本文へスキップ

京都市 京都市北区 内科・消化器内科・内視鏡(胃カメラ・大腸カメラ)の安藤クリニックです。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.075-366-8688

〒603-8126 京都市北区小山板倉町50番地

クリニック案内clinic guide

院長ごあいさつ

院長写真

      いつまでも健康で豊かな人生を

医療とは「病気を治す」ということだけではありせません。
どんなときも、自分らしく生きられること、そういった生活の質(QOL=Quality Of Life)を保つ手助けをすることも、私たち医療従事者の大切な役割です。
安藤クリニックは患者様のQOLを守る消化器内科医として、また地域にとけこんだ身近な家庭医として、皆様のお役に立ちたいと考ております。


診療について

内科・消化器内科・内視鏡検査(胃カメラ・大腸カメラ)・健診・予防接種

【 当院での検査 ・ 処置 】

●血液・尿・便検査
●心電図
●レントゲン・骨密度
●超音波検査(腹部・頸動脈・甲状腺)
●胃・大腸内視鏡(予約制)(鎮静剤使用可)
●ポリープ切除術(日帰り)

【当院の内視鏡(胃カメラ・大腸カメラ)の特徴】

高画質の得られる最高級のスコープ(オリンパス社製GIF290HQ、CF290HQ
 を使用しています。
 このスコープはNBI(Narrow Band Imaging : 狭帯域光観察)を搭載してお
 り診断能の向上を図っています。
 また、拡大観察・撮影が可能で、癌の診断などに有用です。
 胃カメラの際、プロナーゼ(蛋白分解酵素)を検査前にお飲み頂き、
 胃内を観察しやすくしてから検査します。
 色素内視鏡(インジゴカルミン、ルゴール)を併用し、検査の精度向上を
 図ります。

@患者様の苦痛軽減のため、鎮静剤を併用して検査・処置を受けて頂けます。
A生体監視装置を併用し、検査中の患者様の血圧・脈拍数・酸素飽和度などをモニターしながら
 安全性向上を図っています。
B鎮静剤使用時に、万が一酸素飽和濃度が低下しても、酸素吸入をしていただくことで、
 安全確保に備えています。
C大腸カメラ・ナビゲーション・システム(磁気を応用してスコープの位置・形状を、X線を使用
 せずに確認できる)で、検査に伴う苦痛を軽減し、安全性の向上に努力しています。
D炭酸ガス送気装置を備え、患者様の苦痛軽減を可能にしています。
E院長自身(日本消化器内視鏡学会専門医)が全例施行します。


医師

院長
安藤 貴志
【院長のProfile(プロフィール)】
京都府立朱雀高等学校卒業
宮崎医科大学卒業(昭和58年)
・医学博士(平成10年取得)
・京都府立医科大学臨床教授(平成20年)

【専門分野】
消化器内科全般
消化器内視鏡学

【所属学会・研究会】
京都胃学研究会     代表世話人
(当クリニックのロゴマークは、Andoの“A”と“胃袋”の形をイメージしています)
日本内科学会      認定医
日本消化器病学会    専門医 (本部役員/近畿支部評議員)
日本消化器内視鏡学会  専門医 (近畿支部評議員)
日本消化管学会     胃腸科認定医
日本ヘリコバクター学会 ピロリ菌感染症認定医
日本東洋医学会     専門医
日本医師会認定産業医
日本癌治療学会
日本臨床腫瘍学会過酸化脂質フリーラヂカル学会


院長の職歴


1983年 宮崎医科大学卒業(昭和58年)
1983年 京都府立医科大学第1内科入局(昭和58年)
1986年 朝日大学村上記念病院(昭和60〜63年)
1989年 京都府立医科大学第1内科(昭和63〜平成2年)
1991年 松下記念病院(平成2〜18年)
2003年 社会保険京都病院消化器内科部長(現、鞍馬口医療センター)
2016年 安藤クリニック (7月5日開院) 院長

1998年 医学博士取得
2008年 京都府立医科大学臨床教授



Ando Clinic安藤クリニック

〒603-8126
京都市北区小山板倉町50番地
     (北大路ビブレ北西)
地下鉄北大路駅1番出口より
徒歩1〜2分

TEL 075-366-8688
FAX 075-366-8628