白いアメリカザリガニの由来

                                        日本ザリガニ研究所

 白いアメリカザリガニは、日本ザリガニ研究所で扱っているものの他に、マニアの間では以前から知られておりました。

 
日本ザリガニ研究所で扱っている白いアメリカザリガニの由来:
 この白いアメリカザリガニ Procambarus clarkii は、1995年に岩手県盛岡市郊外で、おじいさんとお孫さんが小魚を捕るために仕掛けた網にかかったものです。これは、雄の1個体でした。盛岡市内の某テレビ局から連絡が入ったので盛岡へ行き、この白いザリガニをお借りして来て、山形市郊外で採集した雌個体と交配させ、遺伝的に分離しました。この白い形質は、遺伝的には劣勢です。最初の交配で生まれたザリガニは、全ての個体が表現形は野生型(普通のザリガニ)でした。このとき生まれたザリガニどうしの交配では、野生型:白個体=3:1の割合で白い個体が生まれました。


注)普通のアメリカザリガニを餌で白くすることができるようです。この場合は、普通に飼育すると次の脱皮で普通の色になります。

ザリガニに関するメニュー
Top page