ホワイト・スイス・シェパードは室内でもゆったりと過ごしますし、他の犬種とも仲良く付き合えますので、室内飼いに最適です。
実際、ホワイト・スイス・シェパードは、室内飼いされている方が、圧倒的に多いのです。
とにかくゆったりとのんびり静かに過ごします。
ホワイト・スイス・シェパードは自分という物を持っているので、自分で考え行動します。
入っていけないと教えられた部屋には入らないように簡単に教え込めますし、トイレのしつけも2・3回教えればすぐに覚えてしまいます。
室内で飼育すると多くの言葉を覚える子に育ちます。
室内の方が屋外に比べ、決まり事が圧倒的に多い為でもあり、その知能の高さの為でもあります。
よく、家族内で使う1つの命令は1つに決める事などと書かれた本がありますが、
ホワイトシェパードに対しては、そんな決まり事はありません。どんな言葉でも知らず知らずのうちに覚えてしまうのです。
ですから、「シット」でも「座れ」でも「お座り」でも何でも良いのです。

ホワイト・スイス・シェパードの性格について

ホワイト・スイス・シェパード(ホワイトシェパード)の性格は、優しい目に現れているように友好的な素質を持った性格をしています。
大変大人しく、そのため室内飼育ができる大型犬として、ラブラドールやゴールデンよりも、室内飼育に向いています。
そのため、半数以上の方がマンションや一戸建ての室内で飼育していらっしゃるほどです。
このままいけば、8割を超す勢いで室内飼育をされることでしょう。
人間に忠実でありますし、小型犬・中型犬などの先住犬とも上手につきあえる犬種です。

This web site is Japanese only.

(c)2003 White Shepherds Alwayshere All rights reserved. Designed for Internet Explorer6.0 or higher.