私は、市長として、市民及び市職員の子育てや介護等の家庭生活と仕事の両立を支援し、すべての市民及び市職員が、意欲と能力を十分に発揮して活躍できる地域(職場)づくりを、一層推進します。そのため、市民に信頼され、将来に期待の持てる市行政を市民及び市職員とともに実現します。また、自らも仕事と私生活を充実させた「イクボス・温かボス」になることを宣言します。  
管理職員 17名
取組内容 ○市民及び市職員の一人ひとりの基本的人権を尊重します。
○市職員が、家庭生活と仕事の両立を図るため、日頃から職員とのコミュニケーションを図り、職員誰もがワーク・ライフ・バランスを実現しながら生き生きと自己実現できる職場づくりを支援します。
○須坂市民も、ワーク・ライフ・バランスを実現しながら生き生きと自己実現できる地域づくりを進めます。
○市長として、母性保護に関して、医療機関などと連携を図り、一層充実するとともに、保育に関して、基本から見直して須坂市らしい充実を図ります。
○超高齢社会に対応して、市民のために、民間と連携して福祉サービスの充実を図るとともに、市職員が介護休暇を取得しやすい市役所づくりを進めます。
○イクボス・温かボス宣言にあたり、市役所の事務処理体制を基本から徹底的に見直し、@残業時間の減少、A休暇を取りやすい職場体制づくり、B定時退庁の推進などを行います。
○超高齢社会に対応して、市民のために、民間と連携して福祉サービスの充実を図るとともに、市職員が介護休暇を取得しやすい市役所づくりを進めます。
 
実施報告    
企業・団体名 須坂市 154
部署名 名  前 宣言日 宣言内容 備考
副市長 中澤正直 宣言日
2016/12/5
 私は、職員の子育てや介護等の家庭生活と仕事の両立を応援し、すべての職員が意欲と能力を十分に発揮して活躍できる職場づくりを進めながら、市民に信頼され、期待に応えられる行政を実現し、自らも仕事と私生活を楽しむ「イクボス・温かボス」になることを宣言します。  
取組内容 ○全職員が、職員同士、来庁者、日常生活において、「心のこもった笑顔とあいさつ」が励行できるよう、推進します。
○本人・配偶者の妊娠、家族の介護など、速やかに所属長に申し出が出来るような、上司と職員とのコミュニケーションを図り、気楽に相談できる職場づくりを推進します。
 
実施報告    
企業・団体名 須坂市教育委員会 155
部署名 名  前 宣言日 宣言内容 備考
教育長 小林雅彦 宣言日
2016/12/5
 私は、職員の子育てや介護等の家庭生活と仕事の両立を応援し、すべての職員が意欲と能力を十分に発揮して活躍できる職場づくりを進めながら、市民に信頼され、期待に応えられる行政を実現し、自らも仕事と私生活を楽しむ「イクボス・温かボス」になることを宣言します。  
管理職員 2名
取組内容 ○全職員および市内教育機関を含む全教職員一人ひとりの生活事情を尊重し、家族の介護や妊娠について、家族全員であたたかく見守ることができる職場になるよう校長会等で促し、職員間のコミュニケーションを大切にした職場づくりをめざします。
○須坂市がすすめる「日本一の市役所づくり」に向け、笑顔での対応、あいさつの励行に進んで取り組みます。
 
実施報告    
企業・団体名 須坂市職員 145
部署名 名  前 宣言日 宣言内容 備考
須坂市
環境部長
島田博雄 宣言日
2016/9/9
 私は、職員の子育てや介護等の家庭生活と仕事の両立を応援し、すべての職員が意欲と能力を十分に発揮して活躍できる職場づくりを進めながら、市民に信頼され、期待に応えられる行政を実現し、自らも仕事と私生活を楽しむ「イクボス・温かボス」になることを宣言します。  
取組内容 @ 私は、所属職員と日頃から積極的にコミュニケーションを図り、職員一人ひとりの事情をイクボス、温かボスの視点で十分把握します。
A 私は、それぞれの職員が仕事を通じて自己実現を図りながら、豊かな人生を送ることができる、ワークライフバランスを実践できる職場環境を作ります。
B 私は、母性保護、女性職員への配慮、父親となる職員への配慮、子育て中の職員への配慮、介護をしている職員への配慮を、職員全員が常に意識し、職場を挙げて協力できる温かい職場を作ります。
 
