医療法人癒水会 会津クリニック 福島県会津若松市材木町1-4-4 TEL. 0242-38-1150 FAX. 0242-38-2345
ご挨拶糖尿病外来泌尿器科腎臓病人工透析施設紹介アクセス
 HOME > 花粉症外来(スギ花粉舌下免疫療法外来)
診療時間
8:30〜12:00 ×
13:30〜17:00 × ×

○:通常診療  ×:休診  △:日曜日も診療しています(第1・2・5週のみ診療※)
※月によって日曜日の診療日が変わることがあります、詳しくはこちらをクリック



      会津クリニックの花粉症外来では、
      スギ花粉症の画期的な根本治療ができるようになりました。

      舌下免疫療法と言い、薄めたスギ花粉のエキスから作られたお薬
      (シダキュア スギ花粉舌下錠)を、毎日、1分間舌の下に含んでから、
      のみ込むという治療方法です。

      これを1〜3年間続けることで、スギ花粉症を完全に治すことができます
      治療中はスギ花粉症の症状も軽く済みます。
      (※この治療で治らない方も、なかにはいらっしゃいます)

      ただし、スギ花粉が飛んでいる時期は治療を開始できませんので、
      6月から12月に治療を始めることになります。

      治療費は、医療保険を使うことができますので、ひと月 1,300円ほど
      お薬代となります(3割負担の場合)。
 

 「子ども医療費受給資格証」で
 学生さんは無料で治療できます


子ども医療費受給資格証

  「保険証」と「子ども医療費受給資格証」を
  お持ちください。

受付で、提示して頂ければ、
  無料で治療を受けることができます。

受付後に、スタッフに
「花粉症外来」での治療を希望のことを
お伝えください。

医師の診察により、治療を行います。

受験などの時期になる前に治してしまいましょう
 



 会津クリニックの花粉症外来の特徴

 
  花粉症の時期は、耳鼻科はどこもいっぱいですが、
  会津クリニックの花粉症外来は少ない待ち時間で、お待たせしません
  
  また、日曜日も診療していますので、平日はお勤めの方も楽に通院できます。
  
  お薬は、効果のよい最新の治療薬を使用していますが、
  ジェネリックも取り扱っており、ご希望により処方しますので、
  安い治療費で済ませることが出来ます
  
  全く眠気の出ない最新のお薬も処方しています。
  市販のお薬では眠気で困っている方も、
  ご相談ください。



  
  2019年春の花粉飛散量は、例年比でみると、東北から近畿でやや多い地方が多く、
  中国地方では多いでしょう。四国は例年並みで、九州は例年並みか多めとなりそうです。
  北海道は例年を下回るでしょう。一方で、前シーズンと比べると、北海道から関東甲信、
  東海は少ない傾向ですが、北陸では多いか、やや多い見込みです。
  秋田県では前シーズンの飛散量が少なかったため、前シーズンと比べて「非常に多い」
  予測です。
  前シーズンの花粉の飛散量は、全国的に例年よりも多くなりました。
  前シーズンの特徴として、ヒノキ花粉の飛散量が多い傾向があり、東京ではヒノキ花粉が
  過去10年で最も多く飛散するシーズンとなりました(例年比約4.9倍、2017年シーズン比
  約4倍の飛散量、日本気象協会の観測地点 調べ)。
  今シーズンの予測に向けて花芽調査を行ったところ、ヒノキの花芽の生育が前シーズン
  ほどではないことが分かりました。このため、今年のヒノキ花粉の飛散量は前シーズンより
  少ないと予測します。


 花粉症の治療薬
  会津クリニックの花粉症外来では、眠気の少ない
  新しく改良された抗アレルギー剤を中心に、
  鼻づまりに効果のあるロイコトリエン拮抗薬などの
  内服薬を処方します。
  
  症状のごく軽い時期から、抗アレルギー剤を
  一定期間のむことで、症状の悪化を防ぐことが
  期待出来ますので、早めに受診してください。
  
  全く眠気の出ない最新のお薬も処方しています。
  市販のお薬では眠気で困っている方も、
  ご相談ください。
  目の充血、かゆみを抑える点眼液を処方します。
  抗アレルギー剤の点眼液は、
  花粉症のシーズンは、症状がひどくなくても、
  毎日続けることが大切です。

  それでもかゆくなった時のために、
  即効性のあるかゆみ止めの点眼液も処方します。 
  飲み薬のみでは、症状がひどいと鼻水・鼻づまりが
  改善しない場合があります。
  そんな時は、点鼻薬も併用すると効果的です。

  点鼻薬には、鼻水を抑える効果が良いものと
  鼻詰まりを改善する効果が良いものがあります。
  症状に応じて処方します。




 院長 玉木信
 ●前 竹田綜合病院泌尿器科科長
 ●新潟大学医学部非常勤講師
 ■日本泌尿器科学会専門医・指導医
 ■アメリカ泌尿器科学会会員
 ■日本透析学会会員
 ■日本移植学会会員
 ■日本性機能学会評議員
 ■日本Endourology・ESWL学会会員
 Doctor Interview
玉木院長の詳しいプロフィールはこちら

ご挨拶
泌尿器科
腎臓病
人工透析
施設紹介
アクセス
 
Copyright (C) 2012 AIZU CLINIC. All Rights Reserved.