ホワイト・スイス・シェパードは、その友好的な性格の為、
小型犬とも一緒に飼育することができます。
実際、多くの方がホワイト・スイス・シェパードと小型犬・中型犬・猫を一緒に室内で飼育していらっしゃいます。
先住犬との関係も上手くやれますし、
小型犬・中型犬との力の割合があまりにも異なりますので、リーダーの入れ替わりも知らない間に済んでしまっています。
ですから、先住犬が小型犬・中型犬でも、圧倒的に力の差がはっきりとしていますので、いつの間にかホワイト・スイス・シェパードがリーダーとなってしまう場合が多いようです。
大型犬同士の場合、女の子のホワイト・スイス・シェパードは、先住犬に従うようで、男の子は成長して行くにつれ自信を深めてきてから入れ替わりがある可能性があります。しかし、その温厚な性格のおかげで、入れ替わりが無いようです。
優しい性格を持った賢い犬ですので、
先住犬と問題を起こすような事は、ほとんどと言って良いほど無いかと思います。
但し、お互いに意思の疎通が出来る言葉を知っていればまず安心です。

ホワイト・スイス・シェパードの性格について

ホワイト・スイス・シェパード(ホワイトシェパード)の性格は、優しい目に現れているように友好的な素質を持った性格をしています。
大変大人しく、そのため室内飼育ができる大型犬として、ラブラドールやゴールデンよりも、室内飼育に向いています。
そのため、半数以上の方がマンションや一戸建ての室内で飼育していらっしゃるほどです。
このままいけば、8割を超す勢いで室内飼育をされることでしょう。
人間に忠実でありますし、小型犬・中型犬などの先住犬とも上手につきあえる犬種です。

This web site is Japanese only.

(c)2003 White Shepherds Alwayshere All rights reserved. Designed for Internet Explorer6.0 or higher.