実施報告    
企業・団体名 高山村役場 146
部署名 名  前 宣言日 宣言内容 備考
村 長 内山信行 宣言到着日
2016/9/15

宣言日
2016/9/1
 私は、職員の子育てや介護等の家庭生活と仕事の両立を応援し、全ての職員が意欲と能力を十分に発揮して活躍できる職場づくりを進めながら、住民に信頼され、期待に応えられる村行政を実現し、自らも仕事と私生活を楽しむ「イクボス・温かボス」になることを宣言します。 H29/4/24
宣言者変更
副村長 藤沢敏和 宣言日
2017/4/24
 私は、職員の子育てや介護等の家庭生活と仕事の両立を応援し、全ての職員が意欲と能力を十分に発揮して活躍できる職場づくりを進めながら、住民に信頼され、期待に応えられる村行政を実現し、自らも仕事と私生活を楽しむ「イクボス・温かボス」になることを宣言します。 H29/4/24
新規8名個人
宣言登録
教育長 山岸深志
総務課長 宮本孝雄
村民生活課長 宮川裕明
産業振興課長 柴田 亨
会計管理者 善哉政雄
教育次長 澁谷善太郎
議会事務局長 臼田文男
取組内容 ・子育てや介護など職員の実情を考慮して、事務分担の見直しや業務の割振り等を弾力的に決定します。
・育児・介護など時間に制約を受ける職員に配慮し、会議の開始・終了時間を設定します。
・休暇を取得し易いよう、日頃から係間で業務の共有を図ります。
・毎週水曜日の「ノー残業デイ」の実施の徹底を図ります。
・男性職員の育児参画の促進を含め、出産・育児に関する諸制度の周知徹底を図ります。
・男性職員が活用できる「配偶者出産休暇」「育児参加休暇」について、休暇の取得を積極的に働きかけます。
 
実施報告    
企業・団体名 長野市 148
役職・名前 宣言日 宣言内容 備考
加藤久雄市長 宣言到着日
2016/9/26
 私は、職員の子育てや介護等の家庭生活と仕事の両立を応援し、職員一人一人が家庭と仕事の両面で、さらには、地域での活動においても輝くことを目指し、自らが「イクボス・あったかボス」となって、ワーク・ライフ・バランスを推進するとともに、「イクボス・あったかボス」の精神が地域全体へと広がり、長野市が幸せを実感でき活力があるまちとなるよう、取り組むことを宣言します。 長野市管理職宣言者
部局長21名
黒田副市長
樋口副市長
近藤教育長
見澤上下水道事業管理者
取組内容 1 仕事上の責任を果たしつつ、家庭や地域との調和が図られるよう、職員の
 ワーク・ライフ・バランスを推進します。
2 業務の見直しや効率化を進め、職員の多様な働き方を確保します。
3 自らも仕事と生活の調和を実践します。
 
実施報告    
企業・団体名 下諏訪町役場 149
部署名 名  前 宣言日 宣言内容 備考
町長 青木 悟 宣言到着日
2016/9/26
 私は、職員の子育てや介護等の家庭生活と仕事の両立を応援し、すべての職員が意欲と能力を十分に発揮して活躍できる職場づくりを進めながら、自らも仕事と私生活を楽しむ「イクボス・温かボス」になることを宣言します。 H29/6/29
宣言者一部変更及び、宣言者追加
副町長 山田 英明
教育長 松崎 泉
総務課長 伊藤 俊幸
税務課長 橋 なおみ
住民環境課長 増澤 和義
健康福祉課長 増澤 功生
産業振興課長 河西 喜広
建設水道課長 小笠原 武美
消防課長 北澤 浩司
会計管理者 高木 秀幸
教育こども課長 本山 祥弘
議会事務局長 河西 正訓
管理職 係長職40名
取組内容 <妊娠中及び出産後における配慮>
・妊娠中及び出産後の職員に、特別休暇等の制度や経済的な支援措置について周知するとともに、職場において業務分担の見直しを行います。
・妊娠中の職員の健康や安全に配慮するとともに、超過勤務を原則として命じません。
<育児休業等を取得しやすい環境の整備等>
・育児休業等について理解を深め、必要に応じ、育児休業に伴う業務分担の見直しや代替職員の確保等を弾力的に実施し、育児休業等を取得しやすい雰囲気の醸成に取り組みます。
<超過勤務の縮減>
・毎週水曜日のノー残業デーをはじめとして、巡回指導や注意喚起による定時退庁の実施に取り組み、職員の長時間労働の抑制を図ります。
<休暇の取得の促進>
・安心して職員が休暇を取得できるよう、職場における応援態勢の構築、職員の休暇の取得状況の把握、休日等と連続した年次休暇等の取得促進、計画的な休暇の取得指導などに取り組みます。
・子どもの看護のための休暇をはじめとした特別休暇の取得促進のため、休暇を取得しやすい職場の雰囲気の醸成を図り、職員の子育て支援に取り組みます。
<職場の体制づくりと職員の意識等の改善>
・日頃から職員とのコミュニケーションを図り、相談しやすく明るい職場づくりに努めます。
・職場優先の環境や固定的な性別役割分担意識等の改善に向け、職員の意識改革に取り組みます。
 
実施報告    
企業・団体名 一般社団法人長野県連合婦人会 150
部署名 名  前 宣言日 宣言内容 備考
会 長 中條智子 宣言日
2016/11/11
 私は女性が個性や能力を十分に発揮し、安心して子どもを産み育て、男性も女性も生き生きと仕事と子育て、介護を含めた家庭生活ができる。ワーク・ライフ・バランスの構築をめざし、誰もが住んで良かったと思える「温かな」長野県の環境整備を推進することを宣言します。  
取組内容 ・各界の宣言の取り組み状況を募集し、婦人会のホームページで公開し“安心介護と子育ての社会づくり”を推進します。
・長野県の「あいさつ運動」を推進し、地域や人とのつながりを深めます。
・次世代の育成のため思いやりをもって見守り、声をかけ、手をさしのべます。
・世代間の交流と三世代同居を応援します。
 
