事務局だより5月号 

 今月号の目次
   (各項目をクリックすると、その記事の始めに画面が移動します。)

 ウクライナ視覚障害者支援募金のお願い

 「点字JBニュース」と「情報メール」購読のご案内

 協会事務局からのお願いとお知らせ

 視覚障害者情報交流会開催のお知らせ

 ご協力ありがとうございます
 
 貸し出します

 差し上げます

 寄稿


ウクライナ視覚障害者支援募金のお願い

                                                       社会福祉法人日本視覚障害者団体連合
                                                             会長  竹下 義樹  
 
 時下ますますご清祥のことと存じます。
 さて、ウクライナ各地で激化している戦闘により、日々多くの市民の死傷者が報告され極めて深刻な事態にさらされています。その中で、ウクライナ国内の視覚障害者も同様に多くの被害を受け生活に支障をきたしているとの情報も聞き及んでいます。 
 今般、社会福祉法人日本盲人福祉委員会(日盲委)では、ウクライナの視覚障害者を支援するための募金を国内で集約しWBU(世界盲人連合)が設立した「WBUウクライナ協同基金」に送金することにいたしました。
 日視連本部もこの趣旨に賛同し支援を行うとともに、広く加盟団体の会員の皆様に支援の呼びかけをすることにいたしました。
 つきましては、皆様の大きなご支援、ご協力を賜りますよう心からお願い申し上げます。
 
募金受付期間 令和4年4月15日~令和4年8月31日
※この期間内で集まった募金は、段階的に「WBUウクライナ協同基金」に送金されます。
 
 募金振込方法 下記のいずれかの方法でお願いします。

 (1)郵便振替の場合
   口座番号 00190-3-587919
   名  義 社会福祉法人日本盲人福祉委員会
 
 ※他の金融機関からの振込 
   ゆうちょ銀行 〇一九(ゼロイチキュウ)店 当座 0587919
 ※振込手数料は寄付者負担にてお願いいたします。
 ※日盲委は税額控除対象法人となります。
 
 (2)クラウドファンディング(オンライン決済)
   URL http://ncwbj.or.jp/4Ukraine
 ※クレジットカードまたは銀行振込で決済することができます。


                                                                                 
「点字JBニュース」と「情報メール」購読のご案内

  日視連では、インターネットを利用して「点字JBニュース」と「情報メール」の2種類の情報を無料で希望者に配信しています。協会に購読の申込みをしていただくと月曜から金曜の週5日、本人のパソコンかスマートフォンのアドレスに配信される仕組みです。

 ・「点字JBニュース」 その日の日本経済新聞の記事の一部に日視連の活動やイベント、テレビの視覚障害者向け音声解説放送番組の予定などが掲載されています。点訳した記事は添付で送られますが、日視連の活動や番組の予定などはメール本文にも記載されますので、音声で読むこともできます。

 ・「情報メール」 全国各地の新聞の記事から視覚障害に関連したものを2、3本ピックアップしてメール本文に貼り付けて送られます。

 ※購読を希望される方は協会事務局へメールでお申込み下さい。


協会事務局からのお願いとお知らせ

(1)会費納入のお願い
  納付書を5月初旬に送付いたしますので、9月30日(金)までに納入下さるようお願いいたします。

(2)福祉大会開催日の変更について
  今年度の宮城県視覚障害者福祉大会を10月2日(日)に予定しておりましたが、会場の都合で9月24日(土)10時から仙台市シルバーセンターで開催することになりました。

(3)第68回全国視覚障害女性研修大会について
  8月31日(水)~9月1日(木)の2日間福島市で開催されます。1日目午前は役員や代表者による会議。午後から講演・レポート発表・交流会。2日目の午前に式典と議事が計画され ています。詳細につきましては6月号に掲載いたします。隣県での開催ですので、できるだけ多くの方が参加して協力したいと思いますのでよろしくお願いします。

(4)第22回全国障害者スポーツ大会グランドソフトボール競技 北海道・東北ブロック予選会の中止について
  6月4日と5日に宮城県で開催する予定だった標記の大会は出場が見込まれた4県のチームいずれも出場を見合わせたため、中止することになりました。
                                                       

視覚障害者情報交流会開催のお知らせ
 
 視覚障害者情報センター主催による交流会を開催します。申込は不要ですのでお気軽にご参加下さい。

・対象者:視覚に障害のある方(障害者手帳の有無は問いません)、ご家族、その他(視覚障害支援に関心のある方等)

