中古車フィアット バルケッタの注意点ページです。・・・このサイトで一番大切なページかもしれません。

バルケッタの注意点

   (国産車とは違いバルケッタには色々な注意点があります。)
    私が、直接経験したことばかりではないので確定の文章でないのもあります。済みません。m(_ _)m
     経験と参考サイトからの情報を合わせてまとめてみました。


バルケッタ(中古車)を購入する時


項  目 内       容
中古車屋選び ご自分でメンテ出来るか自宅近くに信頼のおける修理工場があれば自宅から離れた中古車屋からの購入もOKでしょうがもしそうでなかったら自宅近くで信頼のおける中古車屋さんからの購入がベストです。
製造番号 シャーシ番号20000番以降出来れば23000番以降のもの。番号が大きく新しいものがいいようです。
でも私のは18000番台です。(記録簿がありバル初期の弱点を皆交換してありました。)
走行距離 トリップメーター破損で新メーターと取り替えてると実走行は不明です。検査記録があれば吉。
トリップメーターは、中古車のバルケッタは、ほとんど動きません。
部品交換 部品をどこまで交換してくれるのか聞いてみないと後で修理代がかさむことになります。
私のバルの交換部品一覧はこちらです。
カ  ギ 新車時は、3種類のカギがあります。3種類のカギがあるか確認。メイン・サービス・マスターキー(スペアとしてメインキーがもう1個) 普段はメインキーを使い、駐車場などでキーを預けるときはイグニッションスイッチ操作のみ可能なサービスキーを使用。(ドアの開閉は出来ません)
マスターキーは1本だけで、メインキーの暗証番号登録やフィアットコードシステム・エンジン制御システムの修理を行うときのみ使用。
(無くすとシステムの交換となり非常に高いものになります)
上からマスターキー・サービスキー・そして通常使うメインキーです
左のカードはコードbフ書いてあるカードです。
時計照明 昼間でもスイッチオンで時計の照明が点いているせいか私のバルの照明は購入時に切れていました。
初めは夜は点灯しないものかと思っていましたが、他の方のHPを見たら点灯しているではないですか・・・
購入後、無料で球を交換していただけました。
エアコン エアコンが効かない時は、ガスが抜けているだけではありません。バルの場合は、クーラーガス注入口の破損やモーターの故障等もあります。要注意です。
但し、走行中は良く冷えてくれますが渋滞中はあまり冷えません。
リアストップ
ランプ浸水
熱で溶けてしまっているものがあるようです。
タイヤ ピレリP4000を履いていると,、滑りだしたと思ったらいきなりスピンするようです。
フロントガラス フロントガラスは、傷つきやすいです。私のも小石を一か所拾った痕があります。





バルケッタに乗る時、又、維持する時
項  目 内      容
トリップメーター 走行中の操作はメーターを壊します。必ず停車中に操作のこと。
私の小船は、乗り出した時は、動いていましたがいつのまにか0点復帰出来なくなってしまいました。(止まってから数秒経って操作しないと壊れます。)
燃料注入 びっくりしましたが車内の注入口オープンのレバーを探しましたが無いんです。
バルは、注入蓋のカギがなく手でそのまま注入蓋を開けるんです。
又、ガソリンの注入は口切いっぱい入れると走行中こぼれて車を傷めます。
注入のオートが一回止まったらそこで注入をやめること。
燃料残量 少なくても1/4くらいになったら給油した方がいいです。
古いバルはとかく燃料ポンプが弱りやすいです。
山の中でエンストしないためにもお勧めです。
タイミングベルト
テンショナー
バル一番の弱点?(他にもあるのかな?)4年又は4万キロ交換が一つの目安です。必ず交換しましょう。
幌を畳んでオープンで走るとき幌がアームに挟まれないよう収納しないとアームと重なったところが白くなり傷みます。
リアスクリーン 寒くてスクリーンが固くなっているときに開くとスクリーンが厚いので割れます。
雨漏り 雨漏りするのは当たり前みたいです。でも頑張って修理すると(私のは)多少内輪になりました。
車庫 雨漏りの心配がありますので屋根付きの車庫かカーポートが絶対お勧めです。
板金 事故っての板金修理はちょっとした部品交換が必要だと簡単に40万円〜かかるようです。
スタットレス スタットレスタイヤはワンサイズ小さくしないと擦るようです。
サイドブレーキ 零下になる時期にサイドを掛けてると凍結する事があるそうです。
バッテリー 古くなるといきなり止まるそうです。早めの交換。(3年未満で)
JAF入会 入会はしておいた方がいいと思います。(保険だと思って)・携帯電話も忘れずに
オープンでの走行時 帽子はもちろん後ろからの巻き込み風が強いから首回りも気をつけないと風邪を引きます。
私は、首回りに注意を怠り初乗り当日軽井沢に行き風邪を引きました。
現在は、DIYで運転席と助手席のヘッドレストの間にウインドデフレクターを
付けてました。これで巻き込み風は半分くらい防げてます。
ドリンクホルダー 付ける場所はドアが一番いいと思いますが内側の塗装は薄いので直ぐ傷つきます。
窓ガラスではなくドアのレザーの所がいいですね。
私は、灰皿はエアコンの噴出し口、ドリンクホルダーはドアの内張りレザーの上です。
洗車 塗装は国産より悪いと思っていいですね。洗車は洗車機やブラシは絶対使えません。
タオルなどで優しく洗わないと傷つきます。

                        他にも、注意しなければならない点はあるようです。


                             でもとっても楽しい車です。


                                                 中古車