実施報告    
企業・団体名 富士見町商工会 151
部署名 名  前 宣言日 宣言内容 備考
会 長 名取元秀 宣言日
2016/11/14
 私は、従業員が安心して子どもを産み育てることができ、子育てや介護等の家庭生活と仕事を両立していくことができるように、ワーク・ライフ・バランスの構築を図り、従業員の仕事と子育てや介護との両立を支援してくことを宣言します。  
取組内容 ・育児休業や介護休業を取りやすい仕組みを導入する。
・業務の効率化を更に進め、時間外労働時間を減少させる。
・従業員と個別に面談を行い、配慮すべき事情を把握する。
 
実施報告    
企業・団体名 有限会社 ラジェル 152
部署名 名  前 宣言日 宣言内容 備考
代表取締役 滝澤麻子 宣言日
2016/11/16
 私は、従業員が安心して子どもを産み育てることができ、子育てや介護等の家庭生活と仕事を両立していくことができるように、ワーク・ライフ・バランスの構築を図り、従業員の仕事と子育てや介護との両立を支援してくことを宣言します。  
取組内容 ・育児休業や介護休業を取りやすい仕組みを導入する。
・業務の効率化を更に進め、時間外労働時間を減少させる。
・従業員と個別に面談を行い、配慮すべき事情を把握する。
 
実施報告    
ディレクター 清水隆子 宣言日
2016/11/19
 私は、従業員が安心して子どもを産み育てることができ、子育てや介護等の家庭生活と仕事を両立していくことができるように、ワーク・ライフ・バランスの構築を図り、従業員の仕事と子育てや介護との両立を支援してくことを宣言します。  
取組内容 ・業務の分担、新たな働き方を確立します。
・従業員と定期的な面談を行い、悩みごと困りごとの相談にのれる環境を作ります。
 
実施報告    
企業・団体名 富士見町役場 156
部署名 名  前 宣言日 宣言内容 備考
町長 小林一彦 宣言日
2016/12/5
 私は、職員が安心して子どもを産み育てることができ、子育てや介護等の家庭生活と仕事を両立していくことができるように、ワーク・ライフ・バランスの構築を図り、職員の仕事と子育てや介護との両立を支援していくことを宣言します。  
取組内容 ・日頃から職員とのコミュニケーションを図り、相談しやすく、働きやすい、明るい職場環境をつくります。
・子育てや介護など職員の実情をできる限り考慮して、事務分担の見直しや業務の割振り等を弾力的に決定します。
・毎週水曜日のノー残業デーの実施の徹底を図ります。
・職員の勤務状況・休暇取得状況を把握し、適切に休暇を取れるよう積極的に声かけ等を行います。
・休暇の取得をしやすい環境を作るため、係間で業務の共有を図ります。
・業務の効率化に日頃より行い、時間外勤務の減少に努めます。
 
実施報告    
企業・団体名 社会福祉法人 富士見町社会福祉協議会 157
部署名 名  前 宣言日 宣言内容 備考
会長 森山誠 宣言日
2016/11/15
 私は、従業員が安心して子どもを産み育てることができ、子育てや介護等の家庭生活と仕事を両立していくことができるように、ワーク・ライフ・バランスの構築を図り、従業員の仕事と子育てや介護との両立を支援していくことを宣言します。  
取組内容 ・業務の効率化など、時間外労働時間をできるだけ減少させるよう従業員とともに考え実行します。
・子育てや介護など従業員の実情を考慮して、業務分担や業務内容を決定します。可能な場合には子供との同伴出勤だども認めています。
・育児休業や介護休業を取りやすい仕組みを導入します。
・従業員と個別に面談などを行い、配慮すべき事情を把握し、できる限り働きやすい労働環境を提供します。
 
実施報告    
企業・団体名 一般社団法人 富士見町開発公社 158
部署名 名  前 宣言日 宣言内容 備考
常務理事 久保川敏朗 宣言日
2016/11/10
 私は、従業員が安心して子どもを産み育てることができ、子育てや介護等の家庭生活と仕事を両立していくことができるように、ワーク・ライフ・バランスの構築を図り、従業員の仕事と子育てや介護との両立を支援していくことを宣言します。  
取組内容 ・従業員の多能工化などの業務改善を行い、休暇を取得しやすくする。
・業務の効率化をさらに進め、時間外労働時間を減少させる。
・従業員と個別に面談を行い、配慮すべき事情を把握する。
 
実施報告    
企業・団体名 長野県農業協同組合中央会 159
部署名 名  前 宣言日 宣言内容 備考
会長 雨宮勇 宣言日
2016/12/22
 私は、職員の子育てや介護等の家庭生活と仕事の両立を応援し、すべての職員が意欲と能力を十分に発揮して活躍できる職場づくりを進めるため、ワーク・ライフ・バランスの構築や多様な働き方の推進に取組むことを宣言します。  
取組内容 ・超過勤務の削減や、年次有給休暇をはじめとする休暇の取得拡大を促進し、職員が、仕事はもとより家庭や地域においても充実した生活を送ることができるよう、自らが率先垂範するとともに、組織風土を改革する。
 そのため、
・仕事の効率化や多様な働き方の普及を促し、短時間で従来以上の成果をあげることができる職場づくりに取組む。(資料作りの簡素化、会議時間・打ち合わせ時間の短縮など)
・出産・育児や介護など仕事上の配慮が必要な職員を、職場全体で助け合う組織風土を醸成する。
 
