津軽三味線奏者
たかはし    ちくみ
高橋 竹味

TOPページに戻りますプロフィールWhat's New ライブ情報!!津軽三味線教室過去のらいぶ風景
1967年、竹山に内弟子入門。
竹山の芸を受け継ぐ演奏者として仙台で、門弟の育成指導も行っている
高校2年生で民謡歌手登竜門である岩手県知事杯王座を獲得
卒業と同時に今は亡き高橋竹山の初めての内弟子となる

高橋竹山と若き日の竹味  1967年〜1970年
   内弟子として真髄を学ぶ


 1970年  独立

 1971年(独立の翌年:伊東 竹味 時代)

   初代高橋竹山との共演による
   LP「津軽三味線はうたう」を発表

   現在は「高橋竹山決定盤」とタイトルを変え
   ビクターレコードより発売されている
高橋竹山決定盤CDジャケット
Pointして下さい 

その後、竹山流総師範の許しを享け住居を、岩手県釜石から宮城県仙台市に移し門弟の養成にあたる傍ら演奏活動を続けている。

竹味の演奏は、古くから伝わる曲の他、新曲まで幅広く、特に古くから伝わる曲の演奏は、音色、奏法共に、今は亡き竹山師そのものであると、青森の地元関係者にも評されている。

1982年には、日本コロムビアレコードのプレスによるシングル盤「三味線旅唄」をテーマソングとして制作。また、新曲の「竹味のねぶた囃子」、「奥入瀬の風」、「蜃気楼」は、シンセサイザーとのセッションでダイナミックな構成になっている。


TOPページに戻りますプロフィールWhat's New ライブ情報!!津軽三味線教室このページの先頭に戻る
お問い合わせ竹味コンサート企画
住吉台事務所:022-376-3292
落合事務所:022-391-8567

当サイトで使用・掲載している文章・画像・音声・動画などは、竹味コンサート企画が肖像権・著作権を保有/管理しています。
これらを許可なく複製・使用・配付することを固く禁じます。