・開催日:
5月19日(木)岩沼市 13時~ いわぬま市民交流プラザ2階 多目的室1・2
5月24日(土)東松島市 13時~ 東松島市役所2階 大会議室


ご協力ありがとうございます
 
 ―「書き損じ及び未使用ハガキ回収事業」報告―(敬称略)
(令和4年4月1日~令和4年4月25日受付分)

◆個人(6名)
(仙台市)3名  (石巻市)2名  (山元町)1名

◆小学校(21校)
(仙台市)上杉山 住吉台 錦ケ丘 連坊小路 八本松 郡山 宮城野泉松陵 南光台東 荒巻 (石巻市)桃生 中里 (岩沼市)岩沼南 (多賀城市)多賀城東 (登米市)浅水 
(栗原市)若柳 (大崎市)田尻 古川第一 (亘理町)亘理 (大和町)小野 (南三陸町)志津川 

◆中学校(9校)
(仙台市)将監東 人来田 幸町 (名取市)第一 (登米市)東和 (大崎市)鹿島台 (富谷市)富谷第二 (利府町)利府 (山元町)山元 

◆高校(3校)
 古川 白石 多賀城

◆支援学校(1校)
 迫 


貸し出します
 
 貸し出しをご希望の方は協会事務局 電話 022-257-2022へお申込み下さい。
 
 日視連発行 点字日本第604号 2022年4月1日発行


差し上げます
 
 古典落語名作全集 六代目 三遊亭圓生(えんしょう) カセットテープ全18巻をご希望の方に差し上げます。ご希望の方は、5月31日(火)まで協会事務局 電話 022-257-2022へお申込下さい。複数の方からお申込みがあった場合は、何巻かずつ分けて差し上げます。

   一.火事息子 
   二.五人廻し   
   三.小言幸兵衛 
   五.寝床   
   六.彌次郎 
   七.付き馬
   八.湯屋番 
   九.茶の湯 
   十.浮世床
 十一.花見の仇討・夢金 
 十二.無学者・岸柳島 
 十三.紙入れ・テレスコ 
 十五.お化長屋 
 十六.酢豆腐
 十七.蛙茶番 
 十八.錦の袈裟・代脈 
 十九.真田小僧・花筏
 二十.鰻の幇間


                                                     
寄稿
 
最近思うこと!!                                             石巻視障協 会長 立身 憲一

 皆さんこんにちは。コロナ禍で毎日どんな過ごし方をしているでしょうか。大震災から11年。ようやく復旧・復興の姿も見えてきたような気もしますが、いまだに、いや生涯続くでしょう地震、そしてコロナ感染症拡大その収束も見通せない中で過ごしています。
 
 しかし、そんな中でも時代の流れとでもいうのでしょうか。ITを活用したリモートでのオンライン会議、講演等が頻繁に行われるようになってきました。私もできるだけ参加するようにしています。確かに楽ではありますが、その時間が過ぎるとなぜか味気なさを感じてしまいます。やはり現実味を持ったその場でのという思いになりますね。
 確かに高速情報化社会の中で視覚に障害のある方でも何気なくスマートフォンを操作している方も多くなってきているようです。

 ただ、先日の宮城県視覚障害者福祉協会の事業で「みやぎ県政だより」の購読に関するアンケート調査結果の中で、デジタル音声機器などが無く、聞くという情報のつながりはまだまだという思いもしました。一日も早く音声での情報が届き、そこからさまざまなことを知ることができればとも思いますね。見えにくくてもたとえ見えなくても、その人の思いさえあれば日常生活・外出・社会参加・スポーツ・文化などにチャレンジできるでしょう。より世界が広がるかもしれませんね。そして今やスマートフォンは視覚障害者にとって必需品になるでしょう。ともに挑戦していきましょう。点字も忘れないでくださいね。

 ところでだいぶ前になりますが、一本の鉛筆という歌がありましたね。これは平和を祈る思いを込める歌のように記憶していますが、世の中どうなっているの。何が欲しくて、何を望みで・・・!
 でも私は一本の指で情報を得ています。だからまた次の一本と誰かが言っていました。学ぶことに終わりはないと・・・だって!! 


ページトップへ
 
事務局便り一覧へ