実施報告    
企業・団体名 諏訪市役所 160
部署名 名  前 宣言日 宣言内容 備考
市長 金 子ゆかり 宣言到着日
2017/1/4
 私は、職員の子育てや介護等の家庭生活と仕事の両立を応援し、すべての職員が意欲と能力を十分に発揮して活躍できる職場づくりを進めながら、市民に信頼され、期待に応えられる行政を実現し、自らも仕事と私生活を楽しむ「イクボス・温かボス」になることを宣言します。 H29/4/6
宣言者一部変更
副市長 平 林 隆 夫
教育長 小 島 雅 則
総務部長 宮坂 茂樹
企画部長 木島 清彦
市民部長 花岡 光昭
健康福祉部長 関 隆 雄
経済部長 大舘 道彦
建設部長 小 松 弘 明
水道局長 河西 活水
教育次長 土 田 雅 春
議会事務局長 前澤 由美子
企画部付参事 松崎 寛
取組内容 ・職員が育児休業や介護休暇等を取得することとなった場合、職場全体で業務を遂行できるよう、職務分担の見直しなどをおこない、職員が安心して育児休業等を取得できるようにサポートします。
・あらかじめ母性保護や子育て・介護に関する各種制度について正しい知識を得たうえで、利用しやすい職場環境づくりを進めます。
・小学校就学前の子どもの看護休暇(年5日)や年次休暇について、職員が子どもの突発的な病気やけがで看護が必要になったときは、確実に休暇が取得できるよう職場全体で支援します。
・出産に伴い、父親の特別休暇(2日)や育児参加のための特別休暇(5日間) の取得について、職員に促すとともに、年次休暇などを利用した連続休暇が取得できるよう、職場の応援体制に配慮します。
・年次休暇取得計画表により、計画的な年次休暇取得を推進し、年次有給休暇が取得しやすい職場環境の整備に努めるほか、取得日数の少ない職員には年次休暇の取得を促します。
 
実施報告    
企業・団体名 長野県厚生農業協同組合連合会 富士見高原医療福祉センター 161
部署名 名  前 宣言日 宣言内容 備考
センター長 井上 憲昭 宣言日
2016/12/20
 私は、従業員が安心して子どもを産み育てることができ、子育てや介護等の家庭生活と仕事を両立していくことができるように、ワーク・ライフ・バランスの構築を図り、従業員の仕事と子育てや介護との両立を支援していくことを宣言します。  
取組内容 ・職員の業務分担の適正化に努め、有給休暇を所得しやすくする。
・職員への育児休業などの取得について積極的に声がけをする。
・子育てや介護など職員の実情を考慮して業務分担を決定する。
 
実施報告    
企業・団体名 安曇野市 162〜165
部署名 名  前 宣言日 宣言内容 備考
市長 宮澤 宗弘
(以下3名

管理監督職員74名)
宣言日
2017/1/1
 私は、安曇野市職員の子育てや介護等の家庭生活と仕事の両立、また、地域参画を応援し、すべての職員が意欲と能力を十分に発揮して活躍できる職場づくりを進めながら、市民に信頼され、期待に応えられる市政を実現し、自らも仕事と私生活と地域づくりを楽しむ「イクボス・温かボス」になることを宣言します。 安曇野市
宣言者数 77名
取組内容 市長
宮澤 宗弘
〇 子育てや介護、自らの健康問題など職員の実情を考慮して、事務分担の見直しや業務の割振り等を行うように取り組みます。
〇 育児・介護・看護休暇の制度を理解し、職場内で制度の共有を図るとともに、仕事と生活の調和のとれた働き方ができる環境づくりに取り組みます。
〇 長時間労働に対する職員の意識改革を図り、時間外勤務時間の縮減や健康と生活に配慮した労働時間の設定を行います。
〇 職場内の連携を深め、年次有給休暇等の休暇が取得しやすい職場づくりを行います。
〇 毎週水曜日の定期退庁日には、職場内で周知徹底を図るとともに、勤務時間内に業務が終了できるように働きかけます。
〇 男性職員も女性職員も、育児をしながら働けるよう、制度について職場内で周知徹底し、利用促進を図ります。
 
副市長
村上 広志
〇 子育てや介護、自らの健康問題など職員の実情を考慮して、事務分担の見直しや業務の割振り等を行うように取り組みます。
〇 育児・介護・看護休暇の制度を理解し、職場内で制度の共有を図るとともに、仕事と生活の調和のとれた働き方ができる環境づくりに取り組みます。
〇 長時間労働に対する職員の意識改革を図り、時間外勤務時間の縮減や健康と生活に配慮した労働時間の設定を行います。
〇 職場内の連携を深め、年次有給休暇等の休暇が取得しやすい職場づくりを行います。
〇 毎週水曜日の定期退庁日には、職場内で周知徹底を図るとともに、勤務時間内に業務が終了できるように働きかけます。
〇 男性職員も女性職員も、育児をしながら働けるよう、制度について職場内で周知徹底し、利用促進を図ります。
 
