Roots

Toshirou HONDA



善光寺

    古文書紹介
本多敏良、“としろう”と読みます。かなり古くは「良」を「ろう」と読んだようです。奈良時代の初代東大寺管主が「良弁−ろうべん」と言われております。だからその時代には「ろう」と読まれていたことになります。1948年、能登半島の付け根「羽咋市」にて生まれました。
Top Page のマークは代々我が家に伝わる家紋「立葵」です。この家紋もかなり古いもので、奈良時代前期、本田善光-よしみつ(古くは“本田”と書いたようです)が最初に使用したと思われます。本田善光とは、その名前の通り「善光寺」の開祖です。したがって善光寺の寺紋もこの「立葵」です。
 平安中期、関白太政大臣・藤原兼通(かねみち)の側室の子が本多の名跡を継いで「立葵」を用いたらしい。それから12代目の助秀が豊後の国(現在の国東半島・本多の庄)に下り住んでいたが、足利尊氏が戦いに敗れ九州に落ち延びて時を待ち、再度京に攻め上るときに足利軍に従軍。その後、足利尊氏に仕え助秀の子・助定は尾張国の横根・粟飯原の両郷を領し、その孫に至って長男定通、二男定正の二家に分かれた。両家とも、のちに三河に出て松平家(後の徳川家)に仕え、定通系から平八郎忠勝(徳川四天王の1人)が、定正系から弥八郎正信(家康の知恵袋)が現れる。弥八郎正信の長男・本多正純は怪事件「釣り天井」で宇都宮15万石を没収され、兼通流本多氏定正系は断絶。しかし弥八郎正信の二男・政重(一時、直江兼続の養子となっていた)は、加賀前田家の筆頭家老として生き抜いた。政重の子・政長(2代)の五男・政寛が祖父・政重の隠居料3000石を相続して分家となる。それが後の本多主水家(もんど)である。また、家紋の枠は代々「○」でしたが、加賀本多氏の分家ということで「○に立葵」の使用が禁じられた時に、加賀前田家五代藩主綱紀より、「隅切り角(すみきりかく)」の紋枠を拝領し、現在の「隅切り角の中に立葵」という家紋を使用するようになり、現在まで受け継いできました。その後、本多主水家の分家が羽咋に移り住み、その後明治を迎える。定正系は代々「正」の文字を戴いて継ながれてきましたが、加賀に移って以来「政」の文字を戴いて継ながれてきました。
しかし分家の分家にはその文字の使用が許されることはなく、羽咋系本多は「将」の文字を戴いて継いでおります。祖父は将綱、父は将秀、兄は将志、甥は将修。私は三男ですので「将」の文字の使用は見送られました。
したがって私のルーツを探ってさかのぼると「藤原鎌足」に行き着いてしまい、名跡は善光寺に至りました。昔ならば「藤原の朝臣、本多の敏良」となるわけで良き家柄とも言えるでしょうが、いかんせん「育ち」が悪かったものと反省いたしております。善光寺には何度も参拝に訪れておりますが、なにかのおりに大分県国東半島の「本多の庄」を訪ねてみたいと思っております。

元善光寺 平安中期〜江戸初期の家系図  藤原北家 本多氏 本多系図


| Home | Profile | Concerts | Photo | Links |