ドイチャンコーヒークラブ 入会申込書入会申込書



農園と作業所の写真
ウサミドイチャンコーヒーでは、貧困に苦しむ山岳民族の救済並びに麻薬撲滅キャンペーンの一環として、コーヒー植樹プロジェクトを推進しています。またこのプロジェクトによって、禿山と化した荒地を緑化し、地球温暖化防止に貢献しています。


農園の写真
1.ドイチャン村で山岳民族があなた専用のコ ーヒーの木を栽培します。
2.収穫した豆を、年一回〈2月頃)ご自宅まで お届けします。(一本の木から約2キロの生豆が採れます。送料1回分込み)
3.生豆、焙煎豆はご希望しだい。 焙煎豆は別途焙煎費用(100g200円)を頂きます。)
4.コーヒーの木には、年間約3回の有機肥料(ホルモン剤不使用)が施され、除草・害虫駆除は主に手作業で行い、農薬は栴檀香やタバコの葉の煎汁などの天然薬を使用してます。
 自分専用に栽培されたコーヒー豆の味は格別です。
☆ 収益金のすべては、山岳少数民族支援と 地球温暖化防止のために費やされます。


このページの先頭に戻る


植樹したコーヒーツリーの写真
ケシの栽培によって禿山や荒地と化した山岳地帯の環境を改善し、地球環境の保全に貢献します。







このページの先頭に戻る


アカ族村の写真
 1000円で約40本の苗木を植えられます。これらが5年ほどで成木となれば、山岳民族の子供一人を学校に通わせるのに大きな助けとなります。皆様からのご支援をお願いします。
 苗木コースの場合、植樹から収穫まで訳5年掛かりますので、会費は5年分前納となります。





このページの先頭に戻る


植樹予定地のサテライト写真
植樹予定地の写真
このページの先頭に戻る

入会のお申し込みは、入会申込書にご記入のうえ、下記まで郵送、Fax又はメールをお願いします。入会申込書
宇佐美博士のポートレート
 〒313-0062
 茨城県常陸太田市塙町2270−3
 ウサミドイチャンコーヒー
 代表 宇佐美 博邦
 (環境歴史学博士 PhD, University of London)
 Fax:0294−72−0016
 doichang@zpost.plala.or.jp


栽培から輸入販売に至る全てを一括管理したドイチャンコーヒー豆の販売加盟店を募集しています。私どもの活動に賛同してくださる方々の参加をお待ちしております。興味のある方はメールください。


このページの先頭に戻る