教育長
橋渡 勝也
〇 子育てや介護、自らの健康問題など職員の実情を考慮して、事務分担の見直しや業務の割振り等を行うように取り組みます。
〇 育児・介護・看護休暇の制度を理解し、職場内で制度の共有を図るとともに、仕事と生活の調和のとれた働き方ができる環境づくりに取り組みます。
〇 長時間労働に対する職員の意識改革を図り、時間外勤務時間の縮減や健康と生活に配慮した労働時間の設定を行います。
〇 職場内の連携を深め、年次有給休暇等の休暇が取得しやすい職場づくりを行います。
〇 毎週水曜日の定期退庁日には、職場内で周知徹底を図るとともに、勤務時間内に業務が終了できるように働きかけます。
〇 男性職員も女性職員も、育児をしながら働けるよう、制度について職場内で周知徹底し、利用促進を図ります。
 私は、教育長として、教育部の組織をあげて上記の取り組みが確実に実施されるよう、部内連絡会など部課長との連絡会議等で毎回確認し合います。そして、すべての職員が心身ともに健康で、安曇野市の職員として、自信と誇りをもって明るく元気に職務に精励できる職場環境づくりに努めてまいります。
 
管理監督職員
74名
・ 子育てや介護、自らの健康問題など職員の実情を考慮して、事務分担の見直しや業務の割振り等に努めます。
・ 育児・介護・看護休暇の制度を理解し、職場内で制度の共有を図るとともに、仕事と生活の調和のとれた働き方ができる環境づくりに努めます。
・ 長時間労働に対する職員の意識改革を図り、時間外勤務時間の縮減や健康と生活に配慮した労働時間の設定に努めます。
・ 職場内の連携を深め、年次有給休暇等の休暇が取得しやすい職場環境づくりに努めます。
・ 毎週水曜日の定期退庁日には、職場内で周知徹底を図るとともに、勤務時間内に業務が終了できるように努めます。
・ 男性職員も女性職員も、育児をしながら働けるよう、制度について職場内で周知徹底し、利用促進に努めます。
 
実施報告    
企業・団体名 須坂市連合婦人会 166
部署名 名  前 宣言日 宣言内容 備考
会長 篠塚 みち子
他役員10名
宣言到着日
2017/01/19
 私は、女性として、妻として、そして母・祖母として、それぞれの先輩として、周りの女性が、個性や能力を十分に発揮し、安心して子どもを産み育て、男性も女性も生き生きと仕事と子育て・介護を含めた家庭生活ができる環境になるよう、手助けすることを宣言します。  
取組内容 ・小さい子どもを連れた若いお母さん・お父さんへ
 子育ての先輩として、泣いている子は無視せず声をかけてあげたいです。
 誰でも泣く子は弱いのです。
 「かわいいね」「大丈夫だよ」と簡単に声を掛けられるのは、私たちの特権です。
・お母さんたちが孤立せず、仲間を作り、充実した生活が送れるよう手助けしていきたいと思います。
・難しいことは考えず、今までの経験を基にそれぞれに助言していきたいと思います。
・少し前までは当然だった、「隣のお節介おばさん」が理想ではないでしょうか。
 
実施報告    
企業・団体名 松本市 167
部署名 名  前 宣言日 宣言内容 備考
市長 菅谷 昭 宣言日
2016/11/1


宣言到着日
2017/1/23
 私は、職員の子育てや介護等の家庭生活と仕事の両立(ワーク・ライフ・バランス)を応援し、すべての職員が健康で、意欲と能力を充分発揮でき、安心して働き続けられる職場づくりを進めながら、健康寿命延伸都市を推進し、自らも仕事と私生活を楽しむ「イクボス・温かボス」になることを宣言します。 市長以下
宣言者総数149名
副市長 坪田 明男
教育長 赤羽 郁夫
管理職 部長 24名
課長 122名
取組内容 〇 職場内の連携を深め、休暇等取得しやすい職場環境づくりに努めます。
〇 育児をしながらでも無理なく働けるよう、育児に関する制度について周知徹底を図り、利用促進に努めます。
〇 男性職員の育児休業等の取得促進を図ります。
〇 介護休暇や看護休暇の取得について、対象となる職員へ積極的に働きかけます。
〇 長時間労働に対する職員の意識改革を図るとともに、特定の職員に業務が集中しないよう目配り、気配りを行います。
 
実施報告    
企業・団体名 株式会社 創恒 168
部署名 名  前 宣言日 宣言内容 備考
代表取締役 宣言到着日
2017/02/03
 私は、従業員が安心して子どもを産み育てることができ、子育てや介護等の家庭生活と仕事を両立していくことができるように、ワーク・ライフ・バランスの構築を図り、従業員の仕事と子育てや介護との両立を支援していくことを宣言します。  
取組内容  定期的に従業員と個別に面談を行い、子育てや介護の配慮すべき事情を把握するとともに、それぞれの実情を考慮し業務分担を決定する。
日頃から従業員同士のコミュニケーションをとる事でお互いに相談しやすく、育児・介護休暇を取得しやすい雰囲気づくりを心掛ける。
 
イクメン・イクウィメン宣言 従業員10人 私は、業務の効率化を心がけ、仕事と子育てや介護等との両立を実践していくことを宣言します。  
実施報告    
企業・団体名 上田市・東御市・青木村・長和町・坂城町 169
部署名 名  前 宣言日 宣言内容 備考
上田市長 母袋 創一 宣言日
2017/2/24
 私たちは、職員の子育てや介護等の家庭生活と仕事の両立を応援し、すべての職員が意欲と能力を十分に発揮して活躍できる職場づくりを進めながら、地域の住民に信頼され、期待に応えられる行政を実現し、自らも仕事と私生活を楽しむ「イクボス・温かボス」になることを宣言します。  
東御市長 花岡 利夫
青木村長 北村 政夫
長和町長 羽田 健一郎
坂城町長 山村 弘
取組内容 ○ 職員の子育てや介護等の家庭生活と仕事の両立が図られるよう、ワーク・ライフ・バランスを推進します。
○ すべての職員が意欲と能力を十分に発揮して活躍できる職場づくりを進めます。
○ 自らも仕事と私生活を楽しみます。
 
実施報告    
企業・団体名 上田市 170
部署名 名  前 宣言日 宣言内容 備考
副市長 井上 晴樹 宣言日
2017/4/20
 私は、職員の子育てや介護等の家庭生活と仕事の両立を応援し、すべての職員が意欲と能力を十分に発揮して活躍できる職場づくりを進めながら、市民に信頼され、期待に応えられる市行政を実現し、自らも仕事と私生活を楽しむ「イクボス・温かボス」になることを宣言します。 副市長以下
宣言者総数134名
管理職員 133名
取組内容 1 母性保護、子育て、介護に係る休暇の取得について、対象となる職員へ積極的に働きかけること
2 男性職員の育児参加の促進を図ること
3 所属職員に対し、出産・育児に関する諸制度について、職場研修を年1回以上行うこと
 
実施報告    
企業・団体名 長野県松川高等学校 171
部署名 名  前 宣言日 宣言内容 備考
校長 小金 典子 宣言日
2017/5/1
 私は、職員が安心して子どもを産み育てることができ、子育てや介護等の家庭生活と仕事を両立していくことができるように、ワーク・ライフ・バランスの構築を図り、職員の仕事と子育てや介護との両立を支援していくことを宣言します。  
取組内容 ・業務の効率化をさらに進め、時間外労働時間を減少させる。
・職員へ育児休業などの取得について積極的に声がけをする。
・職員と個別に面談を行い、配慮すべき事情を把握する。
 
実施報告    
企業・団体名 直富商事株式会社 172
部署名 名  前 宣言日 宣言内容 備考
代表取締役 木下繁夫 宣言日
2017/5/15
 私は、従業員が安心して子どもを産み育てることができ、子育てや介護等の家庭生活と仕事を両立していくことができるように、ワーク・ライフ・バランスの構築を図り、従業員の仕事と子育てや介護との両立を支援していくことを宣言します。  
取組内容 ・業務の効率化をさらに進め、時間外労働時間を減少させる。
・従業員が育児休業などを取得し易い風通しの良い会社を目指す。
・従業員とのコミュニケーションの場を通して、配慮すべき事情を把握する。
 
イクメン・イクウィメン宣言 代表取締役他社員 私は、業務の効率化を心がけ、仕事と子育てや介護等との両立を実践していくことを宣言します。  
実施報告    
企業・団体名 社会福祉法人 長野県社会福祉協議会 173
部署名 名  前 宣言日 宣言内容 備考
会長 腰原 愛正 宣言日
2017/6/27
 私は、職員が安心して子どもを産み育てることができ、子育てや介護等の家庭生活と仕事を両立していくことができるように、ワーク・ライフ・バランスの構築を図り、 職員の仕事と子育てや介護との両立を支援していくことを宣言します。  
常務理事 青柳 郁生
事務局長 原 佳正
管理職員 12名
取組内容 ・業務の効率化をさらに進め、時間外労働時間を減少させる。
・育児休業や介護休暇を取りやすい環境整備に努める。
・職員と個別に面談を行い、配慮すべき事情を把握する。
 
実施報告    
企業・団体名 大和リース株式会社 長野営業所 174
部署名 名  前 宣言日 宣言内容 備考
所長 山田 英次 宣言日
2017/7/5
 私は、すべての従業員が、残業、有給休暇を取得することにより、子育て、介護等の家庭生活を両立する時間を確保し、心と身体をリフレッシュできる環境をつくり、自らも仕事と私生活を楽しむ「イクボス・温かボス」になる事を宣言します。  
取組内容 ・業務の効率化をさらに進め、残業時間を1日最長4時間内、1ヶ月25時間以内に減少させる。
・上司が率先して有給休暇を取得し、部下が有給休暇を取得しやすい環境つくりに取り組む。
・「プレミアムフライデー」に当社独自の運用を融合させた制度『プレミアムアフター3』 を推進する。(毎月1回の午後3時終業を推奨する制度)
 
イクメン・イクウィメン宣言 所長他、所員17名 私は業務の効率化を心がけ、スケジュール管理システムを活用し残業削減に努め、仕事と家庭生活を楽しむ事を宣言します。  
実施報告    
企業・団体名 株式会社 シュール 175
部署名 名  前 宣言日 宣言内容 備考
取締役社長 網野 裕美 宣言日
2017/7/13
 私は、従業員が安心して子どもを産み育てることができ、子育てや介護等の家庭生活と仕事を両立していくことができるように、ワーク・ライフ・バランスの構築を図り、 従業員の仕事と子育てや介護との両立を支援していくことを宣言します。  
店長 北原 麻美
取組内容 ・業務の効率化をさらに進め、時間外労働時間を減少させる。
・従業員へ育児休業などの取得について積極的に声がけをする。
・従業員と個別に面談を行い、配慮すべき事情を把握する。
 
イクメン・イクウィメン宣言 従業員代表
上條 直人
登録人数:総数30名
私は、業務の効率化を心がけ、仕事と子育てや介護等との両立を実践していくことを宣言します。  
実施報告    
企業・団体名 千曲市校長会 176
部署名 名  前 宣言日 宣言内容 備考
屋代小学校長 宣言到着日
2017/8/2
 私は、教職員の子育てや介護等の家庭生活との仕事の両立を応援し、すべての教職員が意欲と能力を発揮して活躍でき職場づくりを進めながら、県民に信頼され、期待に応えられる信州教育を推進し、自らも仕事と私生活を楽しむ「イクボス・暖かボス」になることを宣言します。 計9名
治田小学校長
八幡小学校長
戸倉小学校長
五加小学校長
屋代中学校長
埴生中学校長
更埴西中学校長
戸倉上山田中学校長
取組内容 ・日頃から教職員とのコミュニケーションを図り、明るく風通しのよい職場環境づくりを推進する。  
実施報告    
企業・団体名 千曲市男女共同参画団体等 177
部署名 名  前 宣言日 宣言内容 備考
千曲市男女共同参画推進連絡協議会 宣言到着日
2017/8/2
 私は、加入メンバーが意欲と能力を充分に発揮して活躍できる会づくりを進めながら、自らも会の業務と私生活を楽しむ「イクボス・暖かボス」になることを宣言します。 各団体代表者
計13名
NPO法人千曲市環境市民会議
かけはしの会
千曲市連合婦人会
メナード化粧品 更埴
日赤奉仕団
グリーン笑スマイル
わらべ(ボランティア活動)
千曲市更生保護女性会
おりひめの会
生活をみなおす会
千曲市消費者の会
有権者の会 千曲
取組内容 ・女性として、妻として、そして母・祖母として、それぞれの先輩として、周りの女性が、個性や能力を十分発揮し、安心して子どもを産み育て、男性も女性も生き生きと仕事子育て・介護を含めた家庭生活ができる環境になるよう、手助けする。  
実施報告    
企業・団体名 上水内郡連合婦人会 178
部署名 名  前 宣言日 宣言内容 備考
会長 小林 一子
他役員8名
宣言到着日
2017/08/08
 私は、安心して子供を産み育てることができ、子育てや介護等の環境にある女性も男性も、いきいきと仕事や家庭生活が送れるよう手助けすることを宣言します。  
取組内容 ・「おはようございます」、「こんにちは」の声掛けを行う。
・小さなお子さんを抱えた方に、簡単に声掛けをできるのは女性の特権です。そんな声掛けから、お母さんたちが孤立せず仲間を作り充実した生活が送れるよう手助けをしていきたい。
・介護にも「具合どうですか」などの声掛けで孤立せず介護にあたれるよう手助けをしていきたい。
 
実施報告    
企業・団体名 飯田市連合婦人会 179
部署名 名  前 宣言日 宣言内容 備考
会長 森本 サカヱ
他役員20名
宣言到着日
2017/08/22
 私は、女性として、人生の先輩として、長い間に経験したこと、学んだことを地域の皆さんに、「特に子育て中の方々」が、男性も女性も安心して働ける・暮らせる環境に、介護されてる方には、思いやる温かい心で言葉を掛け、出来ることから手助けすることを宣言します。  
取組内容 ・困っている方がいたら、温かく声かけをする。
・ご近所仲良く、若い方々との交流を大切にする。
・自然な感じであいさつを交わす。
・お手伝い出来ることがあれば率先して手助けする。
 
実施報告    
企業・団体名 上田市連合婦人会 180
部署名 名  前 宣言日 宣言内容 備考
会長 田中 晃子
役員13名
宣言到着日
2017/06/20
 私は、婦人会員として、地域の女性が安心して子供を産み育てることができるよう、あらゆる分野から支援を行い、男性も女性も生き生きと仕事と子育て・介護を含めた家庭生活ができるようお手伝いすることを宣言します。  
取組内容 ・子供が魚、野菜を喜んでしっかり食べるメニュー、パパ、ママ、子供それぞれが健康で暮すたために配慮したメニューを考え、託児つきの料理教室開催の実施。
・昔から伝わる簡単にできるおやつ作り教室や、お楽しみ会を開催し、子育て相談にものれる場も設ける。
・急なお願いが出たときのお助けマンが出来る仕組みつくり。
 
実施報告    
企業・団体名 伊那市 181
部署名 名  前 宣言日 宣言内容 備考
市長 白鳥 孝 宣言日
2017/8/23
 私は、自らが「イクボス・温かボス」となって、職員の子育てや介護等の家庭生活と仕事の両立を応援し、すべての職員が高い意欲を持ちながら、それぞれの能力を十分に発揮して活躍できる環境づくりを進めます。そして、誰もが「伊那に生きる、ここに暮らし続ける」と思うことのできる地域づくりにまい進することを宣言します。 市長以下
宣言者総数61名
副市長 林 俊宏
教育長 北原 秀樹
管理職 58名
取組内容 ・すべての職員が活躍できるよう、職員の意識改革と人材育成を行います。
・職員の生活状況を理解し、状況に応じた働き方などきめ細かい配慮を行い、育児や介護などを担う職員も活躍できる環境を整えます。
・業務の効率化を推進し、時間外勤務の縮減と休暇取得の促進に取り組み、ワーク・ライフ・バランスの実現を目指します。
・暮らしやすい伊那市を目指して、「イクボス・温かボス」として、市内企業の模範となるよう努めます。
 
実施報告    
企業・団体名 千曲市連合婦人会 182
部署名 名  前 宣言日 宣言内容 備考
会長他
役員10名
宣言到着日
2017/08/25
 私は、男性も女性も生き生きと安心して、社会で、職場で働ける社会づくり、又、結婚と出産、子育てが楽しく出来る生活環境になれるよう支援、そして高齢者の安心介護に積極的に取り組むことを宣言します。  
取組内容 ・育児中のお母さん達と交流。
・登下校の児童とのあいさつ「おはよう、おかえり、気をつけてネ」
・婚活支援(他団体との交流)
・高齢者との交流の場(いきいきサロン)
 
実施報告    
企業・団体名 高島産業株式会社 183
部署名 名  前 宣言日 宣言内容 備考
代表取締役
社長
小口 武男 宣言日
2017/09/01
 私は、すべての社員が仕事にやりがいを、生活にいきがいを感じられるよう、 仕事と生活の調和を図ることができる会社にします。  
取組内容 ・性別、年齢、国籍など様々な立場の社員が、お互いの立場を尊重し、協力しあうことで、効率的な仕事の進め方を追求し、成果を上げ、労働時間が短くなるようにします。
・業務分担の見直しや教育によって社員の多能工化を支援し、どの社員が休んでも困らない、骨太の職場を作ります。
・育児、介護休業への理解が深まるよう、社内啓発に取り組みます。
・多様な社員の能力を活かすため、ダイバーシティーへの理解が深まるよう、社内啓発に取り組みます。
 
実施報告    
企業・団体名 長野市連合婦人会 184
部署名 名  前 宣言日 宣言内容 備考
会長 祖山 律子
他役員4名
宣言日
2017/08/31
 私は、地域社会に貢献することを目的に永年努力・活動してきました。そこで学び・経験し培ったことを地域社会に生かす努力をしています。
 特に子育て中の家族、子供たちが安心出来る環境づくり、また高齢者も地域住民として、安らぎの在る生活を送ることの出来るように手助けすることを宣言します。
 
取組内容 ・安心して働き、子育てが出来るよう登校時、下校時のパトロール、声掛け挨拶など子供たちの見守りをします。
・地域の行事の折などは、ご家族、子供たちと楽しくコミュニケーションをとり、共に楽しみます。
・行政等から依頼されたボランティアにも参加します。
・高齢者との話し合い食事会の場をつくり、コミュニケーションを深め、思い出・生きがいとして楽しんで頂く手助けをしていきます。
・みんなでつくる、地域事業には積極的に参加します。
 
実施報告    
企業・団体名 国土交通省 関東地方整備局 長野国道事務所 185
部署名 名  前 宣言日 宣言内容 備考
事務所長 吉見 精太郎 宣言到着日
2017/10/23
 私は、職員が健康で生き生きと働き、成長し、その能力を十分に発揮することができるように、仕事と育児や介護との両立を支援し、ワーク・ライフ・バランスを推進していくことを宣言します。  
副所長 太田 孝二
副所長 西村 逸夫
副所長 森 浩樹
副所長 大里 弘人
総務課長 田中 利尚
取組内容 ・コミュニケーションを積極的に図り、風通しの良い職場環境づくりを進めます。
・ワークライフバランスに資する内容について職員に周知します。
・業務プロセスの改善・業務効率化の工夫に取り組み、超過勤務の縮減に努めます。
・管理職員が自ら率先して休暇取得、早期退庁等に取り組み、職場の雰囲気の醸成等に努めます。
 
実施報告    
企業・団体名 佐久市・北佐久郡連合婦人会 186
部署名 名  前 宣言日 宣言内容 備考
会長 奥村 繁子
他役員2名
宣言日
2017/11/1
 私は、今までの人生経験を生かし、子育て世代の働く親が安心して子育てができるよう、男性も女性も協力し、地域の中で積極的に活動する事を宣言します。  
取組内容 ・ものづくり、遊びをとおして、将来への夢を子どもたちにあたえられる手助けをします。
・女性の持つ優しさと、男性の知力、知識を発揮し、大人も子どもも、いじめのない地域づくりをしていきます。
・相手の顔を見ての声がけ、あいさつをしていきます。
 
実施報告    
企業・団体名 下伊那郡連合婦人会 187
部署名 名  前 宣言日 宣言内容 備考
会長 平松 和子
他役員44名
宣言日
2017/11/3
 私は、女性として、妻として、そして母・祖母として、それぞれの先輩として、周りの女性が個性や能力を充分に発揮し、安心して子供を産み育てる社会づくりをめざします。地域の人々が自分らしい生活を送り、幸福をみいだし子育て・介護を含めた生活ができる環境になるよう、手助けすることを宣言します。  
取組内容 ・子育て、介護、ひとり暮らしの人が孤立しない様に、仲間をつくり、充実した生活が送れるように、ひと言の声を掛け、さりげない手助けを心掛けます。
・地域の子供を共に育てる思いで、あいさつを交わし、見守り、言葉を掛けをしていきます。
・読書ボランティア、料理教室、再利用品交換会など交流の機会づくり。
・絵手紙やカードづくりを楽しみ、子供やお年寄りが喜んで貰えるようなお便りづくり。
・買い物弱者に協力し、隣人を気遣う地域づくりを目指します。
 
実施報告    
ページのトップへ戻る